« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

奈良県・福祉医療実現への足取り-奈良県家族会連合会奥田和男会長の資料から

編集部から:「マインドなら」(現在は惜しくも休刊中です)というミニコミがあり、おりふれ通信編集部あてに送っていただいたものを楽しみに読んでいました。そこでかなり以前から奈良県の精神障害者医療費助成運動について報告がされていました。今回、「マインドなら」編集者の小林時治さんに、運動の経緯やこれからの課題などを書いていただきたいとお願いしたところ、詳細な資料が送られてきました。
以下に、編集部による抜粋を載せますが、詳しくは6月下旬に発行された300頁を超える『運動の記録』(問い合わせ・注文は、奈良県精神保健福祉ボトムアップ連絡会 Tel/Fax 0472-55-2301)を購入の上ご参照ください。(頒価2000円)

 奈良県の精神障害者福祉医療は、精神保健福祉手帳1級、2級所持者に対し、全診療科の入院・通院に、身体・知的障害者の福祉医療制度と同じ助成をするものですが、6月末現在、橿原市を除く11市と全27町村で実現、もしくはそのメドがつきました。橿原市も前向きに検討中と言われ、2017年度には100%実施の見込みです・・・

 以下、全文は、おりふれ通信352号(2016年7月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ


| | トラックバック (0)

アジアの精神障害者の社会運動

伊東香純

 精神障害者の社会運動は、1970年代頃から欧米や日本を中心に活発におこなわれるようになった。国際的な動きとしては、1981年に障害種別をこえた組織である障害者インターナショナル(Disabled People’s International: DPI)が結成し、1991年に精神障害者の国際組織である世界精神医療ユーザー・サバイバーネットワーク(World Network of Users and Survivors of Psychiatry: WNUSP)が結成した。WNUSPのメンバーは、結成当初は欧米出身者が中心だったが、2000年代以降アフリカやアジア出身のメンバーの参加も増え、2005年にはアフリカ精神障害者ネットワーク(PanAfrican Network of People with Psychosocial Disabilities)が結成した。アジアのネットワークは、結成が待たれながらもなかなか実現しなかったが、2014年ついに精神障害者をインクルージョンする地域社会変革へのアジア横断同盟(Transforming Communities for Inclusion - Asia: TCI-Asia)が結成した。

 私は、TCI-Asiaに昨年度の後半から通訳係や翻訳係として関わらせていただいており、5月号で山田さんがご紹介された「共生に向けたアジアにおける精神障害者の実践――TCI-A 2015報告事業」にも参加した。
 TCI-Asiaは、障害者権利条約の第19条「自立した生活及び地域社会への包容」の履行の促進を優先事項としている。そして、そのために既存の精神医療の在り方を批判し、精神医療のオルタナティブの実践を自分たちの手でつくることを目指している。日本では、精神障害を理由とした非自発的入院を許容する精神衛生法が1950年に制定・施行された。これが多くの精神障害者が精神病院に閉じ込められているという現状を作り出している大きな要因の一つである。韓国では、1995年に精神衛生法(Mental Health Act)が制定され1997年から施行されて、現在日本と同様に精神病院への収容政策が進んでいる・・・

 以下、全文は、おりふれ通信352号(2016年7月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

旅行シーズン到来!  -少しでも安く行くには-

福冨一郎


 私の住んでいる市は、東京の多摩地区にあります。3~4年前に知ったのですが、なんと、旅行に行くとき、障害者に補助金が出るのです。障害者と介助者ひとりあたり、年1回5000円が支給されます。みなさんの自治体にもこのような制度があるかもしれませんね。もしも、見落とされていたら、たいへんな損をすることになるので、調べてみてはいかがでしょう。自治体の広報や障害者向けのパンフレットなどに掲載されていることが多いと思います。役所の窓口で、直接尋ねるのもいいかもしれません。

 障害者手帳があれば、映画は1000円で観ることができるのはご存知でしょうか?その他、有料の公園や博物館、美術館などが無料になったり、割引があったりします。交通機関でいえば、東京都の場合、都営地下鉄、都バス、日暮里舎人ライナー、都電荒川線などが無料で乗れて、私営バスのほとんどは半額で乗れます。また、多くのタクシーが一割引になります。

 無料や割引が可能な施設の一覧は「障害者手帳で行こう」というサイトに掲載されています。

「障害者手帳で行こう」
http://shogaisha-techo.fanweb.jp/

精神障害者手帳で受けられる各種サービスというサイトもあります。

精神障害者手帳で受けられる各種サービス
http://fukushi.webcrow.jp/

 また、高速バスの精神障害者割引はほとんどありませんが、東京アクアラインを通って川崎から木更津へ行くバスなどは、半額になります。高速バスではありませんが、富士急行のバスも手帳で半額になります。とりあえず、割引がないか尋ねてみたら、案外、割引可能だったりします。残念ながら、今のところ航空機とJRは精神障害者手帳による割引はありません。


| | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »