« 詫び寂びおじさんの徒然日記 その11 | トップページ | 『居るのはつらいよ』を読んで »

630調査埼玉県情報公開審査の経験からその2

編集部から:埼玉県では630調査2017年分の情報公開請求非開示決定に対し、不服申し立て、審査会の開催・口頭意見陳述の後、一部を除き非開示の裁決がされました。東京では口頭意見陳述の場も開かれない可能性大という状況があります。前号村田京子さんの「『情報を守る』ことが『人を守る』ことになるのだろうか」につづいて、同じく意見陳述に参加された星丘さんの体験記を掲載します。

埼玉県の精神医療を考える会  星丘匡史

埼玉県疾病対策課が埼玉県知事上田清司(当時)の名前で、埼玉県情報公開審査会に出した意見書(令和元年6月20日)には、「早い時期に設置された病院には、長期にわたり入院している患者もいるが、近年設置された病院には審査請求代理人が指摘するような長期入院患者は基本的には存在しない。献身的に治療を継続したが入院患者の回復が伴わず、結果的に長期入院になったにもかかわらず、不適切な医療行為が行われているとの可能性を内包して、一般市民に知らせるのは、公平性に欠ける(1)。」とある。

また、『「〇〇症で、X年Y月に医療保護入院になり、現在も入院中の10代の女性である」という情報を、実際に入院に同意した親権者が見れば、自身の子の情報ではないかとの推察が働くことは否定できない(2)。加えて、〇〇症にあたる主診断名が、入院患者の主診断の多くを占めるものでなければ、個人識別まで至る。また、当該情報を身近な者が目にした場合においても、識別まで至る可能性が低いとは言えない。病院への入院や主診断名は、守られるべき個人情報である。その個人情報が、第三者に流出する危険性は、回避すべきである。』とある。

(1)から、埼玉県の精神科病院に対する気の使い方が尋常ではないと感じた。献身的かどうかを判断するのは誰だろう。どの病院を選ぶかは、一般市民が公開された情報をもとに判断することだ・・・

<以下、全文は、おりふれ通信391号(2020年5月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ>

|

« 詫び寂びおじさんの徒然日記 その11 | トップページ | 『居るのはつらいよ』を読んで »