« ピースボートに乗ってみました!② | トップページ | 7月より暑い!-STOP! 精神科病棟転換型居住系施設! 6.26緊急集会報告- »

精神病院統計2012年から 統合失調症について

東京都地域精神医療業務研究会 飯田 文子

精神科領域の問題は、今や統合失調症ではなく、発達障害や鬱病の時代と言われることがあります。しかし、精神科病院問題に関する限りは、相も変わらず統合失調症と診断された人たちの問題が大きいと考えます。そこで、2012年6月の精神病院統計から、東京の単科精神科病院入院中の統合失調症とされた人の状況を見てみました。

  6月末入院者18,015人中統合失調症の人は12,113人で67.2%です。この割合は、私たちが統計を見始めてから多少の変動(65%~68%)はありますが、あまり変わっていません。ベッド回転率は、全疾病では1995年の95.4%から151%になっています。統合失調症だけのベッド回転率をみると1995年の61.2%から107%とはなっていますが、他の疾病に比べて回転率の低さは、差を増しています。

  統合失調症の回転率が低い、すなわち退院がなかなか出来ない病院を低い順に並べてみると総合点数が低く、死亡退院者が多く、生活保護受給者が多い病院と重なることが分かります。総合点数が低いということは、退院出来ないだけでなく、医師も看護師も他の職員も少ないことを表しています。死亡退院者が多いということは、他科の医療にもろくに掛かれず病院の中で亡くなっていくことを表しています。生活保護受給者が多いのは、福祉事務所経由の入院の多さを表しています・・・


 以下、全文は、おりふれ通信330号(2014年8月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« ピースボートに乗ってみました!② | トップページ | 7月より暑い!-STOP! 精神科病棟転換型居住系施設! 6.26緊急集会報告- »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/60418303

この記事へのトラックバック一覧です: 精神病院統計2012年から 統合失調症について:

« ピースボートに乗ってみました!② | トップページ | 7月より暑い!-STOP! 精神科病棟転換型居住系施設! 6.26緊急集会報告- »