« 概論カフェまあん「精神医療のむかし・いま・・・未来をどうする!」 ~看護士・五味金次さんのお話を聴きながら~自分の看護を重ねる | トップページ | 改めて、広島 »

精神病院全廃から40周年のイタリア・ボローニャを訪ねて  ~精神病院を廃止した国イタリア 精神保健福祉改革に必要なのは人々の対話とハグの力だ

ジャーナリスト 月崎時央 tokio tsukizaki
   
 2018年5月13日から20日の1週間、私はイタリアのボローニャを訪れ現地の精神保健福祉を視察した。
 私が参加したのは『東京ソテリア2018都市交流ツアー』と題する研修旅行だ。東京ソテリアは東京都江戸川区のNPO法人で地域活動とともにボローニャの精神保健福祉と交流を続ける団体。今回は『イタリアボローニャで考えるバザ—リア法40周年記念イタリア精神保健の現在と日本のこれから』がテーマだ。

日本とイタリアの
精神保健福祉は何が違うの?
 私がきょうだいの発病をきっかけに精神科の取材を始めて25年あまりの月日が流れた。しかし日本の精神医療は隔離収容、拘束、多剤大量処方など深刻な人権問題を抱えたまま迷走している。私はずっと「精神科病院の改革」を求め執筆活動をしてきたが、最近は精神科病院という存在自体に疑問を感じ、「改革ではなく廃止が必要」と考えるようになった。そして今回はイタリアで全廃できた理由を知るために研修ツアーに参加してみた。
 イタリアの精神保健の実践を見て特に印象深かったのは、1、誰もが対等に対話し触れ合うこと、2、人間を中心に支援を組み立てること、3、労働が回復に重要なことと位置付けていることの3点だ。これについて二回にわけて書いていきたい・・・

 以下、全文は、おりふれ通信370号(2018年7月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ 

|

« 概論カフェまあん「精神医療のむかし・いま・・・未来をどうする!」 ~看護士・五味金次さんのお話を聴きながら~自分の看護を重ねる | トップページ | 改めて、広島 »