« 裁判傍聴記 | トップページ | 埼玉県630調査 情報公開審査会意見陳述 »

STOP✋精神病院の人権侵害  📖小林信子さんの遺稿集が出来ました!

コミュニティサポート研究所 齋藤明子

 

_1

201931日に亡くなった小林信子さんが、クルクルの髪とちょっとはにかんだような微笑と共に‟みんな”のところに帰ってきました。「遺稿集」の形で。英語とスペイン語が話せた彼女にちなんで『遺稿集』というタイトルも日本語だけでなくスペイン語と英語も付けました。A4版という本としては地図帳並みの大きさで(ちなみに地業研の『東京精神病院事情』と同じサイズです)207ページ、持ち応えだけでなく読み応えも十分なのですが、何せ信子さんが1985年~2010年の12月までの間に様々な刊行物に発表した文章を集めたものであるために、写真が少しあるだけで文字ばかりです。

 出来上がってきた本を見て、漫画世代、文字より写真、そしてコメントと言えば超短文の決めつけ調に慣れた人々に読んでもらえるだろうか、とちょっと不安になりました。編集人として何とか信子さんの主張に引きずり込まれてほしいと、全体の6割近くを占める『おりふれ通信』は1985~、1995~、2000~、2006~と掲載された年代を区切って中扉を付け、信子さんの「寸鉄人を刺す(短いけれども奇抜で適切な言葉によって相手の急所を突く)」言葉を中扉で紹介して、せめてこの言葉があるページは読んで欲しい、と「願」をかけました。よろしくお願いします・・・

<以下、全文は、おりふれ通信403号(2021年7月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ>

 

|

« 裁判傍聴記 | トップページ | 埼玉県630調査 情報公開審査会意見陳述 »