« 「バリバラ桜を見る会」と2人の訃報 | トップページ | 自粛生活 »

感染の拡大を経験した後の「当事者会」

飯野雄治 リカバリーの学校調布校、減薬サポート情報会議、ピアスタッフネットワーク

私は、公務員として生計を立てる傍ら、リカバリーの学校や減薬サポート情報会議、ピアガーデンなどのイベントを通じて語り合うことで、参加者が人生を取り戻していく機会を楽しんできました。そんな中、この感染拡大の防止のためイベントを休止しています。ここでは、語り合うことの今後を少し考えてみます。

  1. 感染の拡大の経験

私は、台風や地震で混乱した際でも「自己判断のもと、来ることができる人だけで語り合う」と考え、中止しませんでした。しかし、今回は持病のある仲間が買い物さえ怖くてできない様子を想像すると、社会全体で感染の拡大防止に協力し合うべく率先して中止しました。

この騒動で失ったものは多く、特に亡くなった方のことを考えると気分が落ち込んで、やる気が引っ込み、胸のあたりが苦しくなります。それは病気だと考えずに、むしろ正常な反応だと理解します。芸能人とはいえ知っている人が急に亡くなったのに、今まで通りでいる人こそが病気でしょう。自分にも襲い掛かるかもしれないのですから、不安にならない方がおかしいと言えそうです。

得られたものもいくつかあるでしょう。風邪気味だったら無理して出勤せず、他人に移さないよう休むことが同僚への責任だと理解されてきました。働き方が変わりワークシェアリングが進むと、精神疾患がある方が働きやすくなる可能性もあります。オンライン会議が果たす役割も高まるでしょう。

  1. オンライン会議のハードル

オンライン会議の普及は、当事者会にも活用できるので、私も興味がありますが、臆病な私はうまく活用できません。

1つはいわゆるアプリ(ソフト)の安全性の問題です。アプリを使用するとアカウントの利用傾向が統計処理されたり、ログイン情報が盗まれたりする等の不安がまだ払拭し切れていません。ただし、これらはみるみるうちに改善するでしょう・・・

<以下、全文は、おりふれ通信392号(2020年6月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ>

|

« 「バリバラ桜を見る会」と2人の訃報 | トップページ | 自粛生活 »