« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

「ひきこもりへの支援」を取材して

日本社会事業大学大学院博士後期課程 澤田優美子

取材したきっかけ
 2014年末から、『精神保健福祉ジャーナルゆうゆう』の編集委員をさせていただいていて、編集会議に出席したり、取材や記事の執筆をしていました。(ゆうゆうは、萌文社発行、ゆうゆう編集委員会編集、「当事者が中心でつくる精神保健福祉の情報誌」です。残念ながら、出版不況のため、2015年9月をもって廃刊となりました。)
 2015年9月発行の第70号の特集は、「ひきこもりへの支援―ひきこもりの社会的要因と必要な支援と環境について考える」というものでした。東京シューレ・シューレ大学、NPO法人ニュースタート、月乃光司さん、NPO法人あやめ会地域活動支援センター窓の会、ひきこもりフューチャーセッション庵―IORI―の取り組みを紹介しました。
 私は、その中で、シューレ大学、月乃さん、窓の会、庵を取材し、月乃さん、窓の会、庵の記事を書きました。

当初考えていたこと
 お恥ずかしいことですが、ひきこもり状態にある方々のことをよく知らず、勝手なイメージを描いていました。その名のとおりひきこもっている、訪問してもなかなか会ってくれない、と考えていました。ひきこもっている人たちの気持ちはわかっていませんでした。
 私も、統合失調症による精神科病院への入院の前後約6年間、ほとんど寝たきりで家にいました。でも、自分がひきこもりだとは思っていませんでした。ひきこもっているつもりはありませんでした。行くところもないし、生きているだけで疲れて眠くてどうしようもないので、外出できなかったのです。そして、いつの間にか、6年経っていたのです・・・

 以下、全文は、おりふれ通信344号(2015年10・11月合併号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

4つの精神科病院を訪問してみました

里見 勉

私は「埼玉県新座市」というところに住んでいる者です。今回は日本病院・地域精神医学会と縁がありまして多摩総会実行委員会の病院訪問チームに参加しました。
 日本の精神科病院の病床数は世界の約2割と聞きます。これは私でさえも多いと思います。きっと社会に適応しづらい人や少し個性が強い人やなんらかの生きづらさを抱えてしまった人などを病院に押し込んできた結果だと思っています。たとえご本人が辛くて安心を求めて任意で駆け込んだ救いの病院だったとしても、そこの生活に慣れてしまっては抜け出すのが難しくなりますよね。それが長期入院や病院の回転率の悪さにつながっていくのでしょうね。私の周りにもそんな重たい十字架を背負いながらも生きている方やそういう苦しい思いをされてきた方が意外とたくさんいます。胸がとても痛いです。また私自身も「脊髄小脳変性症」という難病を抱えています。もしかしたらそれでそんな彼らと気持ちを共感して分かち合うことができてるのかもしれませんね。そんな理由が今回の活動に参加させていただいた経緯でしょうかね。
 実際に、いくつかの病院訪問を経験し私が印象に残ったことを羅列してみます。先ずは、いったい病院の医師などの医療従事者からは患者に対してちゃんと薬の説明がされているのかというところにひっかかりました・・・

 以下、全文は、おりふれ通信344号(2015年10・11月合併号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »