« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

複雑性PTSDについて

松本葉子

 2018年6月18日、世界保健機構(WHO)の国際疾病分類第11回改訂版(ICD-11)が公表されたというニュースが飛び込んできた。約30年ぶりの改訂になるという。
 このニュースは私にとって、他人事ではなかった。ICD-11には、「複雑性PTSD」が新しい疾患概念として記載されると噂されていたからだ。予想通り、「複雑性PTSD」はしっかりと記載されていた。ついに「複雑性PTSD」が誕生した。
私はその「複雑性PTSD」疑いをかけられた当事者だ。このニュースは、私を想像以上に不安にさせた。やっと自分のアイデンティが認められた!そうは喜べなかった。私は、まだ自分のことを「複雑性PTSD」にされることをかたくなに拒否している。

 順を追って、経緯をお話ししたい。その前に、複雑性PTSDについてICD11から抜粋した簡単な説明を書いておく。
複雑性PTSDは、逃げる事が難しい、もしくは逃げる事が不可能な、極めて強迫的で恐ろしい、長期に繰り返し続く一連の、もしくは1回の出来事(例えば、拷問、奴隷、大量虐殺、繰り返される家庭内暴力、度重なる子供時代の性的または身体的虐待)を受けて生じる障害。
 私は、18歳の頃、「精神分裂病」という診断を受けた。まだ「統合失調症」を「精神分裂病」としていた2001年のことだ。
私は、まだ若く、当時の精神科は、当事者に病名の詳細を話してくれるような場所ではなかったので、私の「精神分裂病」に関するイメージは、その時そこまで悪くなかった。でも自分の「精神」が「分裂」しているとは思えなかったので、違和感は持った。(それが、精神科医療が言う病識の欠如というものだろうか。)
 この時、うけた精神科医療で最も辛かった点は、薬物療法だった。私が何かを訴えると、薬が増えた。薬物療法で、私は口封じをされているような感覚をもった。私を一番初めに「精神分裂病」とした精神科医の顔が私はどうしても思い出せない。そのくらいに、自分の訴えを薬物投与で返されるということは恐ろしいことだと思っている・・・

 以下、全文は、おりふれ通信371号(2018年8月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ 

|

精神病院全廃から40周年のイタリア・ボローニャを訪ねて vol.2  ~精神病院を廃止した国イタリア 治療と働く喜びは回復に必要な車の両輪

ジャーナリスト 月崎時央 tokio tsukizaki

 私は2018年5月、バザーリア法により精神科病院が全廃されて40年目のイタリアのボローニャを訪れ精神保健福祉を視察した。隔離や身体拘束について考えた前回に続き、今回は回復と労働について考えてみたい。
 精神障害を持つ人々が地域で尊厳を持ち暮らすために必要な要素は、住まい、仕事、そして社会の受け入れの3つであることはどの国でも共通だ。 ボローニャの精神保健局は市内に11の精神保健センターを持っている。
Photo  
 各保健センターには、医療職の他に福祉関係の支援者が複数いて当事者の地域での暮らしを支援する。当事者本人の全体的な支援に関わる職種がエデュケーターと呼ばれ、ソーシャルワーカーは就労関係のコーディネイトを専門に行う役割のようだ。エデュケーターやソーシャルワーカーなど福祉職には毎年50回もの研修が保健局より義務づけられ、当事者の人権を守るための教育が徹底される。「長年同じように働いているとつい緩んでしまいますからね」と担当者。

当事者は希望だけでなく
責任も持って就労に向かう

 今回は、当事者を取材する機会はなかったので、主に支援者側からの就労支援について書いてみたい。ボローニャでの支援は、本人がどんな仕事をしたいのかを丁寧に話し合うところから始まる。次にそれを実現するための計画や教育プログラムが検討され、職業教育などにかかる費用の具体的な見積もりも本人や家族に提示される。公が負担する多額な支援費を見える化することで、当事者にも自覚と責任が生じるという。 就労先は一般企業の場合も精神障害者のための社会協同組合の場合もある。イタリアの企業には、障害者だけを集める特例子会社のような仕組みはなく、普通の労働者に混じって働くことになる。初期には支援員がついて、職場の安全性の確保や仕事の基礎を一緒に行いながら雇用を安定させていく。障害者であることをカミングアウトする場合もしない場合もある。就労定着のための過程は日本と大きな差はないようだ。

エコロジーとアートのマインドで
運営される社会協同組合

 ボローニャ市郊外にあるEATBETA(エータベータ)は精神障害者の職業訓練や就労支援を行う社会協同組合で、木工製品やガラス工芸の他、布おむつの宅配業務を行なっている。日本でいう作業所や授産施設にあたるが、製品のレベルは市販品以上。特に工房で制作される食器の美しさは格別だ。未経験の当事者でも、本人が望めば、レベルの高い一流の専門家から技術を時間をかけて学ぶことが可能だ・・・・

 以下、全文は、おりふれ通信371号(2018年8月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

改めて、広島

佐藤朝子(看護師)  

 夏休みを利用して広島に行って来ました。7月の豪雨で被災した広島に観光旅行に行っても良いものか悩みましたが、すでに予約してあるホテルをキャンセルするよりも、食事したり、お土産を買ったりすることで現地にお金を落として来ようと思い行くことにしました。
広島駅に近づくと山並みが多くなり、ところどころ土砂崩れを起こしている場所が確認でき、災害を身近に感じました。広島に着いてから交通事情を確認し、まずは宮島に行くことにしました。ホテルで「宮島に行く船は2種類あるけど、JRの船に乗ると大鳥居の近くを通るのでそちらがおすすめです」と教えられた通りにJRの船へ乗船しました。ほとんどのお客さんが欧米の方々で、大鳥居が近づくと皆さんスマホを取り出して撮影タイムです。そうこうしているうちに10分で到着。ちょうど干潮で大鳥居まで歩いていける時間だったのでそばまで行ってみました。鳥居の土台にはびっしりと貝がはびこっていたのですが、その貝のすきまにたくさんの硬貨が貼られていました。満潮になったときに流れたと思われる硬貨は地面に落ちていました。
 厳島神社に奉納されている絵馬に「病気が治りますように」とか「高校に合格できますように」など書かれている中に「看護学校を無事卒業し、りっぱな看護師になれますように」と書かれているものを発見し、私たちは「がんばって!」と絵馬に向かってエールを送ってきました。
その後宮島にある弥山(みせん)に登ってみました。ロープウェイを二つ乗り継いでいき、そこから頂上までは歩きです。結構急な坂で、普段登山なんかしない私たちは翌日の筋肉痛を心配しながら登りました。「くぐり岩」という、自然にできた岩の下を通って行くのですが、こんなに大きな岩が山の上にあることに驚き、汗だくになりながらも、自然の神秘に感動しました・・・

  以下、全文は、おりふれ通信371号(2018年8月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ 

|

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »