連載・精神科のお薬の適正使用と回復についていっしょに研究しよう!  第2回 減薬の準備のためにまずじぶんの薬を知ろう

ジャーナリスト&ファシリテータ 月崎時央

◇薬の飲み心地の専門家は医師ではなく患者です
 お薬を減らしたり適正な服薬にしていくためには、まず服薬しているご本人が自分の処方されている薬についてしっかり把握、理解することが必要です。
 精神科に通院し処方薬を服薬している患者さんの中には、適正な薬で症状が安定している方もいます。しかし私は、長年当事者の皆さんに取材をしていて、多剤大量処方による副作用に苦しんでいる方のほうが圧倒的に多いと感じています。
 そこでこの原稿は、服薬している当事者の方で、薬のメリットよりも、デメリットである副作用のほうを強く実感し、「なんとか薬を減らせないか」と考えている方のために、書いていきます。
 私は5年間ほど減・断薬した患者さんについて集中的に取材してきました。その結果、「これから薬を減らしたい」という当事者の方は「どの薬をどのような理由で減らしたい」とか「減らした結果どんな風になりたい」というビジョンをまず持つことが減薬による回復の鍵だと考えるようになりました。そしてその前提として「自分は何を飲んでいるのか」を知ることが不可欠だと思います。
 薬について不安や不具合があり「減薬してみたい」と漠然と思っているものの、実際には自分が服薬している薬についての情報や減薬のメリットやリスクを把握していない方が大多数です。
 お薬手帳には薬剤名と処方量と飲み方のほかに、一般的な効果が記載されている場合もありますが、これだけでは服薬している薬の詳細はわかりません。
 また、脳に作用する薬を飲んでいることにより、状況を正確に把握しにくい状態になっていること、多剤処方されている薬が一包化されていることなども「自分は何を服薬しているのか?」、薬の効果と限界がわかりにくいことの原因と言えるでしょう。

◇絶対にしては危険なことは精神科の薬の一気断薬
 ここまで読んで「そんなことを言われても、薬のことは専門家ではないのでよく分からないので先生にお任せしたい」と感じた方がいると思います。
 しかし少なくとも「減薬」を今から実行するなら、患者さん自身が主体的になって「自分ごと」としてしっかり把握し計画する必要があります。取材の経験から考えて、お医者さんであっても、減薬を全面的に人任せにするのは危険です。減薬は、医師側に経験的な知見が不足しており、実は難しい治療であるという現実を知っておきましょう。最近は国が多剤処方を抑制し始めたため、医師は以前より減薬に積極的になっていますが、実は医師による無計画な一気断薬のために離脱症状で苦しむ患者さんが増加しています。一気断薬は最もハイリスクです。「回復の力も希望も自分の中にある」と思うことと同時に「自分の身は自分で守る覚悟」が必要です・・・

 以下、全文は、おりふれ通信381号(2019年4月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

追悼 小林信子さん

 先月の七瀬タロウさんに続いて、今月も訃報です。長く東京精神医療人権センターの専従を務め、おりふれ通信編集部のメンバーでもあった小林信子さんが、3月1日すい臓がんで亡くなりました。享年71歳でした。
 小林さんはここ10年は精神保健の世界からは引退されていましたが、1986年10月から約1年、スペイン政府の国費留学生として、フランコ時代以後の民主化の時代のスペイン精神医療改革-イタリアの改革に学び精神病院を廃止して地域医療をつくっていく-を体験に行ったことが、精神医療改革に関わる人生への転機でした。おりふれ通信に、情熱的かつ長文の「スペイン便り」を寄せてくれ、私たちに国際的視点をもつことと、改革のための明確なビジョンをもつことの大切さを伝えてくれました。スペインの留学期間が終わるとイギリスに渡って、リッチモンドフェローシップやマインドでも研修。帰国直後の1989年1月号のおりふれでは、学んできたことを関心を持つ人々に分配し利用してもらいたい、精神保健を日陰の存在から国民的関心事へ変えたい、そしてMIND日本をつくりたいと、熱い思いを書いています。
 具体的には、おりふれの会の前身である「精神医療をよくする会」のコーディネーターとしてさまざまな活動をし、東京精神医療人権センターが、振興基金から事務所家賃と人件費の助成金を得てからは、専従スタッフとして人権センターの顔となりました。人権センター事務局メンバーは弁護士の他は、医療や福祉の現場で働くいわゆるワーカー職ばかりだったので、小林さんは「レイパーソン=専門職でなく市民的立場で働く人」である自分が必要なのだと言っていました。
 専従であったからこその、松沢病院に長期間措置入院している人々への毎月訪問(一人からの依頼で始めたのが、希望者が増えていきました)、医療観察法ができてからは、国立精神・神経センター病院の医療観察法病棟への定期面接活動など、継続する地道な活動に取り組み、一方ティム・ハーディング氏、DPIや監獄人権センター等国内外の人権にかかわる人々と一緒に、国際会議、条約委員会などの場で、日本の精神病院の実情を問題にする働きもしていました。
 10年ほど前、精神保健の世界からは引退されましたが、お母さんを介護する生活の中、一昨年夏すい臓がんが分かり、治療を続けながら昨年1月お母さんを見送ることとなりました。その後、自らの療養の方向として、最後まで入院せず在宅単身生活でという方針を決めて、協力してくれる医療者を得ていました。その医師が往診に来た際に「私の担当している中で最も立派な患者さん」と、小林さんを評していました。
2月27日小林さん自身が希望して24時間ヘルパーを付けることになったと聞き、お見舞いに行くと、その前の週にはベッドに座って一緒にビールを飲んだのでしたが、もう起き上がることはできませんでした。でも話す言葉ははっきりしていて「これが私の運命だったのよ」と静かに言いました。小林さんは、不当なことへの正しい怒りの人というイメージの強い人でしたが、静かな悟りの人になっていました。
信子さん、お疲れさまでした。
木村朋子

 

 おりふれでは、編集会議の後、食事会をするのが習わしとなっています。これが通称「 文子ん家 」です。そもそも私は、食い物につられて編集委員になったような気がしております。普段の貧しい食生活の中で、唯一、家庭料理を味わう機会でも有ります。有り難い限りです。
さて、小林さんがまだ編集会議に来られていた頃なので、10年程前でしょうか。小林さんが、スペインで覚えたという、熱したオリーブオイルにサイコロ状のパンをくぐらせるだけという、シンプルな、料理(?)を振舞って下さったことがあります。これがとても美味しかった事を覚えています。
小林さんの人権擁護の為の長いあいだのご尽力に対し、私達仲間一同、百万回のありがとうを別れの言葉とさせていただきます。
 小林さんありがとうございました。
本城一信

 

 

|

連載・精神科のお薬の適正使用と回復についていっしょに研究しよう!第1回

ジャーナリスト&ファシリテータ 月崎時央

一気断薬は危険な行為なのでやめましょう
  今回から精神薬のことを連載いただくことになりました。つっきーこと月崎時央です。さて精神科に通っている患者さんやそのご家族なら、精神科の薬の「多剤大量処方」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。日本の精神科における多剤処方は国際的にも問題になっていて、厚生労働省も規制をかけていますが、なかなか改善が難しい問題です。この原稿では「向精神薬の適正処方」というテーマをみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

 お読みいただくにあたり、まず書いておかなければならないことがあります。それは「減薬は時間をかけて少しずつゆっくり計画的に行う」という大事な原則です。精神の薬をたとえ1剤でも衝動的にやめたり一気に断薬することは大変危険ですのでご注意ください。 
 その理由は毎回少しずついろいろな方法で説明していきますが、まず精神科の薬は脳に作用する強力な薬です。「増やすより減らすほうが難しい」とも言われていて、急激な断薬は、不眠や体調悪化だけでなく自殺企図や暴力的衝動などの重篤な症状を起こす場合もあり、ひどい後遺症が残ることすらあります。このため「減薬」は、まず落ち着いてじっくり考え計画してから取り組むべき、いわば年単位の「治療」であることを、最初に心にとどめてください。 

薬に対する考え方が180度変わった回復者との出会い
 さて、以前の私は、家族としてもジャーナリストとしても「精神科の病気は慢性疾患なので医師の処方した薬は例え大量でも一生飲み続けなければならないものなのだろう」と漠然と信じていました。しかしそんな私が、薬についてそれまでと違う考え方をするようになったのは、4年ほど前のある出会いがきっかけでした。「20年近く服薬してきた精神薬を断薬して元気になったんです」と素敵な笑顔で語った30代後半の男性の話しを聞いたとき、私の心の中に「患者さんたちは本当に適正な量の薬を服薬しているのだろうか?」という小さな疑問が芽生えたのです。それ以来、私は薬を減らしたりやめたりして、以前より回復した人を求めて全国各地に取材に行き、50名以上の減・断薬体験者に話しを聞く機会を得ました。私は元気に回復した人が、個々にどんな方法で薬を減らしていったのか、またどんな暮らしの中で回復を得たのかを聞き取り考えてみることにしたのです。
 その結果、確かに急性期には薬で鎮静が必要だったかもしれないが、現在は症状が落ち着き、今ならもっと少量で体調を維持できそうな方、また逆に薬の効果より副作用が強くそれに苦しんでいる方がかなりいることも確信しました。そして同時に精神科の薬を減らす場合には、様々な「離脱症状」がでることが多く、それを乗り越えることがいかに難題であるかもわかってきたのです。

 そこでこの原稿では、精神科の薬の減薬とはいったいどんなことなのか?どうすればうまく回復するのか?といった具体的なノウハウや考え方について、5回にわけて一緒に考えていきます。まず第1回目の今回は、治療経過を振り返って整理してみることから始めましょう・・・

 以下、全文は、おりふれ通信379号(2019年3月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

追悼 七瀬タロウさん

七瀬タロウさんが2月4日亡き人になりました。
私は、いつの頃からかお説教ばばあになっていますが、彼は、その相手の一人でした。
説教相手が一人いなくなりました。 いいだ

僕は初めて彼を知った日や初めて彼と会った日をはっきりと記憶していない。様々な活動を通じていく中で、正直それほど親しくなかったかもれしれないけれど、都内某所へ行った時には挨拶代わりに彼の方から手を差し出してくれ、固い握手を交わした事は今でもはっきりと憶えている。その後何度も一緒に飲んだ事があり、僕の目から見た彼は大変頭が良く、時にズル賢い部分(具体的には割愛させて下さい)もある、でも憎めない兄ちゃんといった印象で、僕がとある手術をして入院していた時、何年も会っていなかったのに誰に聞いたかお見舞いに来て下さって、その時はすごく励まされリハビリを頑張れました。まさか、そのお見舞いで会ったのが最後だなんて未だに信じられない。というか、死んじゃったってまた嘘なんでしょう?チーズなんかを買っていつもの場所で飲みませんか‥‥?  故人のご冥福をお祈りいたします。       林まさき

|

改めて、広島

佐藤朝子(看護師)  

 夏休みを利用して広島に行って来ました。7月の豪雨で被災した広島に観光旅行に行っても良いものか悩みましたが、すでに予約してあるホテルをキャンセルするよりも、食事したり、お土産を買ったりすることで現地にお金を落として来ようと思い行くことにしました。
広島駅に近づくと山並みが多くなり、ところどころ土砂崩れを起こしている場所が確認でき、災害を身近に感じました。広島に着いてから交通事情を確認し、まずは宮島に行くことにしました。ホテルで「宮島に行く船は2種類あるけど、JRの船に乗ると大鳥居の近くを通るのでそちらがおすすめです」と教えられた通りにJRの船へ乗船しました。ほとんどのお客さんが欧米の方々で、大鳥居が近づくと皆さんスマホを取り出して撮影タイムです。そうこうしているうちに10分で到着。ちょうど干潮で大鳥居まで歩いていける時間だったのでそばまで行ってみました。鳥居の土台にはびっしりと貝がはびこっていたのですが、その貝のすきまにたくさんの硬貨が貼られていました。満潮になったときに流れたと思われる硬貨は地面に落ちていました。
 厳島神社に奉納されている絵馬に「病気が治りますように」とか「高校に合格できますように」など書かれている中に「看護学校を無事卒業し、りっぱな看護師になれますように」と書かれているものを発見し、私たちは「がんばって!」と絵馬に向かってエールを送ってきました。
その後宮島にある弥山(みせん)に登ってみました。ロープウェイを二つ乗り継いでいき、そこから頂上までは歩きです。結構急な坂で、普段登山なんかしない私たちは翌日の筋肉痛を心配しながら登りました。「くぐり岩」という、自然にできた岩の下を通って行くのですが、こんなに大きな岩が山の上にあることに驚き、汗だくになりながらも、自然の神秘に感動しました・・・

  以下、全文は、おりふれ通信371号(2018年8月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ 

|

投稿 痛む・傷む・悼む

どさんこ

 長いベトナム戦争が続いていた1970年初頭、私たちは銭湯でお会いしましたね。湯船の中で視線が合い、お互いかすかに微笑みました。すると貴女は湯のなかをすうっと私に近づいてこられました。そしてたじろぐ私の耳元にささやくように言われたのです。「私の3人の息子、戦死したんです」と。
もう湯船から出ようとしていた私は、「3人の息子戦死」という貴女の言葉に驚き、「お聴きしなくては」と思ったのです。「今、娘夫婦と一緒に暮らしています」と貴女は最後に教えてくださいましたね。私は「ああ、娘さんがおられてよかった」と安心しました。

 

 その後私は銭湯に行くたびに、貴女をお捜ししました。お会いして背中でも流させてもらい、私の父も戦死、息子を亡くした祖母のことなどをお話ししたかったのです。でも願いは叶いませんでした。まさに一期一会の貴女との出会いでした。あの時から40数年の歳月が流れ、貴女の孫のような私も70才代後半を生きています。そして今もたびたび貴女を思い出しています。
貴女にとって銭湯は亡くなられた3人の息子さんを彷彿と思い出すところだったのでしょう。母親に抱かれ気持ちよさそうに湯につかっている赤ちゃん、頭を洗われ泣く子、走り回り叱られる幼い男の子たち・・・。1970年代の夕方の女湯は、まだ賑やかでした。貴女はきっと、若い母親と子どもたちに昔のご自身と幼かった息子さんたちを重ねておられたのですね。そして想いはあふれ、戦死した息子達を誰かに語らずにはいられなかったのでしょう・・・・

 

  以下、全文は、おりふれ通信369号(2018年5月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

 

 

|

侘び寂びおじさんの徒然日記 その5

生きることを許されなかった赤ちゃん    

あっちら

 寒くなりました。風邪は万病の元といいます。マスクが手放せないおじさんです。皆様もお体ご自愛なさってください。

 11月に入り、松永正訓医師(小児科医)の読売新聞のコラムが物議を醸しています。
 食道閉鎖と口唇口蓋裂(俗に言うミツクチ。差別語です!)の障害を持って生まれてきた赤ちゃんの話です。赤ちゃんの両親が、松永医師の必死の説得を、頑として聞き入れず、手術を拒否した結果、赤ちゃんはミルクを一滴も飲めないまま餓死したそうです。手術がうまくいけば当然助かった命です。口唇口蓋裂の方も、現在の技術をもってすれば目立たないようにすることが可能なはずです。赤ちゃんを、いわば見殺しにした両親には何の法の咎めもないそうです。何よりも生きることを許されなかった赤ちゃんが、おじさんはかわいそうでなりません。

 おじさんが考えるに、どうも優性思想(もちろんこれは人間の悪を体現した邪悪な思想ですが)とかいうよりも、日本社会に広くはびこっている「世間」とか「世間体」が影を落としているように思えてなりません。「世間」というものは、言葉を変えれば「社会通念」にほかなりません。いわゆる「常識」というものですよね。どうも長々と理屈っぽくなってごめんなさい。おじさんには、この「常識」というものが、とても厄介なもののように思えます。作家の森巣博(惜しくも日本から逃亡)が、常識とは多数派が持つ「偏見」であると言っています。おじさん、この言葉に諸手を挙げて賛成です。常識は、時として障害を持つ人(おじさんもその1人です)の自尊心をひどく傷つけます。世間に広く深く浸透している「働らかざる者、食うべからず」という常識にとらわれてしまうと、働けない自分がマイナスの存在のように見え、自己肯定感を持てず、不幸な感情に引きずられる日々を送るという悪循環から、人生そのものが萎んでしまうという人が少なくありません。せっかく生まれてきた人生です。これでは寂しすぎます。大変な苦労を背負って生きるということは、とても立派なことなんです。えらそうなことを言うようですが・・・


 以下、全文は、おりふれ通信364号(2017年12月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

加藤真規子著・現代書館刊  『社会的入院から地域へ、精神障害のある人々のピアサポート活動』  当事者の声が社会を変える

福祉施設職員 細江昌憲

 著者の加藤真規子さんは精神病の当事者の立場から、その生きづらさを社会に伝え続けている。それだけではなく、特定非営利活動法人こらーるたいとうを立ち上げ、その代表として精神障害者ピアサポート活動も展開している。精神保健福祉分野では知る人ぞ知る存在だ。これまでにも数冊の著書がある。

 本書では、精神障害者の人権を制限する障壁を列挙し、その改善を求めている。例えば、障害者権利条約がわが国で2013年に批准されたものの、それがまだまだ現実的に実行されていないことや、社会的入院、心神喪失者等医療観察法など、精神障害者を取り巻く状況や制度の問題点を、歴史を振り返りながら指摘している。とりわけ、社会的入院の元凶である隔離収容主義については、「何よりも深刻なのは偏見と差別を正当化し、誤った社会認識をつくりあげ、地域社会と精神障害がある人々との間に障壁を築き上げてしまったことだ」と厳しく批判。記憶に新しい病棟転換型居住系施設構想についても、真っ向から反対し、誰のためにやるのかと憤っている。本書からは、今でも精神障害者がどれほど多くの制限を受け、権利がないがしろにされているかがよく伝わってくる・・・・


 以下、全文は、おりふれ通信363号(2017年11月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

侘び寂びおじさんの徒然日記 その4

衆院選が終わって

あっちら


 10月は晴れ間が少ない天気で、うつうつとした日々でした。衆院選終わりましたね。一時はどうなることかと思いましたが、立憲民主党が頑張ってくれてかろうじて明日への希望を持つことができました。ありがたいことです。それにしても今回驚いたのは、若い世代の自民党支持率の高さです。(比例で20歳代が49%、30歳代が40%)   

 でもよく考えると、今の若者は主にネットから情報を仕入れている訳で、ネットニュースというとYahooニュース。Yahooニュースとくると、サンケイ(最悪、最凶の極右メディア)が、真っ先に表示されるわけです。誤った情報とともに、特定の集団(少数派)に対する憎悪がいつの間にか刷り込まれるわけで、これは考えるだに恐ろしいことです。映画評論家の町山智浩氏が「ネトウヨの増殖の責任はヤフーにある」と看破していますが、本当にその通りだと思います。私はYahooでは一切検索しないし、たとえそれが政治とは関係のない面白そうな話題であったとしても、絶対にサンケイはポチっとしないように心がけています。いじましくもささやかな抵抗だと思っています・・・


 以下、全文は、おりふれ通信363号(2017年11月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

ブラトモコ@十和田湖

佐藤 朝子

 今回の夏休みは法事のため田舎に帰省しました。私の田舎は青森県十和田市です。十和田市はJRが通っていないので、いつも飛行機で三沢空港へ飛び、そこからレンタカーで30分運転して十和田市に行くという具合です。

 さて、私には姉が一人いますが、この姉がなかなかのおとぼけで法事前日になってから「明日、何を着ていけばいいの?」とか「法事は何時からだっけ?」と確認のメールをよこす強者です。そんな姉と法事の後で初めて二人で十和田湖の温泉に泊まりに行きました。泊まる宿はあの有名な星野リゾートグループ、奥入瀬渓流ホテルです。私の運転で出発です。道中の公園や銭湯(銭湯と言っても温泉です。日帰り温泉が増えました)が変わったことなどを話題にしながらドライブしました。

 十和田市郊外に出るとまもなく奥入瀬川の下流が見え始めます。観光シーズンではないので道路はとてもすいていました。姉から景色を見たいのでスピードを落とすように言われ、制限速度40km/hの道路を30km/hのスピードでノロノロと走り十和田湖入口に向かいました・・・


 以下、全文は、おりふれ通信362号(2017年10月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧