韓国憲法裁判所の保護入院憲法不合致決定について

弁護士 長谷川 敬祐

本年9月29日、韓国の憲法裁判所において、精神保健法の保護入院が憲法に合致しないとの決定がなされました。韓国の裁判所の決定とはいえ、日本の医療保護入院の問題と通じるところが多々あると思います。本稿では、韓国の憲法裁判所の決定の概要を紹介した後に、日本の医療保護入院制度の問題について私なりの考えを述べたいと思います。
1 韓国の当該事案の概要
当該事案では、強制入院させられたご本人が、韓国の精神保健法24条の規定により、子ども2人の同意と精神科専門医の入院診断によって精神医療機関に強制入院させられたことについてその違法性を裁判で争いました。そのなかで、精神疾患などの強制入院の可否を保護義務者の同意と精神科医1人の判断に任せている精神保健法第24条が憲法に反するなどとして、憲法裁判所に法律の違憲性の判断を求めました。

2 韓国の精神保健法24条について
韓国の精神保健法24条は、保護義務者による入院を定めたものです。保護義務者2人の同意と精神科専門医の入院の必要性の判断がある場合に、強制入院が可能となっています。その際、精神科専門医は、①入院などの治療または療養を受けるに値する程度の精神疾患にかかっていること、②患者自身の健康・安全や、他人の安全のための入院などを行う必要があることのいずれかに該当すると判断した旨の意見を記載しなければならないとされています・・・

 以下、全文は、おりふれ通信356号(2016年12月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

アジアの精神障害者の社会運動

伊東香純

 精神障害者の社会運動は、1970年代頃から欧米や日本を中心に活発におこなわれるようになった。国際的な動きとしては、1981年に障害種別をこえた組織である障害者インターナショナル(Disabled People’s International: DPI)が結成し、1991年に精神障害者の国際組織である世界精神医療ユーザー・サバイバーネットワーク(World Network of Users and Survivors of Psychiatry: WNUSP)が結成した。WNUSPのメンバーは、結成当初は欧米出身者が中心だったが、2000年代以降アフリカやアジア出身のメンバーの参加も増え、2005年にはアフリカ精神障害者ネットワーク(PanAfrican Network of People with Psychosocial Disabilities)が結成した。アジアのネットワークは、結成が待たれながらもなかなか実現しなかったが、2014年ついに精神障害者をインクルージョンする地域社会変革へのアジア横断同盟(Transforming Communities for Inclusion - Asia: TCI-Asia)が結成した。

 私は、TCI-Asiaに昨年度の後半から通訳係や翻訳係として関わらせていただいており、5月号で山田さんがご紹介された「共生に向けたアジアにおける精神障害者の実践――TCI-A 2015報告事業」にも参加した。
 TCI-Asiaは、障害者権利条約の第19条「自立した生活及び地域社会への包容」の履行の促進を優先事項としている。そして、そのために既存の精神医療の在り方を批判し、精神医療のオルタナティブの実践を自分たちの手でつくることを目指している。日本では、精神障害を理由とした非自発的入院を許容する精神衛生法が1950年に制定・施行された。これが多くの精神障害者が精神病院に閉じ込められているという現状を作り出している大きな要因の一つである。韓国では、1995年に精神衛生法(Mental Health Act)が制定され1997年から施行されて、現在日本と同様に精神病院への収容政策が進んでいる・・・

 以下、全文は、おりふれ通信352号(2016年7月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

私たちの手で ニュージーランドの当事者運営ショートステイ‐精神病院入院に代わるサービス‐に参加して

全国「精神病」者集団 運営委員・ 
大田障害者連絡会代表 山田悠平

 体調の波は人間につきものですが、とりわけ精神障害者には切実な問題です。精神障害者の僕の経験でも今日の体調が嘘のように翌日には体調が一変することがあります。体調の急変、それ自体が僕には困ることですが、それに対して希望するケアが担保できていないこともまた当事者として困っていることです。というのも、「これは入院が必要なのでは?」という僕の認識に関わらず、医師の判断によって入院が出来ないこともありました。また、自宅から少し離れて環境を変えるために、安易に入院を選んでしまう時がありました。このように自分が受けるケアを選択出来ない状況に課題を感じていました。それは、僕自身の医師とのコミュニケーションの改善というよりも、当事者ニーズに即した社会資源そのものを創ることで解消されると思っています。その折に、『私たちの手でニュージーランドの当事者運営ショートステイ‐精神病院入院に代わるサービス‐』という学習会(2016年3月・東京中野開催)に参加することができました。

 学びの報告の前に講師の新開貴夫さんという人物にフォーカスしてまずは筆を進めさせていただきます。新開さんは国立病院機構熊本医療センターにて精神保健福祉士としてお仕事をしています。しかし、今回の海外での学びは、なんと個人の取り組みとして視察をされたそうです。既存の精神医療体制の代替のあり方を海外にまで足を運ばれて探求されているとのことでした。そのこと自体にすごく感銘を受けたのですが、新開さんが学習会開始早々におっしゃったお言葉が、失礼ながらニュージーランドの実践のお話以上にとても印象に残っていました。「いろいろな海外の良質な実践が、国内の既存の体制の補完として機能しては元も子もありません。」確かに、至極当然のことではありますが、僕には衝撃でした。なぜなら、日本の精神医療体制は部分的な修正での改善ではなく、抜本的な見直しが必要と専門職のお立場でありながらのお言葉だったからです。いや、むしろ良識ある専門職のお立場だからこその大変意義深いご発言に思いました。これは、僕の想像ですが、障害学について造詣が深い一方で、日々現場でのご苦労があり、本来の希求すべき姿からギャップがあったのかもしれません。そのもやもやとした気持ちをひしひしと感じました。

 今回の学習会は、ニュージーランドの社会情勢、福祉制度、労働観、クラブハウスの機能、ピアサポートワーカーなど多岐に及びました。ここでは、ピアサポートワーカーについて学んだことを書きます・・・

 以下、全文は、おりふれ通信350号(2016年5月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

イタリア・トリエステへ行ってきました

訪問看護ステーション卵 中嶋 康子

~はじめに~
 昨年9月に全国訪問看護事業協会主催の「イタリア・トリエステの地域精神医療システム視察の旅」に行く機会があった。イタリアはご存知の方も多いと思うが、1978年に180号法(バザーリア法)が成立し精神病院を新しく作ることを禁止し、すでにある病院にも入院させることを禁止し、1980年以降は再入院も禁止した。この180号法の成立を強力に推し進めたのが精神科医のフランコ・バザーリアであり、バザーリアが最初に病院を開放化し生活協同組合を作って入院者を正規の労働者として遇したのが、トリエステの県立病院である。
 今から25年前、日本でもトリエステの実践が紹介され私もぜひ研修に行きたいと希望したが、イタリア語が話せないとダメと言われ残念に思いつつ他へ行ったという経験があった。その後、トリエステは気にはなっていたが情報も多くはなくいつしか遠い所となっていた。それが、訪問看護を初めて10年目に今回の機会を与えられて驚きとともに、想いは出会いを連れてきてくれるという気持ちを強くした。

~スケジュール~
 今回の研修のスケジュールは以下のとおりである。
1日目午前:トリエステ精神保健局本部棟
全体の説明・リハビリ(就労)と住居サービス
   午後:精神科診断治療サービス SPDC(市内病院内)
2日目午前:ドミオ精神保健センター(CSM)
   午後:ラジオ局
3日目午前:アウリジーナ・デイセンター
   午後:精神保健局本部棟:最後の質疑・・・・

 以下、全文は、おりふれ通信348号(2016年3月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

障害学国際セミナー2015@北京 参加体験記

立命館大学客員研究員 安原 荘一(七瀬 タロウ)

昨年11月末から12月はじめにかけて北京で開かれた障害学国際セミナーに参加する機会を得ることが出来ました。障害学国際セミナーと言うのは、2009年度より開始された〈生存研究センター〉(立命館大学)と韓国〈障害学フォーラム〉との連携関係を基礎とし、両国の障害学関連の研究者・当事者を中心として継続されてきた国際研究交流で、2014年にソウルで開かれた際に新たに中国からの参加も加わって、2015年は北京で開催される運びとなったわけです。
 私は当時気になっていた、障害者施設の利用者タイムカード制について、諸外国の人はどう思うのか?聞いてみたかったのと最近海外に旅行する機会がなかったこと、また中国の精神障害者のおかれている事情はどうなっているのかを知りたくて、ポスター発表を応募いたしました。旅費は大学持ち、セミナー中の滞在費は中国持ちと言う大変良い条件でしたので、10月半ば頃から必死で応募書類等を書き、英文ポスター原稿を制作したり慌ただしい日々が続きましたが11月30日に関西空港から北京へと無事なんとかたどり着きました。

11月30日の夜は情報交換会(交流会)で、主に韓国から来た障害学研究者・当事者と交流いたしました。言葉は基本英語です。最近かなりの情報がネットでも得られるようになっていますが、やはり具体的に人とあって交流を深めることは非常に大切だと思います。情報化社会と言ってもあまりに情報量が多いので具体的に何が問題なのか。どのあたりにどうアクセスすれば自分の問題関心にそった情報に出会えるのかは結構わからないものです。

12月1日に障害学国際セミナーが開かれました。会場はなんと北京にあるホテルニューオークラの会議室で私には少し縁遠い世界でしたが、朝9時頃に会場に行って壁にポスターを貼り付けセミナーの開催を待ちました。

さて皆さんご存知のように現在東アジア(日・中・韓)の間には、政治的に大変厳しい対立状況があります。また中国国内でも昨年7月人権派弁護士100人以上が一斉に拘束されるという事件が起きていて、中国政府はNGOや人権擁護団体に対する監視を強めています。今回のセミナーがぎりぎりまで開催正式決定が遅れたのは、このセミナーを実質的に主催したHI(Handicap International)というNGO団体(運営資金はEUから出ている)と中国政府との交渉が難航したと言う事情があるようです。開会のオープニング挨拶で長瀬修客員教授がおっしゃっておられましたが「3ヵ国の政治主導者が最近やっと顔を合わせたのは、嬉しいこと」であり「政治主導者が会わない時にこそ、私たちは会うべき」です、とのことでまずはセミナーが開催されたこと自体に大変意義があったと言えるでしょう・・・

以下、全文は、おりふれ通信347号(2016年2月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

FGC研修に参加して

DPI障害者権利擁護センター 五位渕真美

きっかけ

 2015年7月17日から20日まで、Family Group Conference(以下、FGC)研修 in Tokyoに参加してきました。それまで聞いたこともなかったFGCでしたが、そのタイトルに「支配と強制のない世界へ」とあり、心惹かれたことが事の始まりです。

 幼少期、私は肢体不自由児施設に入所経験があります。障害があるということで地元の幼稚園、小中学校に受け入れを拒否され、また、機能回復訓練で少しでも体がよくなってほしいという両親の強い思いによるものでした。あらゆることが決められ、職員の顔色をうかがう生活に、私はよく「ここは現実ではない。私はずっと眠り続けていて悪夢の中にいるんだ」と夢想にふけっていたものです。思う存分お菓子や御飯を食べたかったし、毎日お風呂に入りたかったし、家族と一緒にいたかったし、もっと勉強がしたかったし、かなえられない望みばかりでした。それを声にできる機会があるはずもなく、自分から発信する力も術も当時は無でした。まさに支配と強制の世界の下、障害者として生まれてきたからにはがんばるしかない、自分さえ我慢すればそれでよいと自分自身を抑圧し続けていたと振り返ります。そして今この時も障害をもつ人の多くは隔離制限された環境での生活を強いられていることを忘れてはならないと常に思っています。

 現在、私はDPI障害者権利擁護センター(注)の相談員をさせていただき、日々、さまざまな障害をもつ方々の電話相談や、場合によっては面談や交渉等の同行も行っています。最近、精神に病気や障害をもつ人たちの継続的な相談が増えています。そこで感じることは、本人に対して、その周囲の人が、本人の理解や納得を得るまで情況の説明ができていないことにより、誤解を生み、それが不信感につながって関係性が悪化するという事例がみられます。もし本人の望む支援を丁寧に聞ける人がいたら…、もし本人を取り巻く現状課題について丁寧に説明できる人がいたら…、本人の生きにくさを軽減できるのではないかとよく考えます。本人と周囲の人たちが、本人の望む支援について同じ理解を得られるようにするものの一つとして、FGCは有効ではないかと思います・・・・

注:DPI障害者権利擁護センターとは
DPI日本会議(障害当事者団体で構成される国際NGO)が個人の権利侵害に対応するため、1995年に設立した権利擁護機関。障害をもつ相談員が自分の体験を活かして、障害当事者の視点から相談に応じている。
 連絡先:03-5282-3138(相談専用)


 以下、全文は、おりふれ通信343号(2015年9月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

エモーショナルCPR(eCPR)体験記

松田 博幸

◆ eCPRとは?
 エモーショナルCPR(eCPR)は、人がクライシス、つまり、心の調子が崩れて自分でなんとかしようとしたがどうにもならない状態にあるときに、周囲の人たち(友人、家族、近隣の人、専門職者、警察など)がどのように本人に関わればよいのかを身につけるためのプログラムである。2008年にアメリカで、精神障害をもつ当事者たちの手によって生み出された。それ以前に、2001年にオーストラリアで作られた「メンタル・ヘルス・ファースト・エイド」がアメリカに紹介されていたが、それが診断名にこだわった医学モデルに縛られたものであることに違和感をもった当事者たちが自分たちの手で生み出したのがeCPRである。CPRというのは、つながること(Connecting)、エンパワーすること(emPowering)、蘇生させる(Revitalizing)という3つの過程を表すと同時に、心肺蘇生法という意味をもつ。つまり、ある人がクライシスにある際に、周囲の人が本人と心と心のつながりをもてば、本人は情緒・感情的に息を吹き返すが、そのようなかかわりがないと命を落とすことにもなるということである。実際、警官から暴行を受けて亡くなるということが北米でも日本でも起きている。また、強制医療を通して命を落とす人もいる。

 私がeCPRに関心をもち、その開発者の一人であるダニエル・フィッシャーさんを訪ねたのは2010年のことであった。ダニエルさんの自宅でeCPRの説明を受け、その根底にある考えがわかってきた。人は、他の人と心と心のつながりをもっている間、自分の心と頭とがつながった状態を維持できるが、トラウマや喪失体験によって心と心のつながりが断ち切られると、自分の心と頭とが切り離されてしまい、それぞれが働かなくなるという考えである。クライシスをそのような状態としてとらえ、人と人との間の心と心のつながりを取り戻すための方法を身につけるためのプログラムがeCPRである・・・・


 以下、全文は、おりふれ通信342号(2015年8月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ


| | トラックバック (0)

eCPRのワークショップを開催して

NPOこらーるたいとう 加藤真規子

1.ワークショップ1日目
 怒涛のような3日間、5月21日院内集会、22日・23日ワークショップを終えて、5月の風は優しかった。町内会館での、コンビニのおむすびやスナック菓子、カルピスやウーロン茶での慎ましい打ち上げが、私は懐かしい。

 本当のところ、eCPRのことはまだよくわからない。しかし「勉強になりました」とかそういうご挨拶のようなことはいってはいけないような気持ちがする。ダニエルさんの期待に応えられなかった私だ。難しかった。

 最初、ダニエルさんは、きっと私は多少eCPRを理解しているのだろうと推測したのだろう。松田さんと私がロールプレイヤーに選ばれた。私は松田さんが初めて、こらーるたいとうにやってきた日の思い出を語った。台風の日で、こらーるたいとうは前日、地区の祭りにでたので、ちらかっていたし、私しかいなかった。私は、残っていたさつま芋を、オーブンで焼いた。焼き芋になるまでに4時間もかかったこと、お土産に祭りで使った手作りの看板を差しあげたこと。松田さんはそれでも大変喜んでくださって、カナダのトロントの当事者活動の場に、「こらーるたいとうはよく似ていますよ」といって下さった。遠い異国の、当事者の人々に親しみを感じた。続けて、私はうつ病になった引き金として、仲間と運営していたグループホームが火事になり、足場が崩れるような思いをしたことを話した・・・

 以下、全文は、おりふれ通信342号(2015年8月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ


| | トラックバック (0)

オランダから届いた声

香澄 海

 日が落ちてもまだ蒸し暑い土曜の夜、オランダから来ているヨラーンさんのお話を聞きに出かけた。ヨラーンさんはレインボーのモヒカンがかっこいい若手の当事者活動家だ。「はじめまして」の挨拶をしに行く参加者とフランクに対応し、来日してからも精力的に講演されている。

 講演や質疑でわかったことは、オランダにも強制入院があること。しかし、強制入院の領域や範囲については、当事者や精神科医の意見を聞いた上で、裁判所が判断するという。また決定がなされた場合でも、精神病院入院以外の選択肢があるらしい。もちろん、不服申し立ても裁判所で扱う。精神科医の同僚審査である日本の精神医療審査会とはかなり様相が異なるだろう。それから、強制入院の要件は精神疾患であることと自傷他害がある場合のみだということだった・・・

 以下、全文は、おりふれ通信342号(2015年8月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

マインドフリーダム・インターナショナル大会報告(その1)

松田 博幸


7月24日から27日まで、アメリカ、コネチカット州のリッチフィールドで開かれた、国際的なアドボカシー団体、マインドフリーダム・インターナショナルの第2回「クリエイティブ・リボリューション大会」に参加してきました。
今回のテーマは、「創造的な革命:オルタナティブを開発し拡げる―大きな変革を実現する」(Creative Revolution: Developing and Expanding Alternatives-Making Big Changes)でした。テーマにあるように、伝統的な精神医療に対する批判的な立場から展開されている実践(オルタナティブ)が取り上げられました。
会場は、アメリカ北東部、ニューイングランドの森のなか、静かな環境に建てられたWisdom Houseと呼ばれる宿泊施設でした。参加者が寝食をともにする4日間の大会でした。アメリカからの参加者が多いようでしたが、カナダからの参加者、イギリスからの参加者、台湾からの参加者もありました。日本からの参加者は私だけのようでした。

主なプログラムは以下の通りでした。
◆ロバート・ウィタカーによる基調講演

◆メアリー・エレン・コープランドによる基調講演

◆分科会
・ソテリア・ハウス
・ピア・ラン・レスパイト(当事者運営のクライシス・センター)
・サンライズ・センター・プロジェクト(再評価カウンセリングの手法を使って、精神科の薬を減らすのを助けるプロジェクト)
・オープン・ダイアログ
・ヒアリング・ヴォイシズ・ネットワーク(声が聞こえる人たちのネットワーク)

◆焦点を絞ったミーティング
・ランディング・ゾーン(内容不明)
・V.I.P.(地域のチャリティ団体やNPOでボランティアとして活動をすれば、活動時間に応じて、心理療法が無料あるいは低額で受けられる仕組みを運営しているNPO)
・eCPR(クライシスにある人と人間的なつながりをもつ方法を学ぶトレーニング)

◆資金提供者によるパネルトーク(民間の活動に助成をおこなっている団体の関係者たちによるパネルトークと質疑応答)

◆各分科会からの報告
 これら以外に、ヨガ、ハイキング、映画会といった企画もありました・・・

  以下、全文は、おりふれ通信331号(2014年9月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧