« 小林信子さんの思い出 | トップページ | 小林信子さんを偲ぶ会へのメッセージ2 スイスジュネーブのT.ハーディングさんから »

追悼 小林信子さん

東京精神医療人権センター事務局長、おりふれ通信の会の前身「精神医療をよくする会」のコーディネーターであった小林信子さんが、去る3月1日に亡くなりました。

小林信子さんを偲んで           弁護士 戸塚悦郎

 

精神病者の再犯防止のためと言って、法務省が保安処分の導入を提案していたときのことです。拘禁を乱用して保安処分施設化していた精神病院群の実態こそが問題、人権擁護のために精神衛生法を改正する必要があると朝日新聞の声欄に投稿したのです。それを読んだ精神医療関係者の方たちが、私の法律事務所を訪ねて来られました。

その中の一人に小林信子さんがおられ、ボランティアとして事務所を手伝ってくださると申し出てくれたのです。薬剤師で、英語もスペイン語もできる有能な方なので、週3日有給で働いていただきました。

精神医療の実態がわからなくては、現実に合わない間違った判断をしてしまう危険があります。小林さんは、精神医療をよくする会を主宰しておられた柏木診療所の藤沢敏雄先生ほかスタッフ、雑誌『精神医療』の編集者吉森次郎氏、病院・地域精神医学会理事長の広田伊蘇夫先生、その他精神科病院や保健所職員の方々など大勢の精神医療関係の専門家とはばひろい交流がありました。そのような専門家との交流と共同作業ぬきでは法改正運動などできるはずもありません。小林さんは、私たち法律家の研究と運動が広がりを保つうえで、得難い働きをしてくれました。そのおかげで、大きな間違いもなく、円滑に研究と運動を進めることができたのです。

国際法律家委員会(ICJ)、障がい者インターナショナル(DPI)、世界精神保健連盟(WFMH)など国連NGOの人権実情調査団を招致したときにも、小林さんは、外国語能力と専門知識を発揮して、活躍してくれました。私たちの長く困難な研究と運動の苦労が実って、1987年9月やっと精神衛生法を廃止し、精神保健法とする立法が実現しました。私は、バーニングアウト寸前の状態で、新法施行段階で、1989年2月法律事務所を閉めました。英国ロンドン大学精神医学院(IoP)に留学すれば、日本の精神保健分野の改革に役立つ研究ができると思ったのです。しかし、そんなに簡単ではありませんでした。
二つの問題がありました。
一つは、英国の教授たちの助言です。IoPの司法精神医学科のジョン・ガン教授は、はやくから「人々の考え方を変える必要がある」と強調していました。保健法専攻のイアン・ケネディ教授は、「やかんのお湯を沸騰させ続けよ」と言うのです。いずれにしても、英国法の解説書の執筆ぐらいでは改革は実現しない、「永久運動を続ける必要がある」というのです。「一介の弁護士ではとても手に負えない」と、身に染みました。「もっと実効的な方法を」と考え、国際人権法の勉強と研究・実践に転換しようと決意したのです。
もう一つは、日本の精神保健・福祉制度を改革するには、精神医療・保健・福祉の優れた専門家が必要なのです。英国留学中に多くの精神医学者、看護師、心理学者、精神保健ソーシャルワーカー、その他の専門職の方々と知り合いました。そこでできる限り多くの日本の専門家に英国の専門家を紹介しようと努力しました。
ところが、小林さんは、得意のスペイン語を生かして、スペイン政府国費奨学生として、自ら留学し、現地の多数の改革運動のリーダーたちと交流したのです。それが、1986年10月で、法改正実現より1年も前だったことは、木村さんの追悼文(おりふれ通信19年4月号)で思い出しました。スペインでは、ラディカルな精神医療の改革が進行中でしたから、それを学ぶ必要があると考えたに違いありません。先見の明があったのです。英国で精神科リハビリ施設を運営していたリッチモンド・フェローシップの現場を体験してもらったのは、そのあとのことです。英国では、指導的な精神科ソーシャルワーカーで、地域精神保健サービス改革に活躍していたエディス・モーガンさん(WFMH会長)にも紹介しました。
 小林さんは、帰国後、東京精神医療人権センターその他の活動に熱心に取り組んだのです。三度日本を訪問した国際法律家委員会のNGO人権実情調査団の受け入れにも活躍されました。国際経験を活かし、来日する海外の精神保健関係者の方々を迎えて、国際的な支援活動を継続したのです。
ICJ訪日調査の中心だったティモシー・ハーディング名誉教授(元ジュネーブ大学司法精神科)は、近年のメールのやり取りで小林さんが体調を崩していることを知り、とても心配しておられました。最近、「小林さんに連絡しても返事がない」と、私に小林さんの健康状態を問い合わせてこられました。小林さんと電話でお話しができましたので、近況をうかがい、教授に連絡したのです。飯田さんから小林さんが亡くなられたとのお知らせをいただいたときには、その直後にお知らせしました。母上の介護が終わったあとで病状が悪化し、自宅療養しておられたことを教授にお伝えしました。「自宅で療養していたのはとても良いことです」「小林信子さんは、本当に勇敢な女性でした」とのお返事がとどきました。
世界的に地域精神保健医療を推進していたモーガンさんは、地域保健医療改革と在宅療養の実践を勧めていました。小林さんは身をもってそれを実践していたのです。
「お見舞いに行きたい」と言っても固辞されてしまいました。あえて病床を尋ねても迷惑かと遠慮したまま、直接感謝の言葉を言いそびれてしまったのが残念です。精神医療と人権のためのボランティア活動に生涯をささげた小林信子さんに深く感謝し、ご冥福をお祈り申し上げます。小林さん、本当にご苦労様でした。

 

|

« 小林信子さんの思い出 | トップページ | 小林信子さんを偲ぶ会へのメッセージ2 スイスジュネーブのT.ハーディングさんから »