« 福島に行って考えていることその三 | トップページ | 天野聖子著『精神障害のある人の就労定着支援』を読んで »

連載・精神科のお薬の適正使用と回復について いっしょに研究しよう! 第3回 減薬の準備について経験談から考えてみよう

ジャーナリスト&ファシリテータ 月崎時央

◇減薬をかなり本気でサポートしてくれる医師はまだ少数

 前回(4月号)は「自分が服薬している薬について知る方法」について考えてみました。自分の処方内容がわかったところで、では次は何をすればよいのでしょう。

 薬を、減らしたり適正な処方にしていくためには、もちろん薬の処方権を持つ医師の協力が不可欠です。しかし実際に患者さんに話を聞いてみると、多くの精神科医が薬を減らすことに必ずしも理解がなかったり、現状の処方を見直すことに慎重な人が多いというのが現実です。

 精神科医の中で薬を減・断薬するためのノウハウや多くの経験を持つ医師は非常に少なく、実際のところ「安全に薬を減らす定番の方法」というのは確立されていないとみてよいと思います。

「減薬をしたい」と患者さんが申し出ると「あなたが今その体調を維持できているのは薬をきちんと服薬しているからです」と答える医師は少なくありません。それは真実の場合もあるでしょうし、本当は「安全な減らし方がわからない」のかもしれません。しかしこの言葉は「現状で我慢してください。生涯飲み続けてください」という意味に聞こえますよね。また「もう少し落ち着いたら考えましょう」という言葉が返ってきて、結局はさらっと無視されることも多いようです。

 最近は医療保険上の処方制限により、医師が向精神薬を減らすことが推奨されていますので、以前より減薬はしやすくなっていますが、減薬には離脱症状が伴う場合が多いため、医師が患者さん一人ひとりに丁寧に向き合い、計画的に行わないとかえって危険な場合も少なくありません。このため安易な減薬や処方変更には注意が必要です。

 

◇自分のできることから準備を始めてみるのも1つの方法

 そこで薬について医師に訴える前に、まずは、身を守る手段として自分でできる準備をスタートすることが有効なようです。経験者から取材した精神科医に頼らずにできそうなことを3つあげておきます・・・・

 

以下、全文は、おりふれ通信383号(2019年6・7月合併号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 福島に行って考えていることその三 | トップページ | 天野聖子著『精神障害のある人の就労定着支援』を読んで »