« Aさんの医療保護入院について(問題提起) | トップページ | 障害学国際セミナー2015@北京 参加体験記 »

精神科訪問看護は、どこへ行く・・・~地域と病院の間には、暗くて深い河がある~

多摩在宅支援センター円 寺田悦子

はじめに
 古い話ではあるが、2005年6月私は(社福)多摩棕櫚亭協会を退職した。
その直後、介護保険統合が見送られ障害者自立支援法が成立した、良くも悪くも精神科病院のありよう、地域の在り方が大きく転換することを余儀なくされている時期でもあった。
更に、社会資源が徐々に増えつつある中で、「精神科病院」と「地域」が長い時間あまりにも無関係に存在していることに気づきながらも、明るくネグレクトしていることが自分自身の根底にあり、その思いに対し無力である地域の変化にいらだち戸惑っている自分にたどり着いた。
それまでの精神障害者施策では、「病院から地域へ」「施設から地域へ」と徐々にではあるが、住み慣れた地域での医療や福祉への転換が試みられてきた。しかし、精神科病院と地域(障害福祉サービス)がかけ離れて存在していることや支援を必要としている高齢者や重度の障がい者、家から出られずに苦しんでいる方や家族に支援が届いていない現状を目の当たりにしながら、福祉的支援の限界を感じていた。更に、東京都の多摩地域に偏在している精神科病院の社会的入院者を受け入れる地域の資源は不充分で退院促進は思うように進んでいない現状や自己完結的な精神医療・地域福祉の状況に不全感を覚えていた。そして、2005年「自立支援法」が翌年からはじまろうとして施行された時代の転換期に八王子市に「医療と福祉をつなげる仕事」をコンセプトに訪問看護ステーション円(以降「円」)を開設し「私たちはその人らしい豊かで多様な生活を応援します!」という理念を掲げ、10年間活動してきている・・・

 以下、全文は、おりふれ通信346号(2016年1月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ  

|

« Aさんの医療保護入院について(問題提起) | トップページ | 障害学国際セミナー2015@北京 参加体験記 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/63983166

この記事へのトラックバック一覧です: 精神科訪問看護は、どこへ行く・・・~地域と病院の間には、暗くて深い河がある~:

« Aさんの医療保護入院について(問題提起) | トップページ | 障害学国際セミナー2015@北京 参加体験記 »