« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

精神病院での新型コロナ感染拡大 人権状況も危機的

有我 譲慶(ありが・じょうけい)


認定 NPO 法人大阪精神医療人権センター理事・看護師

 

精神科入院者がさらされている危機

 新型コロナウイルス感染流行の中、精神科入院者はかつてない危機にさらされている。

1つ目は、精神病院では大規模クラスターが多発し、国内の感染率の4倍ものリスクにさらされている危機。2つ目はコロナ対策の名のもとに面会も外出も極端に制限され、人権状況が危機にある。

 

閉じ込められながら国内感染率の4

 私は「精神科病院・コロナ」などの複数のキーワードによるGoogleアラート検索と病院のWEBサイト、自治体のコロナサイトなどをチェックして、精神病院における新型コロナ感染状況を集計してきた。

 その結果、把握できた分だけで、2021年2月16日時点で、73病院の入院患者を含む院内感染があり21病院では終息していない。陽性患者数2,842人、死亡患者数47人、陽性職員ら802人で合計3,644人だった。報道されない院内感染も多く、病院のサイトのチェックで偶然見つかる事も多い。したがって、すべては把握しきれないが、少なくとも入院患者の感染は国内感染率の4倍、死亡率4倍と驚くべき状況だったのだ。100~200のクラスターとなっている病院ほど、死亡などの転帰や指定医療機関への転院者数を明らかにしない傾向があり、実態の把握は困難だ。職員のみの感染は73病院よりはるかに多く、集計では省いた。

 感染率、死亡率は、東洋経済オンラインの「新型コロナウイルス国内感染の状況」の最新集計から。日本の人口は125,930,000人とし、精神科病院の入院者数は、厚生労働省の「病院報告2018年1日平均在院患者数」より214,956人として計算した。(報道でつかめない総合病院・大学病院の精神病床入院者は含んでいない)

 

大規模クラスターが多発

 患者と職員を合わせた院内感染規模で5人以上が「クラスター」と呼ばれる。1~4人:13病院、5~19人:13病院、20~39人:13病院、40~59人:10病院、60~99人:14病院、100~199人:7病院、200人以上:3病院。私が把握した73病院のうち88%がクラスターであり、40人以上のクラスターは47%にもなる。しかも、100人超が10、そのうち3病院は200人超と爆発的である。しかしほとんどテレビで報道されることはない・・・

<以下、全文は、おりふれ通信399号(2021年3月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ>

|

坂口恭平『苦しい時は電話して』 (講談社現代新書)を読んで

香澄 海

Photo_20210613160901

 この本の帯には著者の携帯電話の番号と「死にたくなるのは懸命に生きてるからーそのエネルギーは、きっと転換できる」という帯文が書かれている。

  例えば、ある事例では「やりたいことが何も浮かばない」という相談者と一緒に「やりたいこと」を探したりする。この本は躁うつ病の当事者で何度も「死にたい」を経験し、これからも悩み続けるだろうと思う著者が、「死にたい」ときのことや、これまでどう対処してきたのか、何故相談電話を始めて10年以上続けているのかが書かれている。

  この本の中で特にハッとさせられたのは、「死にたいことを周囲に漏らすことが大事」というところだ。誰にも「死にたい」なんてなかなか言えない。でも、「死ぬくらいなら、少しくらい迷惑でも」話したらいい、と著者は言う。実際、彼は2人くらいそう言える相手がいて助けられている。それがこの「いのっちの電話」を始めた強い動機でもあった。本家のいのちの電話にほとんど繋がらないと聞いたので、2011年から電話番号を公開して自分で始めることにしたそうだ。(著者の調べによると、2016年5月一月にいのちの電話にかかってきた件数は5万5千件、そのうち繋がったのは3200件で6%)

  死にたい人はだいたい悩み続ける力がある。ただし、ぐるぐる同じところをまわっているだけで疲れ果てて、また自分を否定して、不安の固まりになって、また死にたくなってしまう。自分もそうだ。だから、悩むエネルギーを少しずつ「やる」エネルギーに置き換えていこうと提案する。今日これからの予定とか明日の予定を一緒に具体的に考える。歯を磨くことから始まり、悩む時間も1時間と決めたりする・・・

<以下、全文は、おりふれ通信399号(2021年3月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ>

|

当事者活動するようになった理由

当事者 小峰盛光

 お待たせしました。お待たせしすぎたかもしれません。

 私は精神保健法第27条の規定に基づく診察の結果、同法第29条の規定により、1994年4月14日措置入院になりました。あれから入院退院を繰り返し、通院していました。昼はサウナ、夜は合コンをして何気ない日々を送っていました。しかしある日社会保障改革が始まり、支給額が下がり、手帳の等級も下がり、生活ができなくなりました。困りました。まず、なぜこんな風になるのか、まったく分からなかった。同じ病院に何十年と通院していて、他の当事者との繋がりもないため、これは外に出るしかないと思い、ここから病院探し、医師探しが始まりました。当事者にとって何十年も行っていた病院をやめるということは本当にどうなるか不安だったが、外に出たおかげでいろんな方に会うことができた。

 

 2016年3月、精神医療国家賠償請求訴訟研究会に入会しました。ちょうど精神医療国家賠償請求訴訟研究会のパンフレットができた時期だったので、各集会、当事者会などに配りにいくことになった。ある時、生活保護引き下げ裁判、医療観察法裁判などがあることを知り、東京地方裁判所に傍聴に行き、裁判終了後の報告集会に知識が豊富で発言力のある当事者の方々が来ていて感動した。今までは当事者は病院と医者の言うことを聞くしかないと思っていたが、闘う当事者がいることを知り、「これだ!」と思いました。自分は文句やいちゃもんをつけるのは得意なので、これは楽しいと思うようになりました。これが元気回復プランだ。国が教えてくれない本当の病気回復プランだと思うようになりました。各所を回るのが楽しいです・・・

<以下、全文は、おりふれ通信399号(2021年3月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ>

|

630情報公開運動まだまだ続きます

東京では2019630調査結果はすでに全面開示されていますが、2017年分については、患者一覧表の部分が非開示となり、2019年夏に情報公開審査会に対し不服を申し立てたのに対し、今年1月になって、東京都の決定通り非開示という審査結果が届きました。しかし審査結果の書きぶりに疑問を抱いた弁護士さんの頑張り(東京都に対するオニ電)で、左の新聞記事にあるように、私たちが提出した反論書や意見陳述の場を設けてほしいという要望は審査委員に渡っていなかったことがわかりました。都の情報公開課はお詫びとともに審査のやり直しをするということになったので、さらに待つことになるのですが、私たちの意見陳述の場がもたれるかということが一つの焦点です。というのは、私たちが最初に情報公開請求した1986年には東京でも審査会で意見陳述するのが普通でした。「居眠りしていた審査委員もいた」との報告記事が、おりふれ19868月号にあります。しかし東京都は審査件数が膨大等の理由で、ここ10年以上意見陳述を一切やっていないというのです。昨年1112月合併号で紹介した奈良県の小林時治さんは、その後も情報公開についていろいろアドバイスのメールをくださっています。「奈良県の意見陳述の場で『先生方は、閉鎖病棟へお入りになったことがありますか?』と質問したら、場の雰囲気が変わったという体験をしました。役人と違って案外、世間常識、普通の感覚が通用する場合があります」ということでした。なるほどと思いました。審査委員を居眠りさせてしまうようでは、こちらの失敗ということなのですね。(木村記)

Photo_20210613162001

|

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »