« 当事者主動サービス連続学習会を終えて | トップページ | ピアガーデンの紹介 »

埼玉での病院訪問

埼玉県の精神医療を考える会 星丘匡史

 埼玉県の精神医療を考える会では、3冊目となる「データから見た埼玉県の精神科病院」を作るにあたって、アンケート調査と初めての病院訪問見学を行った。11月にアンケートを送り、12月にアンケート回答の催促の電話をかけ、1~3月に訪問見学を行った。全65病院(うち認知症病院17病院)に対してアンケートを送ったが、回答は14病院(うち認知症病院5病院)、訪問受け入れは8病院(うち認知症病院4病院)であった。前回(5年前)の冊子の時のアンケートでは16病院から回答があったが、今回は院長や経営者レベルでないと答えられないような問いがあったためか回答が減っている。今回はアンケート回答の催促の電話かけを行ったがつれない対応も多く精神的にしんどい作業だった。次回は、ワーカーでも応えられるような問いにして、回収率を上げる工夫をしたいと思います。

 訪問員は実数13人、延べ28人。ボランティア、当事者、看護師、PSW、ケアマネなど。初めて精神病院の中に入ったメンバーもいた。

 訪問を受け入れてくれた病院は、建物はきれいで、それなりにいい病院といった印象である。対応してくださった方に取り組みの説明を聞き、頑張っている印象を受けた。しかし、訪問を受け入れてくれた病院は12.3%、純粋な精神科病院だと8.3%に過ぎない。多くの病院は、外部の人が入ることに消極的である。また、その日1日だけ、1時間程度では、本当のところは見えない。それでも、名もない任意団体の訪問を受け入れてくれた病院には、それだけでも敬意を表したい・・・

 以下、全文は、おりふれ通信349号(2016年4月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 当事者主動サービス連続学習会を終えて | トップページ | ピアガーデンの紹介 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉での病院訪問:

« 当事者主動サービス連続学習会を終えて | トップページ | ピアガーデンの紹介 »