« 精神病院統計2012年から 統合失調症について | トップページ | マインドフリーダム・インターナショナル大会報告(その1) »

7月より暑い!-STOP! 精神科病棟転換型居住系施設! 6.26緊急集会報告-

福冨一郎


 とにかく暑い!そして熱い!ときは6月26日、ここは日比谷公園野外音楽堂、ハルシオンの二人が歌う「檻の庵(おりのいおり)」という曲の響きが初夏の空気にとけ込んでいる。今、まさにSTOP! 精神科病棟転換型居住系施設! 6.26緊急集会というイベントの真っ最中である。 精神科病棟転換型居住系施設というのは、精神科病院の病室を居住施設に替えてしまって、そこに移っただけで退院したことにしてしまうというセコイやり方のこと。
 退院といえば、病院の支配下から抜け出ること。尾崎豊風に言えば「♪この支配からの 退院」なのである。なのに、退院後も同じ病院内に住んで同じ人間関係に支配されるというのは、やりきれない。こんなことを許してはいけないぞという集会なのだ。

 集会では全国各地から来られた様々な関係者の方が、意見を一人2~3分程度で述べることを中心に進んでいって、ときおり議員の先生が来られたら、中断してお言葉を頂くというもの。実際に長期入院されていた方からの「退院してよかった、もう入院生活には戻りたくない」などの発言もあったが、なんせ時間が短いので、退院して具体的にどのようになったのかがあまり伝わってこなかったように思える。
 ここのところをうまく伝えていたのが、7月24日に放送されたNHKのクローズアップ現代という番組だ・・・

 以下、全文は、おりふれ通信331号(2014年9月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ


|

« 精神病院統計2012年から 統合失調症について | トップページ | マインドフリーダム・インターナショナル大会報告(その1) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/60418380

この記事へのトラックバック一覧です: 7月より暑い!-STOP! 精神科病棟転換型居住系施設! 6.26緊急集会報告-:

« 精神病院統計2012年から 統合失調症について | トップページ | マインドフリーダム・インターナショナル大会報告(その1) »