« 2021年7月 | トップページ

さいたま市情報公開・個人情報保護審査会での意見陳述(2021.7.15)報告

埼玉県の精神医療を考える会  村田京子

 

715日、さいたま市情報公開・個人情報保護審査会で、630調査非開示結果に対する意見陳述を行ってきました。15分と短いので、私からは、「同じ条例に基づきこれまでは開示しているのだから、今回の非開示理由は全く不可解だし、非開示の判断は決して承服できない」「私たちは日本の精神科医療の実情、病院の実態についてあまりにも知らない。知らないがゆえに、当事者やご家族、病院だけにしんどいことを押し付けている。多くの人が実情を知り、問題を共有するために情報公開はとても重要」ということだけ話し、次に佐川さん(鴻巣市家族会会長)がご家族の切実な思いを、星丘さん(埼玉人権センター代表)が病院や福祉施設で働く立場で、杏林大学長谷川教授が専門家として話されました。

5人まで参加できたので(埼玉県では3人)、請求人の私と代理人の髙宮弁護士に加えて、上記お三方に補佐人をお願いしましたが、佐川さんが話されている時は、審査委員も真剣な面持ちで聴き入っている感じ、星丘さんが「精神科病院で働いていた…」と話し始めると顔を上げ、興味を示した様子が伺えました。実体験とその思いがこもった言葉はやはり力があると私も感じました。また事情に精通され広く深い見識に基づく長谷川教授の意見は説得力と迫力があり、また髙宮弁護士が折々理路を正してくださり、最強の布陣だったと思います。1週間ほど前にズームで打合せをし、当日は話す順番や提出資料の確認をしました。

審査委員は5名。会長は大学名誉教授、3名が弁護士、行政経験者が1名でした。15分強の意見陳述の後、委員からの質問がありましたが、弁護士のお一人から、非常に細かい質問が続き、正直驚きました。「資料をちゃんと見てくれているんだ」という嬉しい驚きです・・・

<以下、全文は、おりふれ通信404号(2021年8月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ>

|

NHK「ドキュメント 精神科病院×新型コロナ」を見て思ったことその2

香澄 海

 

 番組を見て特に印象に残ったのは、劣悪な状況に置かれた患者たちの声が無視されていることだった。X病院で酷い褥瘡ができてしまった方がいた。そしてコロナ陽性患者と大部屋に寝かされていた方は、「感染してしまう」と保健所に助けを求めたが無視されてしまった。しかも保健所は病院に対して「なるべく隔離はすること。ただし、個室や空室がない状況ではやらない」「看護室はクリーンゾーン、それ以外の病棟はレッドゾーン」という指示を出していたそうだ。自分の意志で病棟の外に出ることができない患者さん達の恐怖はいかばかりだったろうか。感染は目の前でどんどん広がっていくというのに。

 Y病院では、6人部屋の真ん中にポータブルトイレを置いて外から南京錠で施錠した。あまりのひどさに、胸がつまって苦しくなった。

 この手の番組は、特に入院経験のある仲間にとって「怖くて見られない」「見るのに勇気がいる」ものだ。視聴すると、苦しい入院体験によるトラウマが呼び起こされたり、精神障害者に対する偏見に満ちた言葉を浴びる可能性があるからだ。その仲間の一人が言っていたのは、《患者さん達が叫んでる場面が何ヵ所かある。何故叫んでるのか脈略なく切り取られている。訳もわからず怖いのかもしれない。突然痛い治療をされて苦しいのかもしれない。私たちだって閉じ込められた時「出してくれ」って全力で叫んだ。叫んでるところだけが切り取られて「ああいう人たちは閉じ込めておかないと」と思われるのが怖い。》ということだった。

 日精協会長の山崎氏は、精神科病院は医療だけでなく、社会秩序を担保する、保安までやっているのに診療報酬が安過ぎるとコメントした。患者との信頼関係を築く気がなくて、何が医療なのか。人をその意志に反して閉じ込めることに対して一切の躊躇なく、当然だと考えてやっているのだ。同時に、この発言は、精神保健福祉法の本質を言い当てているとも言える。

  また、松沢病院でコロナ陽性患者の対応に追われている医療従事者には頭が下がる一方、齋藤医師のある言葉に怒りと悲しみと自らの不甲斐なさを覚えた。次々と運び込まれるコロナ陽性患者を送り出している劣悪病院の実態を知りながら、またそこに送り返さなくてはならないことをためらう他の医師に対して、彼はこう言った。

「そうなんだけど、すごく微妙な問題なので、だけど精神科の病院が倒産していって患者さんが放り出されて、世の中はそれを受け入れる素地がないわけだから、その辺の塩梅を見ながらやっていかないと。でも、気持ちはわかる」

 最初にやるべきは、患者さんの意志を確認することじゃないのか。その希望にそって別病院に転院、または退院の方向で動くべきだと思った。その最低限の努力をせずに「素地がない」と何故言い切れるのだろうか・・・

<以下、全文は、おりふれ通信404号(2021年8月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ>

|

「ドキュメント 新型コロナ×精神科病院」を見てその1

ゴン(グループホームスタッフ)

 

 おりふれ通信でも昨年来、精神病院での新型コロナウイルス感染についての記事がいくつか出ていましたが、今回Eテレで東京都立松澤病院を中心としたドキュメントが放送されました。

コロナウイルスの問題は、現在の日本社会の問題を顕在化させるものであるとよく言われています。貧困問題・DV問題等いずれも社会的に弱い人達が十分に安全を守られることなく、支援を受けられず困窮していくという状況です。そして、やはり精神疾患の方達、特に長期にわたって病院に入院している人達が精神病院の閉鎖性から大きな危険にさらされ、現実に感染しているという実態を突き付けられました。

松澤病院の斎藤院長は「精神疾患の方は、そうでない方に比べて身体疾患で受けられる医療は明らかに劣っている」また、「現状であればますますセイフティーネットを細らせていくことになる」と話していました。現実に145病院で4600人が感染したことや、精神科病院で新型コロナに陽性になった方の6割の方は転院できなかったことが報告されていました。今回の取材に答えた厚労省。東京都・保健所は、縦割り行政を体現しており、いったいどこを見ていて何を守ろうとしているのかと愕然としましたし、日本精神病院協会会長の「精神病院は町の秩序を守っている、なくなって困るのは警察と保健所でしょ」という言葉にはいつの時代かと耳を疑うと同時に、日本の精神医療は呉秀三の時代と変わっていないのかと絶望的な気持ちになりました。

このような現状を一体どう捉え、自分に何ができるのかを問うた時に力のなさに悲しい気持ちになりますが、問題に目を背けるのでなくできることをやっていくしかないと思うしかありません・・・

 

<以下、全文は、おりふれ通信404号(2021年8月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ>

|

« 2021年7月 | トップページ