侘び寂びおじさんの徒然日記 その5

生きることを許されなかった赤ちゃん    

あっちら

 寒くなりました。風邪は万病の元といいます。マスクが手放せないおじさんです。皆様もお体ご自愛なさってください。

 11月に入り、松永正訓医師(小児科医)の読売新聞のコラムが物議を醸しています。
 食道閉鎖と口唇口蓋裂(俗に言うミツクチ。差別語です!)の障害を持って生まれてきた赤ちゃんの話です。赤ちゃんの両親が、松永医師の必死の説得を、頑として聞き入れず、手術を拒否した結果、赤ちゃんはミルクを一滴も飲めないまま餓死したそうです。手術がうまくいけば当然助かった命です。口唇口蓋裂の方も、現在の技術をもってすれば目立たないようにすることが可能なはずです。赤ちゃんを、いわば見殺しにした両親には何の法の咎めもないそうです。何よりも生きることを許されなかった赤ちゃんが、おじさんはかわいそうでなりません。

 おじさんが考えるに、どうも優性思想(もちろんこれは人間の悪を体現した邪悪な思想ですが)とかいうよりも、日本社会に広くはびこっている「世間」とか「世間体」が影を落としているように思えてなりません。「世間」というものは、言葉を変えれば「社会通念」にほかなりません。いわゆる「常識」というものですよね。どうも長々と理屈っぽくなってごめんなさい。おじさんには、この「常識」というものが、とても厄介なもののように思えます。作家の森巣博(惜しくも日本から逃亡)が、常識とは多数派が持つ「偏見」であると言っています。おじさん、この言葉に諸手を挙げて賛成です。常識は、時として障害を持つ人(おじさんもその1人です)の自尊心をひどく傷つけます。世間に広く深く浸透している「働らかざる者、食うべからず」という常識にとらわれてしまうと、働けない自分がマイナスの存在のように見え、自己肯定感を持てず、不幸な感情に引きずられる日々を送るという悪循環から、人生そのものが萎んでしまうという人が少なくありません。せっかく生まれてきた人生です。これでは寂しすぎます。大変な苦労を背負って生きるということは、とても立派なことなんです。えらそうなことを言うようですが・・・


 以下、全文は、おりふれ通信364号(2017年12月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

加藤真規子著・現代書館刊  『社会的入院から地域へ、精神障害のある人々のピアサポート活動』  当事者の声が社会を変える

福祉施設職員 細江昌憲

 著者の加藤真規子さんは精神病の当事者の立場から、その生きづらさを社会に伝え続けている。それだけではなく、特定非営利活動法人こらーるたいとうを立ち上げ、その代表として精神障害者ピアサポート活動も展開している。精神保健福祉分野では知る人ぞ知る存在だ。これまでにも数冊の著書がある。

 本書では、精神障害者の人権を制限する障壁を列挙し、その改善を求めている。例えば、障害者権利条約がわが国で2013年に批准されたものの、それがまだまだ現実的に実行されていないことや、社会的入院、心神喪失者等医療観察法など、精神障害者を取り巻く状況や制度の問題点を、歴史を振り返りながら指摘している。とりわけ、社会的入院の元凶である隔離収容主義については、「何よりも深刻なのは偏見と差別を正当化し、誤った社会認識をつくりあげ、地域社会と精神障害がある人々との間に障壁を築き上げてしまったことだ」と厳しく批判。記憶に新しい病棟転換型居住系施設構想についても、真っ向から反対し、誰のためにやるのかと憤っている。本書からは、今でも精神障害者がどれほど多くの制限を受け、権利がないがしろにされているかがよく伝わってくる・・・・


 以下、全文は、おりふれ通信363号(2017年11月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

侘び寂びおじさんの徒然日記 その4

衆院選が終わって

あっちら


 10月は晴れ間が少ない天気で、うつうつとした日々でした。衆院選終わりましたね。一時はどうなることかと思いましたが、立憲民主党が頑張ってくれてかろうじて明日への希望を持つことができました。ありがたいことです。それにしても今回驚いたのは、若い世代の自民党支持率の高さです。(比例で20歳代が49%、30歳代が40%)   

 でもよく考えると、今の若者は主にネットから情報を仕入れている訳で、ネットニュースというとYahooニュース。Yahooニュースとくると、サンケイ(最悪、最凶の極右メディア)が、真っ先に表示されるわけです。誤った情報とともに、特定の集団(少数派)に対する憎悪がいつの間にか刷り込まれるわけで、これは考えるだに恐ろしいことです。映画評論家の町山智浩氏が「ネトウヨの増殖の責任はヤフーにある」と看破していますが、本当にその通りだと思います。私はYahooでは一切検索しないし、たとえそれが政治とは関係のない面白そうな話題であったとしても、絶対にサンケイはポチっとしないように心がけています。いじましくもささやかな抵抗だと思っています・・・


 以下、全文は、おりふれ通信363号(2017年11月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

ブラトモコ@十和田湖

佐藤 朝子

 今回の夏休みは法事のため田舎に帰省しました。私の田舎は青森県十和田市です。十和田市はJRが通っていないので、いつも飛行機で三沢空港へ飛び、そこからレンタカーで30分運転して十和田市に行くという具合です。

 さて、私には姉が一人いますが、この姉がなかなかのおとぼけで法事前日になってから「明日、何を着ていけばいいの?」とか「法事は何時からだっけ?」と確認のメールをよこす強者です。そんな姉と法事の後で初めて二人で十和田湖の温泉に泊まりに行きました。泊まる宿はあの有名な星野リゾートグループ、奥入瀬渓流ホテルです。私の運転で出発です。道中の公園や銭湯(銭湯と言っても温泉です。日帰り温泉が増えました)が変わったことなどを話題にしながらドライブしました。

 十和田市郊外に出るとまもなく奥入瀬川の下流が見え始めます。観光シーズンではないので道路はとてもすいていました。姉から景色を見たいのでスピードを落とすように言われ、制限速度40km/hの道路を30km/hのスピードでノロノロと走り十和田湖入口に向かいました・・・


 以下、全文は、おりふれ通信362号(2017年10月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

やるせない結末 -映画 シャッターアイランドについて-

福冨一郎


 統合失調症をテーマにした映画はいくつかあるが、この映画ほどやるせない映画はほかになかっただろう。
シャッターアイランドは2010年公開のアメリカ映画。精神を病んだ犯罪者を収容する、四方を海に囲まれた刑務所『シャッターアイランド』を舞台にし、ある別の目的を抱えた男が失踪事件の謎に挑む、デニス・ルヘインの同名小説を原作とした作品。監督はマーチン・スコセッシ(タクシードライバーの監督)、主役のテディを演じるのはレオナルド・ディカプリオ(タイタニックの主演で有名)。

 ストーリーは、1954年、アメリカ、ボストン湾諸島。ボストンの沖合の孤島・シャッターアイランドに、犯罪者の精神病施設があった。アッシュクリフ病院という。シャッターアイランドは孤島で、島への出入りはフェリーが停泊する桟橋のみで、島の反対側は絶壁になっており、人が立ち入る場所もない。またフェリーも日に何便かあるだけ。1954年9月、病院の施錠された一室から女性患者のレイチェル・ソランドが失踪した知らせを受け、アメリカ連邦保安官・テディと相棒・チャックが島を訪れる・・・


 以下、全文は、おりふれ通信361号(2017年8・9月合併号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

初版から45年 髪の花を読んで

福祉施設職員 細江 昌憲


 万物は流転する、諸行無常というように世の中は刻々変化している。それ故、それまでの価値観が一変することも珍しくない。失礼を承知で言わせていただければ、一昔前、新宿2丁目と言えば、いかがわしい場所として知られていた。性同一性障害は、その言葉すら使われることはほとんどなかった。だが、メディアがその実情を取り上げ、当事者も表に出ることで、その見方はかなり変わり理解も進んだ。

 以下、少々長くなるが、「髪の花」(小林美代子著)を引用。
「チリ紙一枚と私を売りに出したら、皆は役に立つチリ紙を買うでしょう。チリ紙の白々しさに、役立たずの私を高所から、諦めきって冷たく見捨てている社会の目を感じます」(精神病院内でチリ紙に話しかけている女性を見て)。
「私達はテレビで精神異常者、父母を殺傷等のニュースを見ると、私達一人一人が、父母を殺傷する可能性のあることを考える。一人の異常者の為に、私達全国の精神病患者が裁かれる。病院では九割の患者は、殆ど正常と変わりなく、人を殺害する者等一人もいないのだが・・・。患者以外の人間が千人に一人罪を犯しても、九百九十九人は罪に問われないが、私達全員は直ちに裁かれる。病院の檻を厳重にしろ。ニュースの伝わった翌日には病院の近所から、精神病患者は散歩に出してくれるなと、病院に抗議が来る・・・・

 以下、全文は、おりふれ通信360号(2017年7月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

侘び寂びおじさんの徒然日記 その3

小田原ジャンパー事件に思うこと

あっちら


 昨今、生身の人間が住むこの社会や、人間の価値を、経済効率だけで推し量る人たちが増えているのではなかろうかという危惧の念を抱いているおじさんです(その典型が長谷川豊氏)効率至上主義の行き着く先は、人間を人間としてではなく、物として扱うナチズムです。これはとても恐ろしい風潮だと思ってしまいます。

 今年に入り、小田原市でいわゆる小田原ジャンパー事件というのが起こりました。これは報道もされたし、かなり騒がれたので、詳細な内容は割愛します。おじさんも本当にひどい事件だと思っています。しかしながら、批判が殺到した後の小田原市の対応は評価してしかるべきものでした。同時に、理不尽な扱いを受けた時、声を上げることの大切さを再認識させられました。この事態を良い方向に導くために尽力された「生活保護問題対策全国会議」、森川清弁護士ほかの方々には、心からの敬意を覚えます。まだまだ世の中捨てたもんじゃないですね・・・・


 以下、全文は、おりふれ通信360号(2017年7月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

侘び寂びおじさんの徒然日記 その2

あっちら

 この原稿を書いている5月29日、共謀罪が参議院で審議入りになりました。民主主義の脆さ、そして自覚のないまま、大きな悪に加担してしまう善良で素直な人たち(○○学会の人)の怖さを痛感しているおじさんです。「ナチスに見習え」の麻生さん。今頃、してやったりでしょうな。
昨年、世界の国々の民主主義指数で日本は167か国のうち23位で、「完全な民主主義」から「不十分な民主主義」に転落したばかり。日本はこれからどうなっていくんでしょうね。(ちなみに1位はノルウェー。最下位はもちろんあの国です)

 ところで今年の3月、相模原で「障害者が生きる価値とは」と題する集会がありました。基調講演をされた読売新聞記者の佐藤光展氏が「障害者も生きる価値がありますよね」と、当然のように話していました。当たり前のように聞こえますが、一方で出生前診断で胎児に障害があると判明した妊婦さんの94%が中絶を選んでいるという厳しい現実があります。建前とは裏腹に、障害をもって生きるということが不幸なものだという考えを、大多数の人がもっているということになりますよね。とても悲しいことだと思います。
私が考えるには、障害者の存在そのものが、人生が価値あるものだということを証明するための実証となる存在のように思えます。実は障害者というのはこの世に不可欠な存在なんですね。このことについては、今後少しずつですが、この連載の中で述べていきたいと思っています・・・

 以下、全文は、おりふれ通信360号(2017年5・6月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

投稿・記憶の封印・消去・再生

どさんこ

 昨年10月、亡母のすぐ下の妹が92歳で亡くなった。中学生の私を2年間ほど親代わりで育ててくれた叔母だった。叔母たちとの生活は夫が戦死し、私を連れて二度目の再婚をした母への私の反抗・抵抗の結果であった。叔母夫婦には3人の子どもがいたが、私を受け入れ助けてくれた。今、この叔母の逝去を知り、私は小・中学生の頃の自分と改めて向き合っている。封印したい記憶、無意識に消去した記憶、何度も繰り返し思い出してきた記憶などが行きつ戻りつしている。

 叔母夫婦が中学生の私を引き受けてくれたのは、当時の私の言動のひどさに困り果てた母と養父を助けるためでもあったに相違ない。にもかかわらず、私には親にどのように反抗したのか具体的な記憶はなにもない。この時の言動は、記憶から完全に消去されている。こうして自分を守っていたのだと、今驚きを感じている。
叔母夫婦に受け入れてもらい、私は落ち着いたのだろう。いつしか記憶にない実の父に詫びていた。小学生の時「どうかお父さんという人が生きて帰ってきませんように」と願い続けていた自分を悔いて。また救急車のサイレンを耳にすると「沖縄の戦場を救急車が走っていたら、深い傷でも父は助かっていたかもしれない・・・」とか思わずにおれない中学生の私がいた。これは小学生の私の不安神経症的な心情への反省でもあったと思う。

 母のはじめの再婚は、私が8歳の時だった。養父と3人の義理の兄弟に意地悪をされた記憶は、私にはひとつもない。でも私はいつも不安でいた。この不安に拍車をかけたのは、友達と観た夏祭りの村の青年団の芝居だった。戦死した夫の弟と再婚した妻が包丁で自殺。それは戦死したはずの夫が帰ってきての惨劇だった・・・

 以下、全文は、おりふれ通信358号(2017年3月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

侘び寂びおじさんの徒然日記 その1

あっちら

 縁あって、今年から連載エッセイを担当することになりました。当事者としての日々の出来事、雑感、レアな話題などを発信できればと思っています。どうぞ、よろしく。

 さて、昨年の話から。夏の参院選、相模原殺傷事件、都知事選と、まさにトリプルショックで、気持ち的にくじけてしまい、夏からほぼ引きこもり状態になり、すっかり調子が悪い状態が続いています。さすがにこれではならじと考えて、自分なりにたどり着いた答え。当面の間、不愉快な情報は徹底無視を決め込もうと。自分の力ではどうしようもない事柄は、あえて考えないようにしようと思っています。昔読んだ本の「大きな出来事ではなく、日常のささやかな喜びの積み重ねが幸福感につながる」という言葉を思い出し、努力して少しでも楽しいこと探しに出かけようと思う次第であります・・・

 以下、全文は、おりふれ通信357号(2017年1・2月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧