« ミーティング~会うこと | トップページ | 入院中の投票について »

630調査埼玉県情報公開審査の経験からその3     公文書部分開示決定に対する審査請求を担当して

弁護士・社会福祉士 高宮大輔    

 埼玉県で弁護士と社会福祉士をしている高宮といいます。この度、縁あって630調査の情報公開請求の不服申立ての代理人を務めさせていただきました。

 埼玉弁護士会で、高齢者・障害者の委員会の委員をしていますので、仕事上、高齢者の方、障害者の方の案件を担当することが元々多かったのですが、始めから、精神保健福祉の分野に興味を持っていたわけではありませんでした。

 私が、精神科医療に興味を持つようになった、最初のきっかけは、成年後見人業務を担当するなかで、被後見人の方が、精神科病院に入院しているケースに出会ったことでした。

 実際の事案に関わり、精神科病院の中がどんなところか知るようになるまでは、精神科病院は、他科の病院と同じように、精神の病気に罹ってしまった方が精神科病院に入通院し、治療を受けて、病状が改善し退院していると漠然と思っていました。

 しかし、自分が実際に精神科病院に行ってみると、病院の中が他科では考えられないほど汚いところや、主治医が全く納得できる説明をしない病院などがありました。運悪く精神疾患を発症し、たまたまその病院に入院したために、こんな処遇を受けることになるのかと、私は、少なからずショックを受けました。

 その後、精神科病院からの退院請求の代理人を務めるなど精神保健の問題により多く関わるようになりましたが、やはり精神科病院の中には問題がある病院があると感じます。

 この文書では細かくは触れませんが、いろいろ調べる中で日本の精神科医療の問題を知るようになりました。現在の措置入院・医療保護入院といった強制入院制度については、本来強制入院の必要性の乏しい方を拘禁する運用をするものとして、近い将来、ハンセン病などと同じように、憲法問題となるだろうと思っています・・・

<以下、全文は、おりふれ通信393号(2020年7月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ>

|

« ミーティング~会うこと | トップページ | 入院中の投票について »