精神障害の娘の転院決定までを振り返って!(後編)

娘の母


7)東京精神医療人権センターの人々との出会い
B病院ケースワーカーの山田さん(仮名)は、話を聞き終えると、東京に人権問題に取り組んでいる団体があるから、まずはそこに相談してみると良いとアドバイスをくれた。一方A病院のPSW田中さん(仮名)にも連絡を取り始めてくれたのだった。

 山田さんと出会って、半月後の4月19日、私は東京精神医療人権センターの事務所を緊張しながら初訪問した。藁にもすがる思いで、夢中で話していた私であったが、皆さん熱心に聴いて、対策を考えてくれたのだった。目頭が熱くなるひとときであった。

  その後もN区は「文書は出せない。診療情報も出せない」の一点張りで、いよいよ何か行動を起こさないといけないと意見が一致。私が2回目の人権センター訪問をした6月21日には具体的な行動計画案が出たのだった。

 ひとつは、まず、A病院にいる娘に人権センターの二人が面会し、本人の意志確認をすること。次に担当のPSW 田中さんにも会い、N区とのやり取り、現状の情報を収集すること。三つ目はN区担当者に人権センターから「本人、家族の依頼で病院間で行う診療情報提供を、福祉事務所が禁ずることはできない」などと電話することを決めた。私も娘に手紙を書いたり、田中さん、山田さんに連絡したりと一週間後に備えて緊張の日々であった。

8)福祉行政の固い壁に風穴が開いた!
 2016年6月29日、人権センターの2人がA病院の娘を訪問してくれた。極度の引きこもりの娘が病室から一人で出て、面談室まで来てくれたことを喜んだ二人だが、娘の表現が「それで良いです」「そうして下さい」と、あまりにも控えめなことに驚いたと後日聞いた。いつもは妹たちのいる京都行きには大きくうなずいて意志を示していたのだが・・・


 以下、全文は、おりふれ通信363号(2017年11月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

精神障害の娘の転院決定までを振り返って!(前編)

娘の母

1)はじめに
娘は、20才で統合失調症を発症し、今年8月38才の誕生日を迎えた。この春東京N区福祉事務所から転院許可が出て、5月には東京のA病院から関西のB病院へ、私の住む近くの病院へ念願の転入院となり、新たな生活がスタートした。
 
 ここに辿り着くまでには様々な困難があり、到底親の私一人の力では成し遂げられなかった。関西B病院PSWの山田さん(仮名)さん、東京精神医療人権センターの皆さんA病院PSWの田中さん(仮名)らの協力、応援がなければ、今尚家族離れ離れの生活が続いていたかと思う。
昨年3月からの一年間は、固い生活保護行政の壁に少しづつ風穴を開けていく日々だったと、今思い出しても胸が熱くなる。応援して下さった皆様と出会う前から抱えていた問題を、振り返って整理してみようと思う。

2)2011年春、N区より東京都郊外への転院を迫られる! 
 娘は、20代でN区の二つの病院で入退院を繰り返し、最後はC病院に7年間入院したままで、すでに30代を迎えようとしていた。長期入院患者として、都郊外への転院勧告を受けてしまった時の、不安と絶望感は今も忘れられない。

 娘は精神障害1級で、障害基礎年金と生保を受けて長く入院生活を続けていたため、N区には転入院できる病院がなく、不便な遠方、郊外にしか候補がないとのこと。つまり、今までお世話になっていた区内のCとD病院の二つは、どちらも“スーパー救急・急性期対応病院”に変わる為、長期入院者を置いておけないとのことであった・・・


 以下、全文は、おりふれ通信362号(2017年10月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

こんどの精神保健福祉法[改正]案は絶対におかしい!!これは精神障害がある人々への政府からのヘイトクライムです

NPOこらーるたいとう     加藤 真規子
 
 2016(平成28)年4月1日、障害者差別解消法が施行された。しかし法制度は定着をしていなかった。2016年7月26日未明、神奈川県相模原市にある障害者施設「津久井やまゆり園」に、元職員のA被告が侵入し、入所者19名を殺害し、27名を負傷させた「相模原障害者殺傷事件」が起きたのである。

 A被告は、2016年2月、「障害者は社会にとって不要な存在だ」とする手紙を衆議院議長宛に書いていた。「障害者はいなくなればいい」と周囲に話すなど障害者に対する歪んだ考えを持っていた。A被告はその行動や主張から優生思想に基づく差別主義者といえるだろう。けれども私は彼を断罪するだけでは、本当の問題は解決しないと考える。彼のような主張を受けとめる土壌が社会に根強く、広がっているという事実と、そのような社会病理に真正面から取り組もうとしない社会や政治の在り様が本当の課題なのだ。ところがA被告を「精神保健福祉法の措置入院をさせ、12日間で退院させた」ということが最重要な問題として、「相模原障害者殺傷事件」の本質の代わりにすり替えられてしまった。事件2日後、安倍首相は、関係閣僚会議を開いて「措置入院のあり方を検討」するよう指示したのである。厚生労働省内に「検討会」が設置された。

 事件後、A被告と同じカテゴリーに入ると思われている人間、すなわち精神障害者、精神科ユーザーの人々が周囲から危険視されていると感じ、勤務や通所ができなくなったという事例も起きていた。大阪教育大学付属池田小学校児童殺傷事件を巧みに利用して、精神障害がある人々、精神科の治療を必要とする人々を弾圧する心神喪失者等医療観察法を施行した政府への恐怖が、いまだ生々しい記憶・現実としてあった。それ故に、私たちは、「相模原障害者殺傷事件」の本質である「優生思想」「少数者へのヘイトクライム」と様々な人々と連帯して闘ってきた・・・

 以下、全文は、おりふれ通信360号(2017年5・6月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

優生思想反対「ないす害」ミーティングに参加しました。

福冨一郎

 優生思想反対「ないす害」ミーティングというのが、3月、4月、5月と3回にわたって行われました。その1回目(3月)と3回目(5月)に参加してきました。場所は雑司が谷にある「池袋がんばれ!子供村」でした。主催者は、NHKのEテレの番組「バリバラ」で行われた「SHOW-1グランプリ」(障害者のお笑い王者決定戦)で過去2回優勝された、TASKE(タスケ)さんです。参加者は様々な方々で、精神科医、新聞記者、会社員、障害者支援事業所の職員、当事者、家族などで、特徴的だったのは、本業とは別に、何かしらの表現者である方々が多いということでした。たとえば、ミュージシャン、朗読詩人、俳優、コメディアン、アーティスト、ダンサーなどです。最初に、企画者本人よりこのプロジェクトの主旨を聞きました。

 「初めまして。優生思想反対「ないす害」※の発起人兼代表を勤めるTASKEと申します。
この度、身体、精神、知的、発達、肢体不自由など軽度から重度まで目に見える、見えないにかかわらず、自分を含めすべての障害者の為に、少しでも障害者も健常者と同じように生き生きと毎日を過ごせるような生活を目指して、今夏に発生した相模原障害者殺傷事件のような「障害者なんていなくなればいい」と言うナチスの優生思想を持った健常者と呼ばれる人種や、いじめ問題などの「真の害」をライブイベントや定例会などを通して少しでも減らす為に「優生思想反対プロジェクト」を立ち上げる事にしました。かく言う自分も、10歳の秋に遭った交通事故の後遺症として、頭部外傷、左動眼麻痺、難聴、右手(片)麻痺など、そして、4半世紀以上診断されなかった高次脳機能障害を今も残しています。活動としては、主旨に賛同して下さった方々とミーティング、ネットなどを通じて情報交換やアイデアを出し合いながら、ライブイベントや講演会などの活動を展開して行けたらと思います。まだ立ち上げたばかりの「ないす害」ですが、今後も宜しくお願いします」・・・

 以下、全文は、おりふれ通信360号(2017年5・6月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

投稿・ヒューマン・クリエイション史

ヒューマン・クリエイション代表 森重寿一


 1996年2月東京の自助グループに参加した。参加を重ねるたびに自然に俺にもこのような自助グループをつくれるかもしれないと思った。早速仲間と自助グループをつくりクリエイションと名を付けた。でもいつ始めようかなとぐずぐずしていた。すると先輩から夜中に電話がかかってきた。ぐずするな自腹でもいいからクリエイション通信をつくり配布しろ。そしていろいろな自助グループや作業所やデイケアや友人・知人をまわってみて配布しろ。そして例会のやり方をいくつかの自助グループを回り勉強して決めろとそれからクリエイションの例会を開催しろとアドバイスをもらった。いま思えば貴重な本当にありがたいアドバイスだった。言われた通りにした。1996年は通信を作り1997年は数十ヶ所のデイケア・作業所・自助グループをまわりクリエイション通信を配布した。1998年には例会を杉並障害者福祉会館で開始。3,4ヶ月で合計4人しか参加者がいなかったのでと当時の「すぎなみ151」(作業所です)のスタッフに相談したら、何故早く言ってこなかったといわれ、同年5月から151に場所を移して例会を始めた。5,6人参加でしばらく長く続いた。とにかく参加者に話させる。聞くだけの参加もかまわない。いつパスしてもかまわない。言いっぱなし聞きっぱなしでひとりひとりに順序よくまわしてテーマに即して語らせる。話したことは口外しない。守秘義務だ。数年間クリエイションはこうして順調につづいた。
 
 変化のあったのは今から約十年位前にクリエイションの開催場所を151から三軒茶屋の障害者支援情報センタープリズムに移動してからだ。もう約十年前の昔のことで移動した理由は覚えていない。プリズムでクリエイションの例会を始めた矢先の初回の例会には五人の当事者が参加してくれた。そのうち1人はのち下高井戸で自助グループを立ち上げた。当事者によるこういったいわゆる自助グループの基本を自分なりに教えたことを覚えている。司会者はとにかく参加者に話をさせるだけ話をさせる事だとかテーマに即してひとりひとりあまりかたく言いっぱなし聞きっぱなしにしない程度に皆にまわして、質問もいいしパスしてもよいし聞くだけの参加でもよい。できる限り楽しく面白い明るい会にして欲しいと自分は話した。そののち一ヶ月後の第二回目のクリエイションの例会からは激減して自分以外参加者は誰もいない日も多くあった。でも誰かが見ている。プリズムのスッタフや関係者などであった。クリエイションへの問い合わせの電話やアドバイスをあくまで仕事だが熱心にしてもらった。あと当時151のスッタフで熱心に助言をしてくれた方もいた。プリズムと関係のあった当時MOTAの施設長だった方に「三軒茶屋では自助グループであるクリエイションには場所があっていないのではないか」といわれよく考えた末約1年半でクリエイションは三軒茶屋から撤退した・・・

 以下、全文は、おりふれ通信359号(2017年4月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

投稿・精神保健福祉法改正について

丘 俊夫

 2016年7月26日、知的障碍者施設『津久井やまゆり園』で19人の知的障碍者が虐殺された。刃物で切りつけたり、刺したりして、殺害は計画に沿って合理的に行われたとされ、強い殺意があったと思われる。容疑者はこのような殺害行為だけではなく、衆議院議長にも手紙を出し、安倍首相あての手紙も自民党本部に持参したという。その思想内容は「日本のために障害者を抹殺する」「生まれてから死ぬまで重複障害者は人をふこうにする」というように、障碍者への憎悪、人間ではないという蔑視など、差別と偏見に満ちている。しかしこの事件については、いまだに容疑者は精神鑑定のための留置中であり、公判も行われておらず、つまり国民の前に事実が明らかになっていないのだ。(編集部注:この原稿は2月14日に編集部に届いたものですが、その後2月24日、植松容疑者は責任能力ありと鑑定され、起訴されました。)・・・

 以下、全文は、おりふれ通信358号(2017年3月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

旅行シーズン到来!  -少しでも安く行くには-

福冨一郎


 私の住んでいる市は、東京の多摩地区にあります。3~4年前に知ったのですが、なんと、旅行に行くとき、障害者に補助金が出るのです。障害者と介助者ひとりあたり、年1回5000円が支給されます。みなさんの自治体にもこのような制度があるかもしれませんね。もしも、見落とされていたら、たいへんな損をすることになるので、調べてみてはいかがでしょう。自治体の広報や障害者向けのパンフレットなどに掲載されていることが多いと思います。役所の窓口で、直接尋ねるのもいいかもしれません。

 障害者手帳があれば、映画は1000円で観ることができるのはご存知でしょうか?その他、有料の公園や博物館、美術館などが無料になったり、割引があったりします。交通機関でいえば、東京都の場合、都営地下鉄、都バス、日暮里舎人ライナー、都電荒川線などが無料で乗れて、私営バスのほとんどは半額で乗れます。また、多くのタクシーが一割引になります。

 無料や割引が可能な施設の一覧は「障害者手帳で行こう」というサイトに掲載されています。

「障害者手帳で行こう」
http://shogaisha-techo.fanweb.jp/

精神障害者手帳で受けられる各種サービスというサイトもあります。

精神障害者手帳で受けられる各種サービス
http://fukushi.webcrow.jp/

 また、高速バスの精神障害者割引はほとんどありませんが、東京アクアラインを通って川崎から木更津へ行くバスなどは、半額になります。高速バスではありませんが、富士急行のバスも手帳で半額になります。とりあえず、割引がないか尋ねてみたら、案外、割引可能だったりします。残念ながら、今のところ航空機とJRは精神障害者手帳による割引はありません。


| | トラックバック (0)

私たちの手で ニュージーランドの当事者運営ショートステイ‐精神病院入院に代わるサービス‐に参加して

全国「精神病」者集団 運営委員・ 
大田障害者連絡会代表 山田悠平

 体調の波は人間につきものですが、とりわけ精神障害者には切実な問題です。精神障害者の僕の経験でも今日の体調が嘘のように翌日には体調が一変することがあります。体調の急変、それ自体が僕には困ることですが、それに対して希望するケアが担保できていないこともまた当事者として困っていることです。というのも、「これは入院が必要なのでは?」という僕の認識に関わらず、医師の判断によって入院が出来ないこともありました。また、自宅から少し離れて環境を変えるために、安易に入院を選んでしまう時がありました。このように自分が受けるケアを選択出来ない状況に課題を感じていました。それは、僕自身の医師とのコミュニケーションの改善というよりも、当事者ニーズに即した社会資源そのものを創ることで解消されると思っています。その折に、『私たちの手でニュージーランドの当事者運営ショートステイ‐精神病院入院に代わるサービス‐』という学習会(2016年3月・東京中野開催)に参加することができました。

 学びの報告の前に講師の新開貴夫さんという人物にフォーカスしてまずは筆を進めさせていただきます。新開さんは国立病院機構熊本医療センターにて精神保健福祉士としてお仕事をしています。しかし、今回の海外での学びは、なんと個人の取り組みとして視察をされたそうです。既存の精神医療体制の代替のあり方を海外にまで足を運ばれて探求されているとのことでした。そのこと自体にすごく感銘を受けたのですが、新開さんが学習会開始早々におっしゃったお言葉が、失礼ながらニュージーランドの実践のお話以上にとても印象に残っていました。「いろいろな海外の良質な実践が、国内の既存の体制の補完として機能しては元も子もありません。」確かに、至極当然のことではありますが、僕には衝撃でした。なぜなら、日本の精神医療体制は部分的な修正での改善ではなく、抜本的な見直しが必要と専門職のお立場でありながらのお言葉だったからです。いや、むしろ良識ある専門職のお立場だからこその大変意義深いご発言に思いました。これは、僕の想像ですが、障害学について造詣が深い一方で、日々現場でのご苦労があり、本来の希求すべき姿からギャップがあったのかもしれません。そのもやもやとした気持ちをひしひしと感じました。

 今回の学習会は、ニュージーランドの社会情勢、福祉制度、労働観、クラブハウスの機能、ピアサポートワーカーなど多岐に及びました。ここでは、ピアサポートワーカーについて学んだことを書きます・・・

 以下、全文は、おりふれ通信350号(2016年5月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

ピアガーデンの紹介

林まさき


 ある夜、中学高校の頃の友人にメールをしたら、デーモンメールが返ってきた。これはその友人に、私からのメールを拒否をされているか、あるいはメールアドレスが変わった事を意味する。あれ、メールアドレス変わったのかなぁ‥‥自分は教えてもらってないなぁ‥‥
私(障がい者)の人間関係や付き合い方が、その友人(健常の人)から見ると、行き過ぎて濃かったのかも知れない。どこか気持ち悪く感じたのかも知れない。そんな事で悩んでる最中、冊子「ピアガーデン」をデイケア時代から付き合いのある仲間から入手できたので、紹介したいと思います――

このピアガーデンという冊子には「リカバリーの庭にようこそ」という副題があります。最近よく耳にするリカバリーとはなんだろうか、自分にとってのリカバリーとはどういう状態になる事なんだろうか、と考える良い機会になり、全国でピアスタッフとして活動する方の生の声が載っています。

「ピア(peer)」とは「対等な関係」「仲間」「同輩」等を意味します。例えば、上司と精神疾患を患っている部下といった関係では、上司のアドバイスを部下が被害的に受け止めてしまったりする事はありがちだと思いますが、同輩(ピア)からのアドバイスなら共感しやすくより素直に話を聴けるのではないでしょうか。「ピアスタッフ」という仕事の内容から、こんな事で苦労するといった、ぶっちゃけ話まで掲載されています・・・

 以下、全文は、おりふれ通信350号(2016年5月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

投稿・香山リカ講演「こころの病は'ひとごと'ではない!」に共感

クリエーション 森重寿一

 トライ・ザ・ブルースカイという北区の自助グループの有志と、クリエーションという杉並区の自助グループの有志で(といっても2人だけだが)、表題の香山リカさんの講演会に参加しました。2016年1月24日、寒かったのですがコンビニで有志と待ち合わせて、練馬区立区民・産業プラザ3Fココネリホールにすんなり着きました。
 主催者の挨拶の後、講演者が現れました。香山リカさんは精神科の医師になって30年。成り立ての頃は精神科を口にするのはタブーだったと言われました。有志は、香山さんはいまどきの若い女性のような気さくな方と言っていました。同感でした。以下、香山さんの話と、自分の考えを取り混ぜて書いてみます。

 香山さんとは同じ年という川島なお美さん(故人)の話が出て、川島ファンとして興味深く聞きました。
「クリスタル族でシャネルやルイ・ヴィトンのブランドでもって東京をカッポする川島さん、他方わたしは田舎から出てきた女子大生、ライバルじゃないが。川島さんは癌が発症したことを公表し、抗がん剤を使うかどうか悩んだ末、使わないで女優として皆の前に出る事を選択しました。入院してブログに、「ちょっと入院しました」と病院のベッドで寝ている写真を載せた。キレイに化粧して、髪もブローしていた・・・

 以下、全文は、おりふれ通信349号(2016年4月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧