« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

エモーショナルCPR(eCPR)体験記

松田 博幸

◆ eCPRとは?
 エモーショナルCPR(eCPR)は、人がクライシス、つまり、心の調子が崩れて自分でなんとかしようとしたがどうにもならない状態にあるときに、周囲の人たち(友人、家族、近隣の人、専門職者、警察など)がどのように本人に関わればよいのかを身につけるためのプログラムである。2008年にアメリカで、精神障害をもつ当事者たちの手によって生み出された。それ以前に、2001年にオーストラリアで作られた「メンタル・ヘルス・ファースト・エイド」がアメリカに紹介されていたが、それが診断名にこだわった医学モデルに縛られたものであることに違和感をもった当事者たちが自分たちの手で生み出したのがeCPRである。CPRというのは、つながること(Connecting)、エンパワーすること(emPowering)、蘇生させる(Revitalizing)という3つの過程を表すと同時に、心肺蘇生法という意味をもつ。つまり、ある人がクライシスにある際に、周囲の人が本人と心と心のつながりをもてば、本人は情緒・感情的に息を吹き返すが、そのようなかかわりがないと命を落とすことにもなるということである。実際、警官から暴行を受けて亡くなるということが北米でも日本でも起きている。また、強制医療を通して命を落とす人もいる。

 私がeCPRに関心をもち、その開発者の一人であるダニエル・フィッシャーさんを訪ねたのは2010年のことであった。ダニエルさんの自宅でeCPRの説明を受け、その根底にある考えがわかってきた。人は、他の人と心と心のつながりをもっている間、自分の心と頭とがつながった状態を維持できるが、トラウマや喪失体験によって心と心のつながりが断ち切られると、自分の心と頭とが切り離されてしまい、それぞれが働かなくなるという考えである。クライシスをそのような状態としてとらえ、人と人との間の心と心のつながりを取り戻すための方法を身につけるためのプログラムがeCPRである・・・・


 以下、全文は、おりふれ通信342号(2015年8月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ


| | トラックバック (0)

eCPRのワークショップを開催して

NPOこらーるたいとう 加藤真規子

1.ワークショップ1日目
 怒涛のような3日間、5月21日院内集会、22日・23日ワークショップを終えて、5月の風は優しかった。町内会館での、コンビニのおむすびやスナック菓子、カルピスやウーロン茶での慎ましい打ち上げが、私は懐かしい。

 本当のところ、eCPRのことはまだよくわからない。しかし「勉強になりました」とかそういうご挨拶のようなことはいってはいけないような気持ちがする。ダニエルさんの期待に応えられなかった私だ。難しかった。

 最初、ダニエルさんは、きっと私は多少eCPRを理解しているのだろうと推測したのだろう。松田さんと私がロールプレイヤーに選ばれた。私は松田さんが初めて、こらーるたいとうにやってきた日の思い出を語った。台風の日で、こらーるたいとうは前日、地区の祭りにでたので、ちらかっていたし、私しかいなかった。私は、残っていたさつま芋を、オーブンで焼いた。焼き芋になるまでに4時間もかかったこと、お土産に祭りで使った手作りの看板を差しあげたこと。松田さんはそれでも大変喜んでくださって、カナダのトロントの当事者活動の場に、「こらーるたいとうはよく似ていますよ」といって下さった。遠い異国の、当事者の人々に親しみを感じた。続けて、私はうつ病になった引き金として、仲間と運営していたグループホームが火事になり、足場が崩れるような思いをしたことを話した・・・

 以下、全文は、おりふれ通信342号(2015年8月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ


| | トラックバック (0)

オランダから届いた声

香澄 海

 日が落ちてもまだ蒸し暑い土曜の夜、オランダから来ているヨラーンさんのお話を聞きに出かけた。ヨラーンさんはレインボーのモヒカンがかっこいい若手の当事者活動家だ。「はじめまして」の挨拶をしに行く参加者とフランクに対応し、来日してからも精力的に講演されている。

 講演や質疑でわかったことは、オランダにも強制入院があること。しかし、強制入院の領域や範囲については、当事者や精神科医の意見を聞いた上で、裁判所が判断するという。また決定がなされた場合でも、精神病院入院以外の選択肢があるらしい。もちろん、不服申し立ても裁判所で扱う。精神科医の同僚審査である日本の精神医療審査会とはかなり様相が異なるだろう。それから、強制入院の要件は精神疾患であることと自傷他害がある場合のみだということだった・・・

 以下、全文は、おりふれ通信342号(2015年8月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »