« 追悼 小林信子さん | トップページ | 連載・精神科のお薬の適正使用と回復についていっしょに研究しよう!  第2回 減薬の準備のためにまずじぶんの薬を知ろう »

ザ・ニューステージ賞をいただきました!

おりふれ編集委員 佐藤 朝子

 日本精神科看護協会主催の第26回精神科看護管理研究会に参加しました。場所は滋賀県大津市。滋賀県には初めて行きましたが、京都から2駅で行けることを初めて知りました。滋賀県在住の方々からは琵琶湖は滋賀県の面積の6分の1を占めていることや、関西のおにぎりは味海苔を使ってごはん全体を覆わない、でも海苔巻きは普通の焼きのりだねとか、東京のお味噌汁は赤だしだと思っていたこと、滋賀県には鮒ずししかないなぁ(笑)など、看護とは違う情報も仕入れてきました。

 研修名に「看護管理」とあるため内容は管理に関することで、参加者は看護部長クラスの方が多いのだろうと想像していました。そして、プログラムを見ると2泊3日の合宿タイプで、夕食の時にもイベントがあり、夕食後にも仲間と語り合う時間が設けられているではないですか。他職種の方には「看護の人は熱くてエネルギッシュだね」と言われ、どんな個性派がいらっしゃるのだろうとやや恐怖心を持ち、ビクビクしながら参加しました。
 仕事の関係で2日目からの参加でしたが、前日から参加されている方は夕食で交流し、仲間と語り合う会で交流し、部屋に戻って(4人相部屋)交流し、すでに親密な感じが漂っており、一晩でこんなに仲良くなっているおばちゃんパワーについていけるかなとますますビビッておりました。

 今回の研究会のテーマは「精神科看護の語りと流儀」で、長年精神科看護に携わってこられた方々を講師に、昭和から平成にかけての精神科医療を取り巻く情勢を振り返り、ご自身が大切にしてこられた看護、今後も伝えていきたいことを話されました。50年前の入院患者に対する扱い、看護師は患者に拒否されることは想像していなかったが、拒否されて初めて看護師も考え方を変えなければならないと気づかされたと、今では当たり前のことですが、先人の方々が地道に努力されてこられた結果だったのだなと理解しました・・・

 以下、全文は、おりふれ通信381号(2019年4月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

 

 

 

 

 

|

« 追悼 小林信子さん | トップページ | 連載・精神科のお薬の適正使用と回復についていっしょに研究しよう!  第2回 減薬の準備のためにまずじぶんの薬を知ろう »