« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »

本国会上程中の精神保健福祉法改定案は ☛ここが問題です。

東京都地域精神医療業務研究会
 代表 飯田文子
 〒190-0022立川市錦町1-5-1-201

今国会には精神保健福祉法改定案が上程されている。
今回の改定案では、保護者制度が廃止された。だが、それに伴い医療保護入院の要件が、三親等内の家族なら誰でも、本人の意思に反した入院に同意できる(これまでは保護者
のみ)など、強制入院を可能にする関係者の幅が拡大されたことが問題だ。
国は「社会的入院を減らそう」という理念を掲げている。ならばまず、保護者の意向で退院できない人を多く生んでいる医療保護入院を廃止するべきなのに、その要件を拡大するとは、改悪でしかない。

そもそも、本人の意思に背く入院を強制できるのは、国家(公権力)しかない。
改定される医療保護入院も、強制入院である以上、措置入院と同じく、公的な入院であること、入院要件や手続きを明確にし、費用も本人・家族ではなく国が負担しなければならない。

精神医療審査会については、法律専門家を重点的に配置するなど、司法的な視点を強化すべきである。特に本人にとっては不利益処分となる強制入院については、医療の判断を厳正にチェックする存在として審査会が存在すべきで、現在の医師中心の同僚審査的な構成(1チーム5人のうち3人が医師メンバー)では第三者として、外部の目が入っているとは言い難い。
また現在は、審査会の裁定に対して裁判所に不服申立てができないが、このたびの改定機会を活かして、不服申立てができるように法律を改正すべきだ。
(この意見書を5月23日厚生労働委員に送りました)

| | トラックバック (0)

心道学園裁判

6月21日(金)10時~
東京地裁 526号法廷

いよいよ結審をむかえます。心道学園
から救い出すため、救い出した後の
ケアのためカンパをよろしくお願い
します。
カンパ先:郵便振替
00900-1-227101
仏祥院・心道学園被害者を支援する会

| | トラックバック (0)

大阪精神医療人権センター総会・記念講演 2013年5月11日参加レポート

七瀬タロウ(全国「精神病」集団、大阪精神医療人権センター会員)

 当日は160名を超える会員が会場のエル大阪に集まり熱心な討論が行われました。

 前半はNPO組織としての総会、長年代表を務められた里見和夫弁護士が退任され理事となり、大槻和夫弁護士、位田浩弁護士が代わって共同代表として選出されました。

 後半の記念講演は吉池剛志さん、位田浩さん、山本深雪さんの連続公演。パワーポイント等も使った大変わかりやすいお話でした。当日資料は100ページぐらいもある大変力のこもったものでした。全体のお話はまず今回の「改正案」の様々な問題点を従来からの人権センターの取り組みから具体的に指摘し、さらに昨年6月の「検討チーム」まとめが、なぜこのような問題点だらけの「改正案」になってしまったのかに関する様々な観点からの意見や解説等もありました。「政権交代」と結びつけた話も多かったです。里見弁護士も含め人権センター関係者には無念の感が今回大変強かったようです・・・

 以下、全文は、おりふれ通信318号(2013年6月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

精神障害者アドボケイト講座に参加して

香澄 海


 人間が強くなれる場面というのは、大きく2つあると思う。一つは人を許すことができたとき、もう一つは人に感謝されたときである。私自身が深いうつから抜け出し、徐々に活動範囲を広げられたのは、その2つの要因が大きかったように思う。

 活動範囲が広がったことに伴って、多くの仲間とつながることができた。その中で悩みを打ちあけ合ったり、当事者会の運営役を引き受けたりしたことが、失くしていた自信の回復にとても役に立った。ほんのささやかな勇気と仲間の支えによって、できることが一つずつ増えていった。もちろん、「おりふれ通信」の仲間も大事な場を提供してくれる大切な存在だ。

 できたら仲間の力になれることがないだろうかと考えていたところ、“アドボケイト”という役割を知った。手前味噌になるが、最初に読んだのは「おりふれ通信」の木村さんの文章だったと記憶している。印象的だったのは「犯罪以外は本人の希望に沿う」という姿勢だ。それは非常にハードルが高い知識や経験、コミュニケーション能力が必要になるのではないか、私には当分無理だと思っていた。
 
けれども目指すものが見つかったなら、とりあえず半歩でも前に進みたいと思い、本誌3月号に情報を載せた2日間のアドボケイト講座に参加した。講師は精神障害当事者の山本眞理さんと身体障害当事者の八柳卓史さん。当事者としても支援者としてもご経験が豊富なお二人の話を聞くのがとても楽しみで、駅前が整備され新しい公園や大学ができて雰囲気も新たになった中野北口に降り立った・・・


 以下、全文は、おりふれ通信318号(2013年6月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

「オープンダイアローグ」を見て

ムーンライト

 本城氏から、「対話で統合失調症が回復する」とのDVDがありますが、とお知らせをいただき、迷わず「貸して下さい」と頼みました。おかげさまで、とても興味深く拝見させていただきました。ありがとうございました。
アメリカをはじめ、世界から注目を集めているという北フィンランドのこの取り組みは、心理のプロたちが当事者の立場に敬意を持ち、開かれた対話を重ねることによって、支援者と当事者の間に起こる内的変化により、薬を投与する場合よりも回復につながっていると受けとめました。

 一番印象に残ったところは、「・・・最初は精神病患者が話す内容を理解できなくてとても混乱するかもしれない。でもその後に少しずつ気づき始めるのです。実は彼女が話しているのは、彼女の人生に起こったことなのだと。そして彼女がその経験を言葉にできたのは、これが初めてかもしれないということに。それまで言葉にできなかったことを隠喩的に話す方法のようなものです。それは非常に重要なことです。注意深く彼女の言葉を聞き、真剣に受けとめれば、段階を踏んで彼女は自分の経験を明確に言葉であらわすことができる・・・」という心理士の発言です。
 申し遅れましたが、私は統合失調症の当事者で発病から13年目に入る40歳代の男性です・・・


[編集部注 “OPEN DIALOGUE An Alternative, Finnish Approach to Healing Psychosis”(DVD 74分 日本語字幕あり)は、DVDジャケットの解説によると、
『フィンランド最北の地から、“オープンダイアローグ(開かれた対話)”という家族療法のグループ(医師・看護師・心理士)が、伝統的精神保健システムに一石を投じた。統合失調症の治療について、統計的に世界一流の治療成果をあげている。
 その原理は、多剤大量薬物療法と強制入院の今日にあって、ラディカルでありながら、驚くほどシンプルである。患者が危機に陥った時、直ちに会い、その後危機を脱するまでほとんど毎日会い続ける。その際入院とそれに伴うスティグマを避け、患者の家や望む場所で会う。そして可能ならば抗精神病薬は使わない・・・

DVDは、以下のページで買うことができます。
ちなみに個人視聴用は、送料込みで、33ドルです。http://www.iraresoul.com/dvd3.html

 全文は、おりふれ通信318号(2013年6月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »