« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »

韓国の精神障害者と国家人権委員会の取り組み(2)

DPI日本会議 崔 栄繁 (さい たかのり)

1.はじめに
 今回は、国家人権委員会が2009年11月に発行した「精神障害者の人権保護と増進のための国家報告書」(以下、報告書)をもとに、韓国の精神障害者の現状の問題点やそれに対する取り組みを紹介する。この報告書の発行の目的をみると、精神障害者は就労や保険加入などの社会参加に大きな困難を抱えている。病院から退院しても再入院という事が慣行化している。精神障害者に対する社会の偏見から基本的人権がきちんと守られておらず、治療や保護が社会復帰よりも病院や施設などへの隔離治療に偏重してきたという。また、非自発的入院が86%に達し、六か月以上の長期入院率が53%にのぼるという。こうした状況の打開のために国際的な基準と照らし合わせ、何が問題なのかを分析し、推進すべきことをまとめており、報告書から見えてくる韓国の精神障害者の実態を紹介する。
韓国の精神障害者は「精神疾患者とは、精神病(器質的精神病を含む)・人格障害・アルコール及び薬物中毒・その他非精神病的精神障害を持つものをいう」(精神保健法3条)とされている。2で、報告書に出されている統計をいくつか紹介する。

2.統計からみる現状
(1)入院類型別の現状
 韓国の精神保健施設への入院の類型は、①自発的入院(同23条)②保護義務者による入院(同24条)③市長・郡主、区庁長による入院(同25条)④緊急入院(同26条)に分けられる。精神障害者には精神保健法上の保護義務者が存在し、これは今までの日本の制度と同様である・・・

 以下、全文は、おりふれ通信323号(2013年12月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

セルフケアプランの書き方

福冨 一郎

サービス等利用計画書とは?
 
 障害者総合支援法に定められたサービス(通所施設や居宅介護など)を利用するためには、申請とともにサービス等利用計画書(介護保険でいうところのケアプランにあたるもの)というのが必要になってきます。これは誰が書くのかというと、相談支援事業者に頼んで書いてもらうか、または、自分で書く(セルフケアプラン)かのどちらかです。しかし、相談支援事業者というのが、どこの何モノか、いくつかあるけどどこに頼めばいいのか、自分の思い通りにプランを書いてもらえるのか、いつまでに書いてくれるのか、個人情報は保護されるのか、いろいろとわからないことが多いですね。そこで、自分で書くセルフケアプランがおすすめです・・・


 以下、全文は、おりふれ通信323号(2013年12月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

投稿

匿名

 18歳で短大を中退したのを機に、自信がなくなり、どのような生き方をするべきかというアドバイスを求め、千葉県内の精神科を受診し、千葉大で5~6年、断続的に、向精神薬と睡眠薬の投与をうけました。現在は、精神医療は医療とは言えないと思うのですが、当時は向精神薬を服用し、精神科医師のアドバイスで人格が向上するものと少しも疑いませんでした。

 29歳頃、家族から独立できない性格が原因だったと思うのですが、家族関係がうまくいかなくなり,東大で処方された多剤大量の向精神薬を服用し、アカシジア、パーキンソン症候群を伴う悪性症候群になり、水も飲めなくなり、弟に車で早朝に千葉県内の佐々木病院に運ばれ、4ヶ月位かけて、減薬にいたりました。44歳頃、生き方に迷い、友人にも蔑まれていると思い込み、死にたいという思いを母に伝えたところ、両親と弟に強制的に国立国際医療研究センター国府台病院に連れて行かれ医療保護入院となり、診察室に入ったとたん、4~5人の医師に拘束され、注射で気絶させられ、両手足、胴を拘束されたまま4日ほど寝かされました。枕元に母の承諾印が押してある電気ショック療法の承諾書が置かれていました。このような入院が医療でありうるのかと疑問を持ち始めたきっかけでありました・・・


 以下、全文は、おりふれ通信323号(2013年12月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

本の紹介・加藤真規子さんの『こらーる物語』を読む

編集部 木村朋子

 この本は、加藤さんの自分史と活動史の一部である。加藤さんの活動の場である「こらーるたいとう」が主催した、「精神科特例の廃止を求める緊急決起集会」2000年10月@台東区民会館ホールや、2001年6月・8月の医療観察法に対する衆議院内集会、そして2006年夏の精神障害者退院支援施設の撤回を求める厚生労働省交渉についてなど、歴史を伝える記録にもなっている。
特に退院支援施設は、今、精神科病棟を転用して老人ホームとする「精神特養」問題として、再燃しているホットなテーマである。7年前の深夜に及ぶ厚労省交渉のようすを読んで、脱施設を闘いとってきた身体障害の人たちが我がこととして、「施設内はダメ、地域生活でなければ」と論陣を張ってくれたことなど、記憶を新たにした。それで言えば、先日亡くなったDPI日本会議議長の三澤了さんが、この本の帯に推薦文を書き・・・


 以下、全文は、おりふれ通信323号(2013年12月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »