« 障害者ダービー 知的VS精神 | トップページ | <おりふれアーカイブ 今を考えるため過去のおりふれ通信から再掲します>  1996年1・2月合併号掲載  今年のおりふれ通信~新年編集部座談会 »

静岡県における精神科病院監査結果の開示請求について

心の旅の会 寺澤暢紘

 私達の会は心の病を抱えている人もそうでない人も、精神病や精神病院に関心のある人たちのささやかな会です。定例会では心の病を抱える当事者の、病気、障害による生きにくさや、日ごろの悩みを話し合うことが中心になっています。

 定例会で、会員家族の精神障害当事者が身体拘束を受け、主治医から納得できる説明がないまま、退院になったとの報告がありました。そのことをきっかけに2017年に精神病院アンケートを行いましたが、5病院からの回答(15%)に止まりました。

 そこで、精神科病院が安心して治療が受けられる状況にあるのか、精神科病院監査の公文書開示請求を行いました。精神科病院の不祥事や、病院職員による違法行為は、安心して治療が受けられない精神医療の一面です。誰もが安心して受けられる精神医療であるための、精神科病院監査であってほしいと願うものですが、今回の監査結果の開示状況は納得のいくものではありませんでした。

 2017年実施の「精神病院アンケート」

201710月に行ったアンケートで、9月中の身体拘束の有無を尋ねましたが、5病院の回答はなし又は回答なしでした。また、精神保健福祉法の規定以外での拘束の状態として考えられる項目として、2病院で「異食」を上げていました。

回答のなかった29病院に、電話で回答の協力要請を行いました。その結果の概要は以下の通りです。

1 行政、行政関連以外のアンケート等はすべて辞退します。

2 公的病院として回答を控えさせていただく旨の判断となりましたので、今回は見送らせていただきます。(県立こころの医療センター)

3 公的機関でないので、回答すべきものでないと判断した。(PSW

4 上のものが居なくて分からない。本部に問い合わせ中。事務長不在で分からない。

5  アンケートがいっぱいあるので分からない。分かる者が不在・・・

<以下、全文は、おりふれ通信396号(2020年11/12月合併号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ> 

|

« 障害者ダービー 知的VS精神 | トップページ | <おりふれアーカイブ 今を考えるため過去のおりふれ通信から再掲します>  1996年1・2月合併号掲載  今年のおりふれ通信~新年編集部座談会 »