« 兵庫県独自の措置入院者の継続支援 | トップページ | 冊子「2013年データから見た埼玉の精神科病院」ができあがりました! »

初めて見た拘束にショック!!

香澄 海 

 人権センターに松沢病院に入院中の方から連絡があり、会いに行った。

 ピカピカの広い廊下を通って閉鎖病棟のインターフォンを押す。看護師が迎えにきて、カードキーで二重扉を開けていく。先立って歩く男性看護師は「今ね、拘束しているのでね」と事もなげにスタスタ歩きながら言った。後ろからついていったので、その表情までは見ることはできない。「拘束?」 本人から一人で歩くこともままならない状態なので、歩けるようリハビリしていると聞いていたがと、いぶかりながら病室に入ると、本人は両手両足、胴を拘束帯で固定されていた。私は初めてのことだったのでとてもショックを受けた。一緒に行った先輩相談員が名乗ったので、私も名前だけ言って頭を下げる。ここに居て良いのだろうかという思いを抱く。看護師は私たちの目の前で、てきぱきと拘束を一つひとつはずしていく。

 別室で話すことにして、車椅子を押して移動した。聞くと、一週間前から手を、昨日から両足を縛られたということだった。食事のときだけは解いてくれる、オムツを着用させられているという。一人で歩けないほど弱った人を拘束する必要があるのか、病院ではトイレ介助してくれないのか、そんなに長い間の拘束をしたら筋肉が尚のこと無くなってしまうのではないか、私の中で様々な思いが交錯した・・・

 以下、全文は、おりふれ通信356号(2016年12月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 兵庫県独自の措置入院者の継続支援 | トップページ | 冊子「2013年データから見た埼玉の精神科病院」ができあがりました! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/64646539

この記事へのトラックバック一覧です: 初めて見た拘束にショック!!:

« 兵庫県独自の措置入院者の継続支援 | トップページ | 冊子「2013年データから見た埼玉の精神科病院」ができあがりました! »