« 2019年6月 | トップページ | 2019年9月 »

630調査「非開示」が意味するもの―怒りと願いの灯を絶やすな

DPI日本会議 鷺原由佳

720日に練馬で開催された630調査の非開示についての学習会では、木村朋子さんの講演と活発な質疑応答、意見交換がされました。この機会に学んだこと、日々考えていることなどを、地域で暮らす一人の精神障害者として記します。

■目を逸らすことなんてできない

2018820日付の毎日新聞に掲載された「精神疾患 50年以上の入院1773人 全国調査」を目にした私は絶句しました。鹿児島県の精神病院に55年入院し続けている80歳の女性……気の遠くなるような年月です。想像をはるかに絶することがこの社会で本当に起きていると考えたら、ゾッとして「知らなかったことに」という考えが一瞬、頭をよぎってしまいました。

しかし、今この瞬間も日本の精神医療で起きている現実を見て見ぬふりはできません。生涯のパートナーが閉鎖病棟の保護室に強制入院させられた傷を抱えて生きていること、私の入院当時に男性看護師からセクハラ発言をされ、被害を女性看護師に訴えたら「被害妄想。欲求不満なんじゃないの」と吐き捨てられたこと、身体拘束時に男性看護師に下着を無理やり剥ぎ取られた経験を「自らの恥」として苦しみ続け自ら命を絶つことを選んだ友人と一緒に撮ったプリクラが今も自分の机にしまってあること。これらすべては厳然たる事実なので、「目を逸らすことなんてできない」と、強く自戒しました。

退院から数年後の20代後半で障害者運動の世界と出会ってから、私は自分の知識不足や見識の狭さを痛感してきました。発病前には疑義を唱える余地すら持てなかった「常識」「普通」「慣習」といった既成概念を、根底からガンガンと揺さぶられるような「いい意味での衝撃」をたくさん味わってきました・・・

 

 以下、全文は、おりふれ通信384号(2019年8月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

連載・精神科のお薬の適正使用と回復について いっしょに研究しよう! 第4回 実際はどのように減らしていくのだろう。  

ジャーナリスト&ファシリテータ 月崎時央

 

減らすスピードはできるだけゆっくりが安全

 私が向精神薬の減薬について取材し始めたのは約4年前です。減薬中の方、断薬を終えた方、診断名も年齢もことなる様々な方に会い、インタビューしてきました。

 取材スタート当初、私は「あまり急な減薬はよくないが、案外早く簡単にやめられる人もいるようだ」という印象を持っていました。

 しかし少し長く取材を続け、減・断薬した方々のその後を追って行くと、減・断薬はかなり慎重に行なわないとリスクのあるものだと考えるようになりました。

 2年前になりますが、私は週刊朝日の取材(2017.106)で「多剤処方の減薬」について、田島治医師(杉並区・はるのこころみクリニック院長 杏林大学名誉教授)と千村晃医師(池袋・千村クリニック)を取材しました。この二人の精神科医が向精神薬の減薬に力を入れていることを患者さんの情報から知ったためです。

 二人の精神科医に共通するのは、減薬時における離脱症状の存在を、一般の医師よりかなり広範囲に認める姿勢を持ち、患者が「離脱症状かもしれない」と訴えた症状については否定せずに受けとめ一緒に考え、患者と丁寧に話し合いながら患者の訴えに合わせて薬を減らして行くという点です。実際、実に離脱症状は多種多様です。

 ゆっくり丁寧に減薬するという基本方針は同様ですが、千村医師は特にバランスの良い食生活や運動などの勧め、身体管理と必要に応じてカウンセリングなどの心理療法を取り入れ患者の不安を減らしながら減薬をしていくことを推奨しています。

 そしてスピードに関しては、どちらの医師も1剤でも半年〜1年計画、多剤処方の場合は2〜3年計画を立て、1剤ずつ順番に行う必要があると指摘しています。「薬は増やすより減らすほうが難しい」という2人の医師のコメントが印象に残っています・・・・

 以下、全文は、おりふれ通信384号(2019年8月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

 

|

天野聖子著『精神障害のある人の就労定着支援』を読んで

加藤 明美

本書は、1987年、国立市谷保に共同作業所「棕櫚亭」を設立、後に社会福祉法人「社会就労センターピアス」を開所。精神障害者就労支援のトップランナーを走ってきた、天野聖子氏と、多摩棕櫚亭協会現スタッフによる一冊である。
 題名が硬いなあとお感じの方は、第二部からをお勧めする。なにゆえ著者らが、地域で共同作業所を作り、就労定着・支援という今の形に発展させたか順を追って理解できるからである。

 時は半世紀近く前、とある精神病院のデイルーム。ギターをバックに歌うのどかな時間が、ガラスの割れる音で一変される。
 保護室、インスリンショック、電気ショックが当たり前で、院外作業先も過酷であった時代A精神病院の初代ケースワーカーとしての氏の経験は、この後の活動の原点になったように思う。辛い体験が重なり、無力感を抱き一年で退職。「もう精神病院には行かない。ケースワーカーには向いてない」と決め、スナックママに。「揺籃期」の天野氏である・・・・

 

 以下、全文は、おりふれ通信384号(2019年8月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 2019年6月 | トップページ | 2019年9月 »