« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

65歳になっても障害者福祉を利用しよう

精神障害者権利主張センター・絆 山本眞理

 2018年4月14日に65歳になった私は、今も障害者福祉により家事援助月27.5時間(1日上限6時間)およびショートステイ月5日の支給決定を受けている。中野区の方針は65歳になったら介護保険優先を主張し、介護認定を受けても支援不要あるいは65歳以前の支給量が確保されない場合は従前の支給を行う、というものでした。
 私は2018年2月20日に文書を出し、65歳以降も障害者総合支援法を使いたいので申請すること、そして介護保険は申請しないという宣言をしました。
 理由は、精神保健福祉法下のホームヘルパー利用体験により、発病後40年近くなって初めて主治医に「幻覚妄想状態」と診断されるまでに追いつめられたけれど、自立支援法での家事援助を使えるようになってからは入院していないということを説明し、介護保険と精神保健福祉法下の介護は、使わなくなることを目的としたものであり、同様の性格を持っている。障害者福祉の介助とは全く位置づけが違い、介護保険を使うならたちまち病状悪化、そして入院は避けられないことになる。自分の地域生活を守るためには介護保険は使えないという主張をしました。                         
 これを持参して、2月20日骨格提言実現大フォーラムの仲間が同行してくださり、中野区役所障害分野へ。しかしながら障害者福祉の申請書は渡せない、ともかく介護保険認定を受けてくれという対応でした。いろいろな方がアドバイスを下さり、そもそも申請拒否は違法、申請書の書式は決まったものではないはず、書き込んで役所に送りつけてしまえ、ということで、こちらの書式で役所に送りました。
 その結果、ともかく介護認定を受けてほしいがとりあえずということで、4月末に2ヶ月、そして6月末に7月末まで1ヶ月の支給決定が出ました。6月末には担当保健師による調査も受けて、支給決定されました。
 しかし7月26日に区役所に電話すると、7月末で支給を打ち切る、打ち切るのは介護認定を受けないから、必要時間の調査ができないという理由である、却下通知も出せないという対応。それではということでまた同様に障害者総合支援法の申請、その結果7月31日に区役所から電話があり、係長と話し合い支給決定をした。介護保険では出ないとみられる1日上限6時間の支給決定を出す。
 もともと夏の間は体調が良いのでなんとかしのいでいたのですが、その後8月30日に大フォーラムの仲間11名が応援に駆けつけてくださり、中野区交渉を行いました。今現在はなんとかなっていても秋口からの体調不調で入院せざるを得なくなるかもしれない、あたかも介護保険を申請しないことへのペナルティとして支給決定を21.5時間も削るというのは納得できないと迫りました・・・

 以下、全文は、おりふれ通信376号(2018年12月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

断定的なのに情報の出所不明、編集された二次資料に依拠する?! ―日精協の山崎學会長の『巻頭言』にレッドカード!

一言居女

 本年6月22日の朝日新聞、日本経済新聞、毎日新聞(50音順)に「精神科医も拳銃持たせて」「精神科医に拳銃を」「精神科医に拳銃持たせてくれ」の見出しで公益財団法人日本精神科病院協会が発行する『日本精神科病院協会雑誌』の5月号に「欧米での患者中心医療の外側で起こっていること」のタイトルで掲載された山崎學会長の『巻頭言』へ、「患者や支援者から」(朝日)「専門家や患者の家族から」(日本経済)批判の声が上がっていることが報道されている。毎日新聞は『精神科医療の身体拘束を考える会』がこの『巻頭言』を問題視して集会を開催し、日精協に対し質問状を出したことを報じている。

 まずは原点に当たるのが筋であろうと5月号の『巻頭言』を読んでみた。自分が院長をしている病院の朝礼で行動制限最小化委員会の委員長をしている医師が語ったことを同医師の許可を得て「以下にその内容を掲載する」という文言で紹介している。しかしイギリスの病院では、ニューヨーク州立病院ではとエピソードが立て続けに紹介されているわりには、鶴田医師(協会雑誌の8月号で山崎氏は当該医師の名前を公表している)がいつどのような状況でこのようなエピソードに遭遇したのか、実際には見聞せず病院が映像として見せてくれただけなのか、さっぱりわからない。しかも『巻頭言』にはどこにも鶴田医師の海外研修や海外視察についての言及(期間、訪問国、訪問先等)がない。その結果、一見鶴田医師が実際に欧米で見聞したことのように書かれている『巻頭言』のほぼ全体が、インターネット等から得た映像等、編集された二次資料を基にしているのではないか、と思われてきた・・・

 以下、全文は、おりふれ通信376号(2018年12月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

侘び寂びおじさんの徒然日記その8 侘び寂びおじさんの徒然日記その8 侘び寂びおじさんの徒然日記その8 年の瀬が近づきましたね

あっちら

 0月に入り、生活保護法の改正により、生活保護受給者のジェネリック医薬品の使用原則化が定められました。以下、おじさんのところへ福祉事務所から送られてきた通知書です。

後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用原則化について
 ジェネリック医薬品の普及促進については、医療費増加への改善策として、生活保護制度だけでなく、国民健康保険等の医療保険制度も含め、国全体で取り組まれています。
 これまで福祉事務においては、ジェネリック医薬品の利用促進として調剤状況の確認や切り替えのお願いを含め周知をしてきましたが、生活保護法改正により、平成30年10月から、医師または歯科医師が医学的知見に基づき使用を認めている場合に限り、ジェネリック医薬品の使用が原則化されることとなりました。今後、医学上問題がない場合には、ジェネリック医薬品を使用することとなりますので、ご承知おきください。ただし医師等が医学的知見から使用を認めた場合に限りますので、病状等に合った医薬品については、医師及び薬剤師とよくご相談の上、適切な医療を受けてください。

 ほんとうに分かりにくい表現だと思います。早い話が、生活保護受給者は安い医薬品を使えということですよね。
 さて、向精神薬を長年使用していると、色々な副作用に見舞われます。おじさんも例外ではありません。過去にはSSRIの副作用でやたらに怒りっぽく攻撃的になったこともありました。また、長年使用してとても気に入っていた薬で、猛烈なかゆみが伴うアレルギー性の薬疹があらわれたこともあります。こればかりは、実際に薬を使っている当人でなければわからない大変さがあります。
 ジェネリック医薬品の問題点は、ネットで調べればいくらでも出てきます。「下痢をした」「効き目が落ちる」という患者の訴えもあるそうです。ほんとうに厄介な話です。なにより怖いのは、副作用が強く出る可能性が否定できないということです。ジェネリック医薬品に変えるのに不安を感じる人は、主治医に「先発銘柄名処方変更不可」にしてもらいましょう。おじさんもそうしました・・・

 以下、全文は、おりふれ通信376号(2018年12月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ
 

|

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »