« 私のリカバリーストーリー | トップページ | 追悼 小林信子さん »

連載・精神科のお薬の適正使用と回復についていっしょに研究しよう!第1回

ジャーナリスト&ファシリテータ 月崎時央

一気断薬は危険な行為なのでやめましょう
  今回から精神薬のことを連載いただくことになりました。つっきーこと月崎時央です。さて精神科に通っている患者さんやそのご家族なら、精神科の薬の「多剤大量処方」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。日本の精神科における多剤処方は国際的にも問題になっていて、厚生労働省も規制をかけていますが、なかなか改善が難しい問題です。この原稿では「向精神薬の適正処方」というテーマをみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

 お読みいただくにあたり、まず書いておかなければならないことがあります。それは「減薬は時間をかけて少しずつゆっくり計画的に行う」という大事な原則です。精神の薬をたとえ1剤でも衝動的にやめたり一気に断薬することは大変危険ですのでご注意ください。 
 その理由は毎回少しずついろいろな方法で説明していきますが、まず精神科の薬は脳に作用する強力な薬です。「増やすより減らすほうが難しい」とも言われていて、急激な断薬は、不眠や体調悪化だけでなく自殺企図や暴力的衝動などの重篤な症状を起こす場合もあり、ひどい後遺症が残ることすらあります。このため「減薬」は、まず落ち着いてじっくり考え計画してから取り組むべき、いわば年単位の「治療」であることを、最初に心にとどめてください。 

薬に対する考え方が180度変わった回復者との出会い
 さて、以前の私は、家族としてもジャーナリストとしても「精神科の病気は慢性疾患なので医師の処方した薬は例え大量でも一生飲み続けなければならないものなのだろう」と漠然と信じていました。しかしそんな私が、薬についてそれまでと違う考え方をするようになったのは、4年ほど前のある出会いがきっかけでした。「20年近く服薬してきた精神薬を断薬して元気になったんです」と素敵な笑顔で語った30代後半の男性の話しを聞いたとき、私の心の中に「患者さんたちは本当に適正な量の薬を服薬しているのだろうか?」という小さな疑問が芽生えたのです。それ以来、私は薬を減らしたりやめたりして、以前より回復した人を求めて全国各地に取材に行き、50名以上の減・断薬体験者に話しを聞く機会を得ました。私は元気に回復した人が、個々にどんな方法で薬を減らしていったのか、またどんな暮らしの中で回復を得たのかを聞き取り考えてみることにしたのです。
 その結果、確かに急性期には薬で鎮静が必要だったかもしれないが、現在は症状が落ち着き、今ならもっと少量で体調を維持できそうな方、また逆に薬の効果より副作用が強くそれに苦しんでいる方がかなりいることも確信しました。そして同時に精神科の薬を減らす場合には、様々な「離脱症状」がでることが多く、それを乗り越えることがいかに難題であるかもわかってきたのです。

 そこでこの原稿では、精神科の薬の減薬とはいったいどんなことなのか?どうすればうまく回復するのか?といった具体的なノウハウや考え方について、5回にわけて一緒に考えていきます。まず第1回目の今回は、治療経過を振り返って整理してみることから始めましょう・・・

 以下、全文は、おりふれ通信379号(2019年3月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 私のリカバリーストーリー | トップページ | 追悼 小林信子さん »