« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

630調査について東京都との交渉その後

東京地業研 飯田文子

 おりふれNo.376(2018年11月号)で報告した続きです。
 11月9日、前回「どうせ開示されないから」と都側に言われて請求を見送った調査票の5票、6票の情報開示請求をしました。請求書提出時、中村係長他1名の係員と相談しながら請求書を作成したので、全面黒塗りよりは、少しは黒塗りでない部分もある物が出てくるのではと甘い期待をしていました。2週間以内での回答期限に対して11月16日2ヶ月の延期の通知がきましたが、その理由が「本件開示請求に係わる公文書が大量であり」ということでしたので、都は真面目に検討していると考え更に甘い期待を抱きました。今年に入って1月4日、決定通知書が届きましたが、驚いたことに全面非開示の通知書でした。甘い期待は、本当に甘い期待でした。

1月22日、全面黒塗りであろうCDを受け取りに再び都庁にに行き、中村係長他1名の係員と話しをしました。私たちは、誰が、どのような検討をして、どんな理由でこのような決定になったのかを聞く予定で臨んだのですが、中村係長の返答は、木で鼻をくくったような簡単なものでした。「判断は担当課の自分達がした。理由は、文書に書いてあるとおりです。」「時間が掛かったのは、総務部、福祉局、生活文化局の判断を待っていたからです。何の異論もありませんでした。」以上終わりという感じでした。それでも、精神病院協会の圧力や厚労省からの圧力は無かったのかと聞くと「自分達の判断です。」と「それに厚労省の文書は貴方たちが請求している平成29年度については関係ないですよ」と指摘されました。最後に私たちは、今まで保障されていた権利を侵害されたことに対する怒りがあること、27年も前に勝ち取った権利について掲載した「おりふれNo.377(2019年1月号)を渡して帰ってきました。

 ところで開示しない理由についてですが、都が提示してきたのは、「条例第7条第2号」「①特定の個人を識別される可能性があるため。②個人の人格と密接に関わる情報であり、公にすることにより、個人の権利利益を害するおそれがあるため。」ということでした。
 東京都情報公開条例第7条2号をそのまま転記すると「個人に関する情報(第8号及び第9号に関する情報並びに事業を個人の当該事業に関する情報を除く。)で特定の個人を識別することができるもの(他の情報と照合することにより、特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)又は特定の個人を識別することはできないが、公にすることにより、なお個人の権利利益を害するおそれがあるもの。ただし、次に掲げる情報を除く。イ 法令等の規定により又は慣行として公にされ、又は公にすることが予定されている情報 ロ 人の生命、健康、生活又は財産を保護するため、公にすることが必要であると認められる情報 (ハについては略)
27年前と同様にロについて争うこととなるが、今回は、イについても慣行として公にされてきた経過があるので争うこととなります。

|

お薬当事者研究

松本葉子

 2018年12月13日、14日、第61回日本病院・地域精神医学会総会東京大会が、タワーホール船堀で開催された。1日目、交流コーナー「お薬・当事者研究」に関わったのでその思い出を書きたい。

 私は普段は薬剤師として働いているが、18歳からの数年間、抗精神病薬という種類の薬を数種内服していた。薬は、私にとっては副作用ばかりがきつくて、最終的には断薬してしまった。その後、薬剤師になり、薬局で患者さんと接する仕事に携わってきた。仕事をする中で、過去、薬を薬剤師からもらっていた患者としての私の気持ちと、一般的な薬剤師としての役割(患者さんに薬を飲んでもらうことが最終目標になっているような)に、埋められない溝があることに気づいた。さらに、特に精神科においては、薬の効果、副作用について、患者さんの主観的経験がないがしろにされてしまうという事実を目の当たりにした。患者さんが薬を嫌がれば、それは病状が悪化しているサインだとさえされてしまうこともあった。若い頃、自分の意思で薬をやめ、回復してきた私が、一般的な薬剤師としてだけ働くことは難しかった。
 当事者研究はべてるの家ではじまったものだが、薬のテーマにしぼった当事者研究を、二か月に一回ほど、仲間と続けてきた。そこでは、内服当事者の主観的経験をできるかぎり丁寧に表現することを心掛けた。内服当事者の主観的経験に耳を傾けることは、記憶の中の若い頃の私の存在に意味を与える重要な実践だった・・・

 以下、全文は、おりふれ通信378号(2019年2月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

 

|

追悼 七瀬タロウさん

七瀬タロウさんが2月4日亡き人になりました。
私は、いつの頃からかお説教ばばあになっていますが、彼は、その相手の一人でした。
説教相手が一人いなくなりました。 いいだ

僕は初めて彼を知った日や初めて彼と会った日をはっきりと記憶していない。様々な活動を通じていく中で、正直それほど親しくなかったかもれしれないけれど、都内某所へ行った時には挨拶代わりに彼の方から手を差し出してくれ、固い握手を交わした事は今でもはっきりと憶えている。その後何度も一緒に飲んだ事があり、僕の目から見た彼は大変頭が良く、時にズル賢い部分(具体的には割愛させて下さい)もある、でも憎めない兄ちゃんといった印象で、僕がとある手術をして入院していた時、何年も会っていなかったのに誰に聞いたかお見舞いに来て下さって、その時はすごく励まされリハビリを頑張れました。まさか、そのお見舞いで会ったのが最後だなんて未だに信じられない。というか、死んじゃったってまた嘘なんでしょう?チーズなんかを買っていつもの場所で飲みませんか‥‥?  故人のご冥福をお祈りいたします。       林まさき

|

投稿 精神障がい者の労働について

丘 俊夫

 精神障がい者が、就職1年後に同じ職場で働いている割合は49.3%と、身体・知的・精神・発達の4障がい(ママ)の中でも最も低く、精神障がい者の離職率は4障がいの中でも最も高い(朝日新聞 2018年10月1日)。なぜこのように高いのかを、主に病者の視点から考察してみた。
 第一に薬物の使用が挙げられる。マイナートランキライザーを服用しても何もしなければ、眠くなる、口渇などの副作用があり、働く以前に薬の副作用というハンディがある。薬物は鎮静的に作用することが多いため、活動的な労働は長続きしないことが多いのではないか。精神障がい者が疲れやすいというのも、薬物の服用が密接に関連していると思われる。そもそも感覚的に過敏な人がこのような病気になりやすく、その過敏性を和らげる働きが薬物にはあるため、思考、行動が鈍くなりやすくなるのではないか。また私の経験則ではあるが、薬物の長期服用は気分の波の幅をより大きくするような気がする。そして抑うつ症状が長引くことにもつながると思うのだ(だからといって薬物療法に反対というわけではない)。
 第二に障がいの特性が挙げられる。心の病とは「人との関係性の病」とも言われる。病の特徴として、人と人との間に「快」を築くことが難しいという言説を聞いたこともある。例えば労働時間内で、仕事をしている時間より休憩時間中に同僚といることの方が苦手だ、という話を聞いたことがある。何を話してよいかわからずに、対人的な緊張感が増すというのだ。私も分かる気がする。また、症状自体も病名に拘わらず、抑うつ的な症状は出やすく、何年にもわたあって会社という組織で、コンスタントに力量を伸ばし続けることは難しいかもしれない・・・・

 以下、全文は、おりふれ通信378号(2019年2月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »