2023年 編集後記

今年はミーティングやイベント会場で、仲間や知り合いと再会することがぼちぼちあった。嬉しかったり、ホッとしたり、でも悲しいニュースもあって残念な気持ちになりながら、細い糸がまた繋がり出す。生き延びる力をもらえる。でもそんな時、ふと滝山病院のことを思い考えることが増えた。その瞬間、私から糸が断ち切られる感じがして体が冷える。時間は止まる。空気が悪い。こんな思いを抱えている人は私ひとりではないと今は知っている。滝山病院に風を吹かせたい。  まゆみ

 

今年も裁判傍聴をしてきました。国賠訴訟伊藤時男裁判、生活保護引き下げ新生存権裁判など国は強い人の見方しかしないのかと感じた。民間では①母親と②引き出し屋③精神病院3セットで心に深く傷を残した人がいた。俺もやられたと裁判を起こそうと勉強しに来てた人もいた。八王子の訪問では措置入院20 回複数の精神病院に入院してる人と会った。同じ年だったけどいきいき目が輝いて私よりも若々しかった。①警察②精神病院③治安この3セットも考えさせられた。引きこもりの相談引きこもり家族会にも参加した。引きこもりの多さに驚いた!やはり日本は変だと感じた1年でした。現場で自分の目で見れたことがすごく良かった。真実はやはり現場に行くことだ。       小峰盛光

 

ユートピアは地平線上にあります。私たちはそれに一歩近づくと、それは一歩遠ざかります。

私たちはそこに到達することはできません。

では、ユートピアの目的は何でしょうか?

私たちを前進させることです。  ―エドゥアルド・ガレアーノの言葉

世界中で極右が台頭しています。オランダでは総選挙で、極右政党が躍進し、第一党になってしまいました。地球の裏側アルゼンチンでは、極右の大統領が誕生しました。日本でもおぞましい状況が近づきつつあるように感じてしまいます。

私のような無力な者にできることってなんだろう。

小さな抵抗ですが、YouTubeで変なコンテンツを見つけたら、躊躇なくYouTubeに報告します。

来年は、総選挙です。頑張って選挙会場に行き、1票を投じます。 本城

|

<追悼>

金松直也医師へ 

 金松医師が1110日になくなったという知らせを受け取りました。

 私が、何の問題意識もなく、食べるために公務員―東京都保健所の精神衛生相談員になったとき、仕事の相棒として東京都立精神衛生センターから派遣されてきたのが、金松医師でした。精神医療・福祉について全く何も知らない新人の私は、金松医師が言ったり、行ったりすることに、いちいち疑問をいだき、質問していました。例えば「この人はてんかんだから・・・」「この人は精神分裂病だから・・・」と言われると、「てんかんだからと言ってどうして?」「精神分裂病だからってどうして?」みたいなことを。そんな私に対して、金松医師は「あなたはおへそが曲がってついている」と言っていました。それが1967年のことです。今は2023年。56年経ちました。

 金松医師は、その後東京都を辞めて、長野県立木曽病院で長らく勤務医をしながら、長野県の地域精神医療に携わっていました。その後も「おりふれ通信」読者として、ずっとお付き合いが続いていました。

 コロナで人付き合いが疎遠になる少し前に、久しぶりに昔の仲間と長野県で飲み会をもち、酔っ払ったのが金松医師に会った最後でした。

金松先生、いろいろありがとうございました。  飯田文子

 

追悼 中田智子さん

おりふれ通信の購読者であり、立川市の精神保健福祉に尽力された中田智子さんが亡くなられました。中田さんは、市内の精神障害者の草分け的な作業所を長く運営されました。作業所の連絡会(立精連)を立ち上げたり、市の自立支援協議会などの委員も務めたりと立川市の精神保健福祉に大きな役割を担い続けた人でした。中田さんの語った作業所運営の理念として印象深いのは「学ぶ、働く、遊ぶ」というもの。それは精神障害者に限らず、社会に生きる人間として大事なことと思われます。また、食の大切さにもこだわっておられました。何より、楽しそうに活動されていた姿、ユーモアあふれる物言いが想い起こされます。大事なものを沢山残してくれた中田さんに感謝です。   山本則昭

|

投稿詩  We are

森重寿一

 

我々哀れな患者は

精神病院に向かって

運ばれていく

殺されるも殺すも

お金💰を稼ぐためだけに

いいようになってゆく 

長く入院して殴られて

拘束されていじめられて

 

病院🏥の院長などなどは

好き勝手にいろいろあっても

反省のかけらもないから

 

日本の精神病院🏥は

狂ってる 狂ってる

まだ狂ってる

 

|

伊藤時男さんの裁判を応援してください

村田京子 

私が精神医療に関心を持った原点は、偶然読んだ一冊の小説「髪の花」(小林美代子著)でした。自身の精神病院入院体験をモデルに綴った、迫力の作品です。追いつめられる心、周囲の人々の視線、病院でのあまりに非人間的な扱い、同室者たちの悲しい運命、狂気の自分を冷視する、正気の自分。同時に作品を貫いているのは「生きたい、なんとか治って人間らしい実りある生活を送りたい」という、力強い願いです。開放病棟に移され、患者仲間と一緒に、久しぶりで運動場の土を踏む場面が印象的でした。

《二人は暫くぶりで晴々と笑った。私は二度と恥を曝さない為に、死ぬ自由を与えられたら必ず死ぬのだと決めていた暗い誓いが、大地を踏むと同時に消え失せて、私に限り再発しない、死ぬなら何時でも死ねる、こんな楽しい気持ちを失わずに持ち続けたいと、大地にあやされて、駆けっこ一つで死を乗り越えてしまっている。駆けられる体、大地、この青い美しい空、簡単にこれは捨てられないと思った。》

先日、同じ著者の遺作「蝕まれた虹」を読みました。退院後、自宅で様々な人の相談に応じる生活をしていた主人公でしたが、不調を自覚し、自ら病院に向かい、入院するのでした。

《何事も起こさないという安心感とひきかえに、自由を売り渡してきたの。5年間の正気の生活は宝石の小箱に納め、心に持ってきたわ。》と。

何かをしでかさないために、周囲や家族に迷惑をかけないために、そして自らが安心するために、だから入院は必要でしょうか? 確かにそれを全否定はできません。しかし、5年間の自宅での生活は、「キラキラ輝く宝石」だったのです。そして入院は、安心感とひきかえに「自由を売り渡す」ことなのです。

伊藤時男さんは、「人間は自由でないといけないよ。鳥だって自由に空を飛ぶ。あんなかごの鳥みたいなことあってはならない」と話されています。

私はこの裁判の実現は不可能ではないかと考えていました。いろんな困難さがあるでしょうが、何より原告となるべき人々が、病院の中に長年いる方たち(かごの鳥)であるからです。しかし奇跡的に(?)外に出られた伊藤時男さんが名乗りを上げてくれました。

伊藤さんは、ご存知の通り、2011年の東日本大震災での原発事故による病院の閉鎖に伴い、茨城県内に転院。そこで、入院が必要な症状ではないとあっさり告げられ、40年にも及ぶ入院生活が終わったのでした。グループホームでの2年の生活を経て、今は群馬で一人暮らしをされています。公判には毎回上京されていますし、沖縄をはじめ各地で開かれるイベント等々にも参加し、精力的に活動されています。「退院できないことに絶望して何人も自ら命を絶った。自分だけ解放されて、それでおしまいではいけない」「見て見ぬふりはできない」と・・・

 

<以下、全文は、おりふれ通信416号(2022年11月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ>

|

『日本精神医学資料館』に魅せられて

特定非営利活動法人ほっとスペース八王子   精神保健福祉士 藤井雅順

 

この度は寄稿の貴重な機会を賜りまして誠にありがとうございます。今回は私の原点のお話に触れながら松沢病院敷地内にございます日本精神医学資料館とそこを舞台にした学習会のエピソード、そしてなぜに「日本精神医学資料館」なのかを書いてみようと思います。

昨今、山上哲也氏の母親が新宗教「世界平和統一家庭連合」に熱烈に信仰して多額の献金から破産するも信仰に傾倒するさまが明らかになってきています。山上氏が精神鑑定の只中にあることも注目しておきたいところですが、このエピソード、確かに極端に思えるエピソードではありますが世の中見渡すに氷山の一角の現実のようにも実感いたします。教団を取り巻く問題でお悩みの方、苦しんでおられる方、大勢いらっしゃることと思います。私自身、経験しているからこそ理解できるピアサポーター的な存在かもしれません。教団こそ違えども私自身、度重なる様々な壮絶なる体験からわらをもすがる思いから新宗教に導かれ、そして複数の新宗教を渡り歩き、熱烈に行にいそしみ信心に明け暮れていた時期もあります。教えに出会い救われたことも事実、実感としてあります。先達に導師にお勤めしたこともあります。ある時は、とある教団に遠くまで拉致され強引な勧誘行為を受けた経験だってあります。今は既に脱会していますが、結果的に様々なあらゆる経験が、仕事で糧になる場面に遭遇することもあるように実感しています。人生においていろんな出来事に遭遇することでしょう。順境もあり逆境もある。そこでいかに向き合うか、いかに取り組むか、有意義な糧を得るか、その糧をいかに活かすか。そうすると、どのような経験であろうと無駄な経験にはならないのではないかとおもいます。個人的には新宗教は懲り懲りなのがホンネです。

さて、大学生時分、私自身も傾倒した信仰生活から親に精神科に連れていかれたことがあります。新宗教に関して様々な書籍に著述されている町沢静夫氏でした。診察を受ける中での町沢先生とのやりとり、また待合室で荒ぶる急患の姿を目の当たりにしたことから精神科領域に関心が向くこととなりました。もう一つのエピソード、それはテレビ番組「“病める国”ニッポン 精神科救急24時」でした。番組での衝撃と関心がそそられたことがきっかけですが、番組抜きにしてもやはり教団への対抗心、これも実は精神保健福祉士の資格取得の動機のひとつにもなっています…

<以下、全文は、おりふれ通信414号(2022年8月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ>

|

冬   森重寿一

雪❄️が降っている

めんどうなあの友

僕は辛かった

アパートに帰り

PC💻でYouTube

みながら

タバコ🚬に

ライターで

火🔥をつける

冬❄️

あいつはこころ傷だらけ🩹

 

冬❄️

ピンチはチャンス

僕の気持ちは葛藤している

外に出るとまわりは白い雪❄️

午前4時 心に時は流れつつ

街は眠り あの日のように

静かな深夜は不思議な時を刻む

 

近くのコンビニへ

自転車🚴‍♂️を走らせた

ビール🍺と菓子を買い

アパートに帰る

 

こころのなかの

愛の傷

リピートしたくない

カプセルナイト

ああ

心は

クールダウン

午前5

空はしらみかけて

空間に漂う

僕は辛かった

あの頃 

ああ 悩んでいる友のこと

感じるんだ

決めた

あの海🏖のような

広く深く強いひとになろうと

雪❄️が降っている

 

|

詫び寂びおじさんの徒然日記 その13 いしころとおじさん

この世に価値のない存在なんていないんだよ

道端の石ころでさえ意味があるんだよ

フェリーニの映画「道」より

 

こんにちは おじさんです。

神出病院で起きた拷問にも等しい虐待。酷い事件です。おじさんは加害者は、どこにでもいる普通の看護師だと睨んでいます。どういうことかと言うと、精神病院という組織内で、道徳的水準の低下をひきおこすなんらかの力が働いたに違いないと思うからです。

具体的に言うと、1.院長のパーソナリティ(大元はこの人にある) 2.経営方針 3.職場の上意下達の人間関係 4.心身を消耗させる過酷な労働環境 5.他者を模倣するという人間の行動特性(これもまた大きい) これらの要因が重なった結果起こったことだとおじさんは考えます。ハンナ・アーレントの有名な言葉に「悪とはシステムを無批判に受け入れること」というのがありますが、まさにこれが事件の本質を表しているのではないでしょうか。どうも偉そうなことを言ってごめんなさい。

 

さて、話が変わります。石ころの話です。今、おじさんの枕上に石ころが一つ。これは入間川の河原で拾ってきた石です。米つぶの形をした掌中にすっぽりおさまる大きさです。赤色チャートという名の非常に硬い堆積岩のかけら(川越という所は大昔、海の底だったとか)です。何の気まぐれで持ってきたのか・・・

<以下、全文は、おりふれ通信402号(2021年6月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ>

 

 

 

|

追悼 伊藤哲寛先生

去る515日に伊藤哲寛先生が亡くなられたとの知らせがありました。急なことでとてもショックでした。「てっかん先生」と親しみを込めてお呼びしていた先生は、長い間のおりふれの会員で、20142月号に寄せてくださった、「迷走する精神保健福祉法―修正から廃止へ」という力のこもった長文が強く印象に残っています。また、故小林信子さんと親交が深く、小林さんが専従をしていた東京精神医療人権センターの強力な応援者でもありました。2002年、伊藤先生が小林さんに、当時院長をされていた北海道立緑が丘病院の精神科病棟に体験入院をし、忌憚のない意見を聞かせてほしいと依頼し体験入院が実現したのは、当時東京で院内権利擁護活動の場を見つけられずに閉塞感をもっていた東京精神医療人権センターと小林さんにとって、大きなエールでした。病院にとっても勇気のいることであり、それを提案した伊藤哲寛先生と受け入れたスタッフの皆さんに敬意を抱きました。(小林さんの「北海道立緑が丘病院で体験・監視入院をしてきました その1~3」は20025月号~78月合併号に掲載)

今回お聞きしたことでは、伊藤哲寛先生は1973年、33歳当時から「慢性期精神病患者の社会復帰を生涯の研究テーマとする」とされていたそうです。志どおりの人生を歩まれた先生の早すぎる逝去を惜しみつつ、ご冥福をお祈りします。(文責 編集部木村)

|

1981年4月、僕は20歳だった。

福冨 一郎

 

おりふれ通信が創刊された1981年4月、僕は20歳の大学生だった。前の年の12月にジョン・レノンが死んだのと、伝説のバンドLed Zeppelin が解散したことで、ひとつの時代が終わったような気分に打ちひしがれていた。そんな中、神戸ではポートピアが開幕し、テレビでは矢野顕子の「春先小紅」が流れていた。このころ、精神保健や医療や福祉関係のことは全くと言っていいほど知らなかった。だから代わりに大学生の生活について記しておく。これが平均的な大学生の生活かどうかは知らないが、僕の場合はこうだった。

理学部化学科にいたので、この年の一大事は福井健一博士のノーベル賞受賞だった。学科の教授たちはみんな自分のことを福井博士の友達だと言い出したのが面白かった。学校生活は理系なので実験などあってわりと忙しかったけど、バブルの少し前の時期でもあり、就職はそれほど心配いらなかった。理系は男女とも就職希望者はほぼ100%就職できるという今では考えられないような状況で、就職活動も4年生の夏から始めるのが一般的だった。奨学金も希望者は無利息のものがだいたいもらえたし、社会全体として、今よりも豊かであったように思う。

 大学生の遊びの王道はマージャンとディスコだった。どこの大学にも近くに雀荘があって、授業が休講になると出かけて行った。夜はディスコで少しでもカッコよく見せようとして、服装に工夫していた。少し前にイギリスで流行していたパンクファッションなども取り入れて、シャツに安全ピンをたくさん付けたりしていた。この年のヒット曲は、キム・カーンズの「ベティーデービスの瞳」やブロンディーなどだった。カルチャークラブやデュラン・デュランなどはもう1~2年あとだったと記憶している。もちろん、ライブハウスや大規模なコンサートにも行った。RainbowやQueenなど観に行った記憶がある。コンサートのチケットは大学生でも買えるくらいの料金だったようだ。今だととても高くてチケットが買えなかっただろう。ローリングストーンズはまだ日本に来ることができなかった・・・

<以下、全文は、おりふれ通401号(2021年5月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ>

 

|

おりふれ40周年、400号を記念して

編集部 木村朋子

 おりふれ通信創刊号が1981年4月1日に発行されて以来40年経ち、今号が400号です。たこの木通信400号の報に、そういえば私達も・・と気づかされたのでしたが、40・400というキリのよさにめでたさを感じ、記念に何か、ということになりました。

バックナンバーをめくってみると、柏木診療所のスタートとともに始まった「精神医療をよくする会」(以下「よくする会」)機関紙としての当初は元気いっぱい。創刊号に代表藤澤敏雄が、「おりふれ通信(これはある患者さんが「おりにふれて」集まる会を持っているという話をしてくれたことから命名されました)には、精神医療と人間に関するさまざまなことを掲載していこうと考えています。闘病生活のこと、行政の動き、家族の悩み、精神病院の現状などです」と記しています。

 

1992年に「よくする会」は解散することになりました。92年5月号に飯田文子が「おりふれ11年間をふりかえって」で、81年~84年末は、保安処分や精神衛生実態調査反対の運動、個別病院闘争など敵がはっきりしており、論調も明確だったが、85年以降全体的に曖昧になっていき、89年~92年5月については、敵が見えなくなり焦点がぼけてしまっている。精神病院統計の情報公開裁判や人権センターの記事はあるが、はっきりした主張をもって書かれるのではなく単なる報告記事になっている、それらのことは「よくする会」の混乱とも関係があると思うと書いています。

編集部で話し合って、「よくする会」が解散してもおりふれ通信は情報紙として残すことにしました。要するに私たちがまだやりたかったのです。そこで今に続く3つの編集方針①精神病院問題に力を入れる ②個別の小さな運動を紹介する ③世界の国々の中の日本という視点を持つ をもって再出発しました。

 

それからまた30年。思うことのひとつは、やはり記録を残しておくことは大事ということです。東京地業研、東京精神医療人権センターの活動の記録ということもあります。今回30数年ぶりに病院統計の非開示決定に審査請求をするにあたって、1986年の公開請求から裁判の過程について、順を追った記録として再度コピーをとって皆で読みました。人権センターについても、1989年6月に全国人権センター交流会を2日間にわたって京都で開いたことを思い出しました。大阪、京都・滋賀、島根、兵庫準備会、岡山マインド、東京の6か所が参加。今埼玉、神奈川の人権センターが新しく始まり、新たな交流ができてきている中、昔交流会で話し合った内容は何かの参考になるかもしれないと思いました。

法改正、精神科救急、相次ぐ病院不祥事(宇都宮、大和川、栗田、朝倉・・・)、生活保護、欠格条項などのさまざまなテーマも、時の流れの中で次々に形を変えて出てきます。1997年6月号に小林信子さんが精神神経学会参加記として「抑制とESに異議あり」を書き、それを読んだ浜野徹二医師が8月号の「再び往診について」で、「私の20年の民間病院での経験では、拘束が必要だったのは自傷行為の激しい人と、全くの拒食で補液が必要な人のみでした。それ以外の場合に拘束したことはなく、必要も感じず、そのために回復が遅れ支障があったという印象は持っていません。そういう私の体験からして学会で堂々とマニュアルとしての拘束や電気ショックの発表がなされているという報告は、20年も学会に参加していない者にとっては大変な驚きとともに、それがいわゆる先進的・良心的な病院でなされているということは二重の驚きでした・・・正直なところ反吐を吐きたい心境です」と書いています。現在に続く問題です。

 

連載で心に残っているのは、80年代有沢ゆみ子さんの「病を体験してシリーズ」、小林信子さんの「スペインだより」、96年8月~98年3月久良木幹雄さんの「出会い紀行」、2004,5年の久保田公子さん「『当事者職員』として働いてみて」などです。アーカイブとしてせめてオンラインで読めるようにしたいと言いつつなかなか手がつきません。

 

もともとが「折にふれて」という姿勢ですし、今後についても勇ましいことは言えませんが、この40年で最も目覚ましいことは当事者パワーの進展で、うれしいことにおりふれも例外ではありません。そのことも力にして、当面つづけていくつもりですので引き続きよろしくお願いします。

 

 

 

400号  

編集部員求む!

闘いに臨む者は皆陣列の前にあれ

年を経ていささか閉塞感のある編集部。

ここはぜひ柔軟な若い力で

新しい風を吹き込んで下さい。

来たれ若人!    本城



|

より以前の記事一覧