« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

措置入院の制度改革に思うこと

山本則昭

 3月6日に行われた「シンポジウム 精神障がい者の医療と福祉はだれのものか-措置入院の制度改革について考える-」(日弁連主催)に参加した。

 今回の精神保健福祉法の改訂案は、相模原事件をうけて設置された「相模原市の障害者施設における事件の検証及び再発防止策検討チーム」の提言に基づくものである。「これからの精神保健医療福祉のあり方に関する検討会」の「報告書」(2月8日)もこれを踏襲している。2月24日、事件の容疑者は鑑定の結果「責任能力あり」とされ起訴されたが、その結果を待たずに改訂案は取りまとめられた。その肝は措置入院の「改正」であり、当初から一定の意図をもって用意されたことは明白である。その主な「改正」点を確認しておく。
1、措置を行った都道府県等は措置入院中から退院後支援計画(退院後の医療その他の援助についての計画)を作成しなければならない。
2、措置入院先病院は、医療保護入院と同様、退院後生活環境相談員を選任し、患者の退院に向けた支援を行う。
3、退院後支援計画作成都道府県等は、退院後、患者が居住地を移したとき、移転先の都道府県等に必要な情報を通知しなければならない。
4、都道府県等は関係行政機関等により構成される精神障害者支援地域協議会を設置し、退院後支援計画等作成に関する協議及び実施に係る連絡調整を行う。

 入院中の丁寧な治療や処遇は結構だが、それは従来の法制度の枠内でも十分可能である。問題は、むしろ退院後である。措置解除された後の地域生活をどこまでも追いかけて「支援」を行えることになっている。「支援」というと一見聞こえはいいが、その実は管理であり、監視だ。期限も明文化されていない。措置入院中であれば、一応は退院請求や処遇改善請求があるが、措置入院歴のある地域生活者には不服申し立て権の定めもない。一方「精神障害者支援地域協議会」には関係行政機関に情報提供を求める権限が与えられている。

 要するに、一旦措置になったら簡単に退院をさせない、退院後も地域管理を継続することが趣旨であり、他方でいかに「共生社会の推進」を謳っても理念倒れでしかない。鑑定結果を待たずに上記のような措置入院の改訂案を作り上げたのは、「今回の事件は精神疾患によるものであり、措置入院を厳しくして監視をすることで防止対策としますよ」という国民へのメッセージである。3月6日の集会のシンポジウムで皆が一致して批判していたのが「精神医療を治安の道具にしている」というものだった・・・

 以下、全文は、おりふれ通信359号(2017年4月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

3.6日弁連シンポジウム「精神障がい者の医療と福祉はだれのものか」に参加して

里見 勉

 3月6日、日比谷図書文化館日比谷コンベンションホールにて行われた、日本弁護士連合会が主催の「精神障がい者の医療と福祉はだれのものかー措置入院の制度改革について考えるー」というシンポジウムに参加をしてまいりました、今回のテーマ「精神障がい者の医療と福祉は誰のものか」という問いに対しての私の「解」は、その当事者が意思決定をしていけばいいものだと思っております。またその支援者と呼ばれる他人は、そこに寄り添うことくらいでいいのではなかろうか(それくらいしかできないだろう)とも思います。

 さて当日のプログラムには日弁連の東奈央氏からの「措置入院制度の改革について」という特別報告と、国立精神・神経医療研究センター病院医師である松本俊彦氏からは「これからの措置入院制度のあり方ー検討チームの一人として考えたことー」、神戸学院大学教授の内田博文氏からは「日本における強制隔離・収容政策」という2本の基調講演がありました。さらには休憩時間を挟んで読売新聞大阪本社の原昌平氏と日弁連の姜文江氏を加えての「精神医療の役割とは」というパネルディスカッションもありました、こんなに盛沢山なシンポジウムでしたが、私は非常に有意義な3時間を過ごしました・・・

 以下、全文は、おりふれ通信359号(2017年4月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

投稿・ヒューマン・クリエイション史

ヒューマン・クリエイション代表 森重寿一


 1996年2月東京の自助グループに参加した。参加を重ねるたびに自然に俺にもこのような自助グループをつくれるかもしれないと思った。早速仲間と自助グループをつくりクリエイションと名を付けた。でもいつ始めようかなとぐずぐずしていた。すると先輩から夜中に電話がかかってきた。ぐずするな自腹でもいいからクリエイション通信をつくり配布しろ。そしていろいろな自助グループや作業所やデイケアや友人・知人をまわってみて配布しろ。そして例会のやり方をいくつかの自助グループを回り勉強して決めろとそれからクリエイションの例会を開催しろとアドバイスをもらった。いま思えば貴重な本当にありがたいアドバイスだった。言われた通りにした。1996年は通信を作り1997年は数十ヶ所のデイケア・作業所・自助グループをまわりクリエイション通信を配布した。1998年には例会を杉並障害者福祉会館で開始。3,4ヶ月で合計4人しか参加者がいなかったのでと当時の「すぎなみ151」(作業所です)のスタッフに相談したら、何故早く言ってこなかったといわれ、同年5月から151に場所を移して例会を始めた。5,6人参加でしばらく長く続いた。とにかく参加者に話させる。聞くだけの参加もかまわない。いつパスしてもかまわない。言いっぱなし聞きっぱなしでひとりひとりに順序よくまわしてテーマに即して語らせる。話したことは口外しない。守秘義務だ。数年間クリエイションはこうして順調につづいた。
 
 変化のあったのは今から約十年位前にクリエイションの開催場所を151から三軒茶屋の障害者支援情報センタープリズムに移動してからだ。もう約十年前の昔のことで移動した理由は覚えていない。プリズムでクリエイションの例会を始めた矢先の初回の例会には五人の当事者が参加してくれた。そのうち1人はのち下高井戸で自助グループを立ち上げた。当事者によるこういったいわゆる自助グループの基本を自分なりに教えたことを覚えている。司会者はとにかく参加者に話をさせるだけ話をさせる事だとかテーマに即してひとりひとりあまりかたく言いっぱなし聞きっぱなしにしない程度に皆にまわして、質問もいいしパスしてもよいし聞くだけの参加でもよい。できる限り楽しく面白い明るい会にして欲しいと自分は話した。そののち一ヶ月後の第二回目のクリエイションの例会からは激減して自分以外参加者は誰もいない日も多くあった。でも誰かが見ている。プリズムのスッタフや関係者などであった。クリエイションへの問い合わせの電話やアドバイスをあくまで仕事だが熱心にしてもらった。あと当時151のスッタフで熱心に助言をしてくれた方もいた。プリズムと関係のあった当時MOTAの施設長だった方に「三軒茶屋では自助グループであるクリエイションには場所があっていないのではないか」といわれよく考えた末約1年半でクリエイションは三軒茶屋から撤退した・・・

 以下、全文は、おりふれ通信359号(2017年4月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

「リカバリーの学校」のこれまでとこれから(後半)

リカバリーの学校調布校 主宰 飯野雄治

 私は、調布市(東京都)で、リカバリーの学校調布校という学習会を運営しています。先月に引き続き、このリカバリーの学校について紹介します。

2.リカバリーの学校が生まれた頃
精神保健分野の勉強会を企画する側に混ぜていただいた際に、「当事者とともに」等のコンセプトが積極的に語られるにもかかわらず、勉強会の対象は支援者に限定されてしまう瞬間に立ち会いました。精神疾患がある方向けの勉強会といえば、デイケア等で行われる心理教育プログラムがありますが、その「教科書」を見る限り、病気のことやストレス脆弱性モデルが解説され、薬が「ダムの壁」を高める等の説明があり、体調がよくなった後も薬を飲み続けなければ再発という怖いことが起きますと脅されるようなものでした。かろうじてリカバリーという言葉を取上げたページもありますが、具体的なイメージを提供する情報はなく、遠いアメリカの夢物語かのような印象を与えるものです。

 リカバリーの学校は、当初は、IPSという就労支援プログラムをリカバリーキャラバン隊というチームの一員として紹介する勉強会の延長として開始されました。つまり、IPSを理解し、実施するにはリカバリーやその周辺概念を紹介する必要があったわけです。心理教育は患者が「主体的に療養生活を営めるように」実施されるものだと定義される一方で、IPSは、ひとりの市民として「働く人」という役割を得ることで精神疾患患者としての役割から離脱することを支えるものです。前者は、いわば薬を自分で飲むという良い患者を生み出すことが目的なのに対し、後者は患者という役割を離れることを支えるものです。リカバリーの学校の主眼は、明らかに後者にあります・・・

 以下、全文は、おりふれ通信359号(2017年4月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »