« 侘び寂びおじさんの徒然日記その8 侘び寂びおじさんの徒然日記その8 侘び寂びおじさんの徒然日記その8 年の瀬が近づきましたね | トップページ | 65歳になっても障害者福祉を利用しよう »

断定的なのに情報の出所不明、編集された二次資料に依拠する?! ―日精協の山崎學会長の『巻頭言』にレッドカード!

一言居女

 本年6月22日の朝日新聞、日本経済新聞、毎日新聞(50音順)に「精神科医も拳銃持たせて」「精神科医に拳銃を」「精神科医に拳銃持たせてくれ」の見出しで公益財団法人日本精神科病院協会が発行する『日本精神科病院協会雑誌』の5月号に「欧米での患者中心医療の外側で起こっていること」のタイトルで掲載された山崎學会長の『巻頭言』へ、「患者や支援者から」(朝日)「専門家や患者の家族から」(日本経済)批判の声が上がっていることが報道されている。毎日新聞は『精神科医療の身体拘束を考える会』がこの『巻頭言』を問題視して集会を開催し、日精協に対し質問状を出したことを報じている。

 まずは原点に当たるのが筋であろうと5月号の『巻頭言』を読んでみた。自分が院長をしている病院の朝礼で行動制限最小化委員会の委員長をしている医師が語ったことを同医師の許可を得て「以下にその内容を掲載する」という文言で紹介している。しかしイギリスの病院では、ニューヨーク州立病院ではとエピソードが立て続けに紹介されているわりには、鶴田医師(協会雑誌の8月号で山崎氏は当該医師の名前を公表している)がいつどのような状況でこのようなエピソードに遭遇したのか、実際には見聞せず病院が映像として見せてくれただけなのか、さっぱりわからない。しかも『巻頭言』にはどこにも鶴田医師の海外研修や海外視察についての言及(期間、訪問国、訪問先等)がない。その結果、一見鶴田医師が実際に欧米で見聞したことのように書かれている『巻頭言』のほぼ全体が、インターネット等から得た映像等、編集された二次資料を基にしているのではないか、と思われてきた・・・

 以下、全文は、おりふれ通信376号(2018年12月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 侘び寂びおじさんの徒然日記その8 侘び寂びおじさんの徒然日記その8 侘び寂びおじさんの徒然日記その8 年の瀬が近づきましたね | トップページ | 65歳になっても障害者福祉を利用しよう »