« 入院患者を削減する政策が『退院促進』だった日本! 『病床削減』『病院数削減』とストレートに表現したベルギー! 何を目指し、何に取り組むのかをはっきりさせない限り、改革は結局、 既得権益の保護に終わる | トップページ | グループホーム開設時、周辺住民への説明義務はありません »

「引き出し屋」に精神科病院が連携!?

 引きこもり「支援」と称して、部屋から強引に連れ出し、施設に収容する「引き出し屋」の存在が問題となっている中、報道によると、その「支援」団体の一つである、あけぼのばし自立研修センターが暴行罪、逮捕監禁致傷罪で訴えられた。

  注目すべきは、同時に成仁病院(東京都足立区の精神科病院)の医師ら4人も逮捕監禁罪などで訴えられたことだ。同センターの施設に入所することを地下の部屋に監禁されながら9日間拒み続けた原告を脅し、同病院の閉鎖病棟に入院させたとのこと。原告は3日間に渡りおむつをされ身体拘束され50日間入院させられたという。

  弁護団は同施設の他の人に対する「見せしめ」の可能性も指摘している。訴えられた成仁病院はホームページで電気けいれん療法を喧伝する病院である。もしも強制入院を悪用しているとしたら大問題だ。

  強制入院は当事者にとっては逮捕監禁と変わるところはない。今回裁判になったら、単に「病気じゃないのに入院させられた」を争うものでなく、強制入院自体が問われるような裁判になることを望みたい。(kai)

|

« 入院患者を削減する政策が『退院促進』だった日本! 『病床削減』『病院数削減』とストレートに表現したベルギー! 何を目指し、何に取り組むのかをはっきりさせない限り、改革は結局、 既得権益の保護に終わる | トップページ | グループホーム開設時、周辺住民への説明義務はありません »