« 地域移行支援について | トップページ | 岐路に立つ仏祥院・心道学園裁判 ―解体か!?良い施設か!?段階論の見通しを立てる »

最近の生活保護現場について考える

島田文直(元立川市福祉事務所CW)

 困ったことであるが、生活保護を受けていると「……をしてはいけない」と言われてしまうのだそうである。

 どんなことがいけないと言われたのか、一例を挙げると、あるケア会議で相談機関の人が「○○さんは、生活保護を受けているのだから、人にお金を上げてはいけない」との発言があった。私は生活保護の現場を離れてから7年ほどが経つが、その間、大きな法改正はなされていないし、なにを根拠にしてそのようなことを言うのかを問い質した。すると「最低生活であるから」との答えがあった。「最低生活ってなんですか?文書でそんな指導はされていない筈だし、生活保護を受給中は、生活向上義務はあるとしても、給付された金銭をどのように使うかは個人の自由で、生計維持ができなくなると言うことでなければ、使途について干渉されることはない」と私は話した。
 また、「最低生活」と云う言葉は、本来は「最低生活保障」と云う言い方で使われるものであって・・・

 以下、全文は、おりふれ通信319号(2013年7・8月合併号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 地域移行支援について | トップページ | 岐路に立つ仏祥院・心道学園裁判 ―解体か!?良い施設か!?段階論の見通しを立てる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/58139532

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の生活保護現場について考える:

« 地域移行支援について | トップページ | 岐路に立つ仏祥院・心道学園裁判 ―解体か!?良い施設か!?段階論の見通しを立てる »