私のリカバリーストーリー

黒岩 堅
 まずはWRAPについて説明させてください。
 最初にメアリーエレンさんというアメリカの精神疾患当事者が、120名以上のうまく生活できている当事者たちにアンケートを採りました。アンケートから共通する5つの大切なことが浮かび上がりました。5つの大切なこととは、希望、個人の責任(主体性)、学び、権利擁護、サポートからなります。
 希望とは暖かく自分を応援、個人の責任(主体性)とは自分で意思決定、学びとは人生あらゆることに学び、権利擁護とは自分の声をあげる、サポートとはどう支援しあえるかというイメージが私にはあります。

 この他にも元気に役立つ道具箱というのがあり、これは私が元気を取り戻せる方法です。ひとつはNetflixでアメリカのドラマを1シーズンみます。コールドケース、エレメンタリー、CSIなどを一気見します。悩み事が多いときにはとても効きます。一気見が終わったあと、悩み事を忘れてしまいます。ほかには、ソウルフードでもある寿司を食べます。出来ればスーパーで半額になっている寿司を食べると、満足感が上がります。頭だけ疲れているときは8000歩ほど歩いて、体も疲れさせて寝ています。

 ではWRAPに出会う前の私を書かせてください。
 小学校、中学校、高校、大学通じて友人もいませんでした。そしていじめも何回も受けてきました。いじめられている最中の私は助けを求めることが出来ず、ここにいる私は私ではないと一生懸命言い聞かせました。
幸い多少記憶力はよかったので、大学にはいけました。が、苦労して就職したところでは仕事はさっぱりできませんでした。
 7回の転職をし、7社目ではリストラされました。それは39歳の時でした。そして私はリストラされるときに、会社の部長からこんなことを言われました。「小学生でもできることがお前には出来ない、お前は決して成長しない、お前は発達障害だから病院に行ってほしい。」
リストラされたときに、それまで会社に依存していた私は、全ての人のつながりが切れました。残ったのは絶望だけでした。3カ月ほど家に引きこもりました。でも障害者手帳も取れたので、失業手当を目当てに外に出かけるようになりました。

 リストラされた当時は、運よく精神の障害者が障害者雇用率に算入されるようになったときでした。私はどんな会社があるのだろうと、仲間たちと就労の情報交換をしながら、それは心の助けになりました。落ちる会社が増えるたびに「いい加減就労をあきらめなさい。もう40歳なのだから、もう変わらないわよ。」と支援者や他の当事者たちに言われ続けました。そんなときにも就労を目指す人がいることは助けになりました。一緒に就労を目指す人たちがいたおかげで私は就活できたんだと思います。
なんとか105社目で内定をいただき、私の障害者就労は始まりました・・・・

 以下、全文は、おりふれ通信398号(2019年3月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

お薬当事者研究

松本葉子

 2018年12月13日、14日、第61回日本病院・地域精神医学会総会東京大会が、タワーホール船堀で開催された。1日目、交流コーナー「お薬・当事者研究」に関わったのでその思い出を書きたい。

 私は普段は薬剤師として働いているが、18歳からの数年間、抗精神病薬という種類の薬を数種内服していた。薬は、私にとっては副作用ばかりがきつくて、最終的には断薬してしまった。その後、薬剤師になり、薬局で患者さんと接する仕事に携わってきた。仕事をする中で、過去、薬を薬剤師からもらっていた患者としての私の気持ちと、一般的な薬剤師としての役割(患者さんに薬を飲んでもらうことが最終目標になっているような)に、埋められない溝があることに気づいた。さらに、特に精神科においては、薬の効果、副作用について、患者さんの主観的経験がないがしろにされてしまうという事実を目の当たりにした。患者さんが薬を嫌がれば、それは病状が悪化しているサインだとさえされてしまうこともあった。若い頃、自分の意思で薬をやめ、回復してきた私が、一般的な薬剤師としてだけ働くことは難しかった。
 当事者研究はべてるの家ではじまったものだが、薬のテーマにしぼった当事者研究を、二か月に一回ほど、仲間と続けてきた。そこでは、内服当事者の主観的経験をできるかぎり丁寧に表現することを心掛けた。内服当事者の主観的経験に耳を傾けることは、記憶の中の若い頃の私の存在に意味を与える重要な実践だった・・・

 以下、全文は、おりふれ通信378号(2019年2月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

 

|

投稿 精神障がい者の労働について

丘 俊夫

 精神障がい者が、就職1年後に同じ職場で働いている割合は49.3%と、身体・知的・精神・発達の4障がい(ママ)の中でも最も低く、精神障がい者の離職率は4障がいの中でも最も高い(朝日新聞 2018年10月1日)。なぜこのように高いのかを、主に病者の視点から考察してみた。
 第一に薬物の使用が挙げられる。マイナートランキライザーを服用しても何もしなければ、眠くなる、口渇などの副作用があり、働く以前に薬の副作用というハンディがある。薬物は鎮静的に作用することが多いため、活動的な労働は長続きしないことが多いのではないか。精神障がい者が疲れやすいというのも、薬物の服用が密接に関連していると思われる。そもそも感覚的に過敏な人がこのような病気になりやすく、その過敏性を和らげる働きが薬物にはあるため、思考、行動が鈍くなりやすくなるのではないか。また私の経験則ではあるが、薬物の長期服用は気分の波の幅をより大きくするような気がする。そして抑うつ症状が長引くことにもつながると思うのだ(だからといって薬物療法に反対というわけではない)。
 第二に障がいの特性が挙げられる。心の病とは「人との関係性の病」とも言われる。病の特徴として、人と人との間に「快」を築くことが難しいという言説を聞いたこともある。例えば労働時間内で、仕事をしている時間より休憩時間中に同僚といることの方が苦手だ、という話を聞いたことがある。何を話してよいかわからずに、対人的な緊張感が増すというのだ。私も分かる気がする。また、症状自体も病名に拘わらず、抑うつ的な症状は出やすく、何年にもわたあって会社という組織で、コンスタントに力量を伸ばし続けることは難しいかもしれない・・・・

 以下、全文は、おりふれ通信378号(2019年2月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

芝居を観て思ったこと

まゆみ

 仲間に声をかけてもらい、新宿ゴールデン街劇場に「精神病院つばき荘」という芝居を観に行った。
 舞台は「精神病院つばき荘」。登場人物はそこに40年間入院している高木、院長の山上、30年間勤務している看護師の浅田の3人。脚本は劇作家で精神科医でもある、くるみざわしん。
 
『院長の山上は入院患者の高木に説得を試みていた。原発事故対策で、理事長と対立している職員達を抑え込むため、最古参の高木を仲間に取り込もうとしていたのだった。自分の存在を賭け、頑として山上の説得を拒絶する高木であったが、山上は最終手段として高木に保護室への隔離を言い渡す。そこへベテラン看護師の浅田が現れて…』(チラシより抜粋)
高木に何が起こっているのか?つばき荘に何が起こっているのか?世界はどうなっているのか?様々な視点や問題が多面的に現れながら、見る側一人一人に厳しく痛いメッセージを投げかけていた。我が身も振り返らざるを得ない。

 精神病院を舞台にした演劇なんて、とても現実離れした表現で違和感に戸惑うかもしれないと思っていたけれど、私にとっては最後までリアルで目が離せない内容だった。
 特に院長室で繰り広げられる高木と山上の面談シーンは見もので、あらゆる問題や責任がいつの間にか高木へとすり替えられていく様などは会場から笑いも起きたが、こういう誘導や罠はさもありなんと、私はこのやりとりに、ひとつの間違えも起こらぬよう、祈りながら見張ってしまった。

 しかし、芝居を観ながら、気が逸れてしまう瞬間も多かった。フラッシュバックが起こるのだ。私は10代の後半から20代半ばにかけて入退院を繰り返した。そこで、あまりにも理不尽な体験が重なり続けた。同時に不当な扱いを受ける他の患者達を、閉じられた空間で毎日見ていた。
そして未だに入院体験のフラッシュバックに襲われる。35年も前のことなのに。具体的なエピソードが映像とともに現れることもあるし、悪夢になることもある。入院について考えることが、いつまでもやめられなくなったり・・・ 感覚や体が緊張や麻痺を繰り返したり・・・

 以下、全文は、おりふれ通信377号(2019年1月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

65歳になっても障害者福祉を利用しよう

精神障害者権利主張センター・絆 山本眞理

 2018年4月14日に65歳になった私は、今も障害者福祉により家事援助月27.5時間(1日上限6時間)およびショートステイ月5日の支給決定を受けている。中野区の方針は65歳になったら介護保険優先を主張し、介護認定を受けても支援不要あるいは65歳以前の支給量が確保されない場合は従前の支給を行う、というものでした。
 私は2018年2月20日に文書を出し、65歳以降も障害者総合支援法を使いたいので申請すること、そして介護保険は申請しないという宣言をしました。
 理由は、精神保健福祉法下のホームヘルパー利用体験により、発病後40年近くなって初めて主治医に「幻覚妄想状態」と診断されるまでに追いつめられたけれど、自立支援法での家事援助を使えるようになってからは入院していないということを説明し、介護保険と精神保健福祉法下の介護は、使わなくなることを目的としたものであり、同様の性格を持っている。障害者福祉の介助とは全く位置づけが違い、介護保険を使うならたちまち病状悪化、そして入院は避けられないことになる。自分の地域生活を守るためには介護保険は使えないという主張をしました。                         
 これを持参して、2月20日骨格提言実現大フォーラムの仲間が同行してくださり、中野区役所障害分野へ。しかしながら障害者福祉の申請書は渡せない、ともかく介護保険認定を受けてくれという対応でした。いろいろな方がアドバイスを下さり、そもそも申請拒否は違法、申請書の書式は決まったものではないはず、書き込んで役所に送りつけてしまえ、ということで、こちらの書式で役所に送りました。
 その結果、ともかく介護認定を受けてほしいがとりあえずということで、4月末に2ヶ月、そして6月末に7月末まで1ヶ月の支給決定が出ました。6月末には担当保健師による調査も受けて、支給決定されました。
 しかし7月26日に区役所に電話すると、7月末で支給を打ち切る、打ち切るのは介護認定を受けないから、必要時間の調査ができないという理由である、却下通知も出せないという対応。それではということでまた同様に障害者総合支援法の申請、その結果7月31日に区役所から電話があり、係長と話し合い支給決定をした。介護保険では出ないとみられる1日上限6時間の支給決定を出す。
 もともと夏の間は体調が良いのでなんとかしのいでいたのですが、その後8月30日に大フォーラムの仲間11名が応援に駆けつけてくださり、中野区交渉を行いました。今現在はなんとかなっていても秋口からの体調不調で入院せざるを得なくなるかもしれない、あたかも介護保険を申請しないことへのペナルティとして支給決定を21.5時間も削るというのは納得できないと迫りました・・・

 以下、全文は、おりふれ通信376号(2018年12月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

このままでいいのか日本の精神科医療と制度(後半)~当事者の視点から

精神科病棟転換型居住系施設を考える会 成田 茂

 ここ数年、いや以前から精神科医療による隔離・身体拘束の現場で、「身体拘束」が原因で死亡する痛ましい状況が数多く報告されています。もしも、あなたが何らかの精神的不安定などから、突然、ベッドに拘束帯で縛られ身体拘束されたら、どのような気持ち、状況になりますか?おそらく、「離してくれ、助けて」と大声で泣き叫びませんか?それが、精神科病院の現状なのです。ただ、全く、感情的になっただけで精神疾患と診断されて、措置入院身体拘束に至ったという女性の方もいます。その原因は夫婦喧嘩が発端でした。うつ病を抱える夫と健常な妻とのもめごとの中で、妻が少し感情的になり、「あなたと居るくらいなら死んだ方がまし」と言った言葉を真に受け、夫が警察官を呼び、妻をパトカーで精神科の病院へ連れて行き、その妻はそのまま措置入院で入院させられ、隔離、身体拘束をされたというケースもあるのです。精神科医は、当事者の言動や行動、振舞などから、何とでも病名を付けて精神疾患者にしてしまうのでしょうか。精神科医は、健常な人でさえもいとも簡単に精神疾患者に仕立ててしまうところがないでしょうか。

 私自身も、似たような理不尽な精神科への入院をさせられた経験をもちます。何だか少し調子が良くないと自分から病院に行ったら、安定した精神状態にもかかわらず、保護室へ隔離入院させられたこともありました。
 医療保護入院や措置入院の方が、請求点数が稼げるのでしょうか。とにかく、少々のことでも即入院、しかも長期入院です。私が入院していた、病棟、病室にも何年も、いや何十年も入院させられているという患者さんが沢山おりました。なぜここまでの長期入院になってしまうのでしょうか。他の諸外国、とりわけイタリアやベルギーなどでは、国が入院設備のある精神科の病院を廃止し、制度を変えて精神疾患、精神障害当事者に対する地域移行支援を推し進めている国々があるのです。今、他の欧米諸国でもそういった動きにあるといわれています。イタリア、ベルギーでは、入院設備のある精神科の病院を廃止し、街角の自治体の出張所などに、診療施設を配置し、地方自治体と、医師、看護師、精神保健福祉士、ケアマネ、介護福祉士などが連携して当事者が地域で安心して生活できるようなシステムを構築し、万が一状態が悪くなっても、数日間から長くても1週間程度の入院として、早く自宅などで生活ができるようにしているのです。なぜ日本は、イタリアなど諸外国と同じように精神医療や制度を変えられないのでしょうか。日本の精神科医療は、昔の形態のまま何十年も立ち遅れていると言われています。

 私が入院をしていた病院の病室から見える所に、何棟ものグループホームを建てて主治医から、退院をしたらそのグループホームへ入所しろと実際に言われたこともあります。そんな、病院の目の前にあるような施設に、ただ移り住むことが病院を退院したといえるでしょうか?国は、数年前から精神科の病院の空いている病室や設備をグループホームなどの施設として使うという、いわゆる病棟転換型居住施設を推し進めようとしています。患者を退院させたことにして、同じ病棟内の施設の居住で住まわせるという形式です。患者や当事者は真に退院できたと思うでしょうか?長期入院の延長線上にしかありません。むしろ長期入院を推奨するかのような制度ではないでしょうか・・・・

 以下、全文は、おりふれ通信373号(2018年10月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

侘び寂びおじさんの徒然日記 その7 夏の日に命の重さ思いけり 侘び寂びおじさんの徒然日記 その7  夏の日に命の重さ思いけり

あっちら

 こんにちは!お久しぶりです。
 今年の夏。本当に暑かったですね。心身共に疲れを覚えたおじさんであります。さて、8月と言えば15日終戦記念日です。15日の西日本新聞に、心打たれる記事が載っていたので要所を転記します。皆さんにも知って欲しいと思ったからです。大分県日田市出身の特攻隊員の話です。
西日本新聞8月15日06時00分〔大分県〕1945年の初夏の晴れたある日、14歳だった高瀬忠義さん(87)は、敵機監視のためにイチョウに設けられたやぐらに登っていた。昼前、特攻隊の中継基地だった福岡の陸軍大大刀洗飛行場の方角から1機の戦闘機が飛来。低空で何度か旋回し、当時は珍しかったキャラメルなどが入った袋をイチョウに向かって投下した。投下後も名残惜しそうに旋回し、最後に機体を大きく揺らして、鹿児島県の知覧の方角へ飛び去ったという。高瀬さんは「両親や故郷への別れを告げに来たんでしょう」と振り返る。
イチョウの近くに住んでいた松井和子さん(79)=同市豆田町=は、投下された菓子の一つを拾った。空から小さな落下傘が舞い降りてきて近くの墓地に落ちた。追いかけて拾うと、両手に収まるくらいのキャラメル1箱が付いていた。「惜別の菓子」と知ったのは、それから数十年も後のこと。知人に教えられ、改めてイチョウを見に行った。「驚きました。後世に伝えないといけませんね」  以上西日本新聞より
本当にやるせない思いに囚われます。当時命を落とした特攻隊員の数は、4000人だそうです。悲しい出来事です。二度とこういうことは、起こしてはいけませんね。
さて8月15日の翌日、16日(この日はエルビス・プレスリーの命日でもあります)になって、「ソウルの女王」として知られるアメリカの女性歌手アレサ・フランクリン死去のニュースが流れました。日本では、あまり大きな扱いはされませんでした。トランプ政権下のアメリカでは、主要なメディアが大きく取り上げています。歌手としての業績は、もちろん途方もないものですが(権威ある音楽雑誌ローリング・ストーン誌に、歴史上最も偉大な100人で第1位に選ばれています。ちなみにアレサの追悼コンサートの旗振り役スティービー・ワンダーは9位、ジョンレノンが5位、プレスリーが3位、ポール・マッカートニーは11位)。彼女は60年代の人種差別に抵抗する公民権運動とフェミニスト運動の象徴的存在でもありました・・・・

 

 以下、全文は、おりふれ通信372号(2018年9月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

 

|

このままでいいのか日本の精神科医療と制度 ~当事者の視点から このままでいいのか日本の精神科医療と制度~当事者の視点から

精神科病棟転換型居住系施設を考える会 成田 茂

   私が、うつ病を発症し職場の上司に勧められ、当時勤めていた印刷会社の会社診療所の心療内科に通院をしたのは、1998年の頃でした。当時の私は、仕事が激務で徹夜の仕事は勿論、午前5時くらいからの早朝出勤、深夜までの残業と、家庭を帰り見ない状況で、果ては心身共に疲れ果て、やがて全てにやる気を無くしている状態で絶えず死を意識した状態でした。「全てに疲れた、この世から消えたい、自分をこの世から抹消したい」という気持ちばかりが働いていました。ついには、自傷行為に走ってしまい、自分を見失った状態に陥ったのです。酒に走り、眠剤の多量服用、意識が朦朧とする中でのリストカット。今思えばこれらの行為は、自分の存在に気付いてほしい、自分を見つめて欲しいという自己アピールに過ぎなかったのかもしれません。何故なら、その時、本当に死んでいたら今の自分はありません。きっと死ぬのが怖かったのだと思います。そんな命との葛藤の中、救いを求めたのは東京都内のとある大学病院の精神科でした。その時の主治医からの勧めで、埼玉県内の精神科病院に入院することとなり、「心と身体を休める」事として入院加療に至ったのが、私にとっての初めての精神科病院病棟への入院治療の始まりでした。勿論その時も医療保護入院の入院形態です。
数か月間の入院生活の後退院ができたのですが、やはり完全に心の霧が晴れませんでした。そこで、都会を離れ生まれ育ち、母親が一人暮らしをしていた北東北の実家に転地療養を兼ねて戻り、地元の精神科のある国立病院に通院をしながら、仕事を探し暮らす日々をおくったのです。その時から、約20年が過ぎましたが、未だに精神科の病院に通院しおります。入退院すること数十回、その全ての入院形態が医療保護入院の入院形態です。
勿論、調子が悪いと自覚して自ら任意入院を希望したこともありましたが、全て任意入院は認められず医療保護入院での入院加療でした。未だに信じられなかった入院には、外来で通院時に妹と病院に行き、最初に私が診察カウンセリングを受け、今はだいぶ落ち着いているから1ケ月後に、また来てくださいと主治医に言われ待合ロビーで待っていた時に、不意に腹痛・嘔吐の症状があり、診察室の主治医に話したところ、「それでは入院をしましょう」と、突然言われ入院に際してこの書類に署名をと言われて出されたのが、医療保護入院承諾書でした。私は、とても違和感を覚え、頑なにその書類に署名することと入院を拒否したのですが、結局押し切られ、閉鎖病棟への入院となってしまったのです。「腹痛嘔吐」で、なんで精神科の閉鎖病棟に、しかも医療保護入院?・・・・

 以下、全文は、おりふれ通信372号(2018年9月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

複雑性PTSDについて

松本葉子

 2018年6月18日、世界保健機構(WHO)の国際疾病分類第11回改訂版(ICD-11)が公表されたというニュースが飛び込んできた。約30年ぶりの改訂になるという。
 このニュースは私にとって、他人事ではなかった。ICD-11には、「複雑性PTSD」が新しい疾患概念として記載されると噂されていたからだ。予想通り、「複雑性PTSD」はしっかりと記載されていた。ついに「複雑性PTSD」が誕生した。
私はその「複雑性PTSD」疑いをかけられた当事者だ。このニュースは、私を想像以上に不安にさせた。やっと自分のアイデンティが認められた!そうは喜べなかった。私は、まだ自分のことを「複雑性PTSD」にされることをかたくなに拒否している。

 順を追って、経緯をお話ししたい。その前に、複雑性PTSDについてICD11から抜粋した簡単な説明を書いておく。
複雑性PTSDは、逃げる事が難しい、もしくは逃げる事が不可能な、極めて強迫的で恐ろしい、長期に繰り返し続く一連の、もしくは1回の出来事(例えば、拷問、奴隷、大量虐殺、繰り返される家庭内暴力、度重なる子供時代の性的または身体的虐待)を受けて生じる障害。
 私は、18歳の頃、「精神分裂病」という診断を受けた。まだ「統合失調症」を「精神分裂病」としていた2001年のことだ。
私は、まだ若く、当時の精神科は、当事者に病名の詳細を話してくれるような場所ではなかったので、私の「精神分裂病」に関するイメージは、その時そこまで悪くなかった。でも自分の「精神」が「分裂」しているとは思えなかったので、違和感は持った。(それが、精神科医療が言う病識の欠如というものだろうか。)
 この時、うけた精神科医療で最も辛かった点は、薬物療法だった。私が何かを訴えると、薬が増えた。薬物療法で、私は口封じをされているような感覚をもった。私を一番初めに「精神分裂病」とした精神科医の顔が私はどうしても思い出せない。そのくらいに、自分の訴えを薬物投与で返されるということは恐ろしいことだと思っている・・・

 以下、全文は、おりふれ通信371号(2018年8月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ 

|

侘び寂びおじさんの徒然日記 その6 2018年世界幸福度ランキングが発表されました

あっちら

 おはようございます。今3月27日の午前10時半。佐川氏証人喚問の真っ最中。悪い展開に心がざわざわしています!心が一気に折れそうです・・・ヤバイ! ここは心を切り替えて。
 今月の半ば、国連から2018年「世界幸福度ランキング」が発表されました。このレポートは、ギャラップ世界世論調査と合わせて、1.国の富裕度、2.個人がどれだけ社会的支援を受けているか、3.平均余命、4.人生の選択肢を広げる自由、5.他者への寛容さ、6.政府の腐敗度に対する認識 の6つの統計学の説明変数(おじさんにはチンプンカンプンです)を分析、数値化したものらしいです。
さて、この2018年世界幸福度ランキング、1位になったのはフィンランド(7,632)、2位がノルウェー(7,594)、3位デンマーク(7,555)となっています。主だったところを述べると、ドイツが15位(6,965)、イギリスが19位(6,814)、韓国が57位(5,835)、暴力的な独裁政治が続くロシアが59位(5,810)、中国が86位(5,246)となっています。アメリカが昨年の14位から下落して18位(6,886)。これには「富で幸福になれるとは限らない」という注釈があります。平均余命が短くなり、社会の不平等が深まり、政府への信頼が低下したと指摘されています。
このレポートの編集者の1人、ジェフリー・サックス氏は、今後アメリカが取り組まなければいけない3つの健康上の問題として、1.肥満、2.ドラッグ(オピオイド危機ともいわれ、鎮痛剤の乱用で中毒者が190万人!大問題になっています)、そして3.うつ病患者の増加(アメリカは抗うつ薬使用量世界一)を上げています。
 そして肝心の日本がどうなっているかというと・・・ 2018年は54位(5,915)でした。昨年は51位、2013年は43位でしたから、下落しています。いろいろと考えさせられます。日本は富と平均余命でトップクラスなのに、綜合すると54位、先進国と言われている国では最下位なんです。でも実感として、やっぱりという思いがあります・・・

 

 以下、全文は、おりふれ通信368号(2018年4月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

より以前の記事一覧