« ザ・ニューステージ賞をいただきました! | トップページ

連載・精神科のお薬の適正使用と回復についていっしょに研究しよう!  第2回 減薬の準備のためにまずじぶんの薬を知ろう

ジャーナリスト&ファシリテータ 月崎時央

◇薬の飲み心地の専門家は医師ではなく患者です
 お薬を減らしたり適正な服薬にしていくためには、まず服薬しているご本人が自分の処方されている薬についてしっかり把握、理解することが必要です。
 精神科に通院し処方薬を服薬している患者さんの中には、適正な薬で症状が安定している方もいます。しかし私は、長年当事者の皆さんに取材をしていて、多剤大量処方による副作用に苦しんでいる方のほうが圧倒的に多いと感じています。
 そこでこの原稿は、服薬している当事者の方で、薬のメリットよりも、デメリットである副作用のほうを強く実感し、「なんとか薬を減らせないか」と考えている方のために、書いていきます。
 私は5年間ほど減・断薬した患者さんについて集中的に取材してきました。その結果、「これから薬を減らしたい」という当事者の方は「どの薬をどのような理由で減らしたい」とか「減らした結果どんな風になりたい」というビジョンをまず持つことが減薬による回復の鍵だと考えるようになりました。そしてその前提として「自分は何を飲んでいるのか」を知ることが不可欠だと思います。
 薬について不安や不具合があり「減薬してみたい」と漠然と思っているものの、実際には自分が服薬している薬についての情報や減薬のメリットやリスクを把握していない方が大多数です。
 お薬手帳には薬剤名と処方量と飲み方のほかに、一般的な効果が記載されている場合もありますが、これだけでは服薬している薬の詳細はわかりません。
 また、脳に作用する薬を飲んでいることにより、状況を正確に把握しにくい状態になっていること、多剤処方されている薬が一包化されていることなども「自分は何を服薬しているのか?」、薬の効果と限界がわかりにくいことの原因と言えるでしょう。

◇絶対にしては危険なことは精神科の薬の一気断薬
 ここまで読んで「そんなことを言われても、薬のことは専門家ではないのでよく分からないので先生にお任せしたい」と感じた方がいると思います。
 しかし少なくとも「減薬」を今から実行するなら、患者さん自身が主体的になって「自分ごと」としてしっかり把握し計画する必要があります。取材の経験から考えて、お医者さんであっても、減薬を全面的に人任せにするのは危険です。減薬は、医師側に経験的な知見が不足しており、実は難しい治療であるという現実を知っておきましょう。最近は国が多剤処方を抑制し始めたため、医師は以前より減薬に積極的になっていますが、実は医師による無計画な一気断薬のために離脱症状で苦しむ患者さんが増加しています。一気断薬は最もハイリスクです。「回復の力も希望も自分の中にある」と思うことと同時に「自分の身は自分で守る覚悟」が必要です・・・

 以下、全文は、おりふれ通信381号(2019年4月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« ザ・ニューステージ賞をいただきました! | トップページ