« 本国会上程中の精神保健福祉法改定案は ☛ここが問題です。 | トップページ | 最近の生活保護現場について考える »

地域移行支援について

地域活動支援センター・連 田中文人(精神保健福祉士)

 多摩在宅支援センター円(以下、「円」とする)は、2005年6月、『私たちは、その人らいしい豊かで多様な生活を応援します!』の理念の下、「医療と福祉を繋ぐ」、「長期在院者の退院支援」「長期在院者及び社会的無支援者の支援」などの想いを下に看護師3名から八王子市で始まった法人である。

 法人理念にもあるように「長期在院者の退院支援」は訪問看護ステーションが立ち上がった当初より、訪問看護師が病院に出向き退院前から顔なじみになることによりご本人も安心して退院できる環境を精神科病院と共に整えてきた。入院中から関係を作る大切さや、地域生活を支えるノウハウを蓄えてきたこともあり、訪問看護ステーション円で精神保健福祉士が平成20年度に東京都の退院促進コーディネート事業を受託してから4年間、精神科病院に長期入院されている方に対して入院中からお会いして一緒に外出などをしながら関係を作り、アパート探しからの退院後のフォローまでの支援を行ってきた。
 また個別支援を通す中で、地域でご本人が暮らしやすいように地域整備も同時に行ってきた。さらに、平成24年度からは精神科病院への働きかけをピアサポーターとともに行なう地域移行促進事業を現在も担っている・・・


 以下、全文は、おりふれ通信319号(2013年7・8月合併号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 本国会上程中の精神保健福祉法改定案は ☛ここが問題です。 | トップページ | 最近の生活保護現場について考える »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/58139542

この記事へのトラックバック一覧です: 地域移行支援について:

« 本国会上程中の精神保健福祉法改定案は ☛ここが問題です。 | トップページ | 最近の生活保護現場について考える »