« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

退院促進の個別給付化をどう活かす?

山本則昭 


 精神科病院からの退院支援のことをいつの頃からか「地域移行支援」と呼ぶようになった。そして、これまで都道府県ごとに行われていた「退院促進事業」は2012年4月から障害福祉サービスとして個別給付化された。精神科クリニックのPSWとして患者さんの入退院に関ってきて、また現在グループホーム職員として入院している方の受け入れに関わることのある立場としてこの問題を考えてみたい。

[1]クリニックにおいて私は、多くの患者さんの入院(非自発的入院も含めて)に関わった。入院させた者として退院にもそれなりの責任を持ちたいという意識はあったものの、残念ながら限界はあり、結果として帰って来れない人は多くいた。自らが入院に関わった患者さんを何年も経って病院を訪れた際に見かけることがあり、後ろめたい思いをしたこともある。

[2]数年前からグループホーム職員となり、長期入院、社会的入院の方の入居受け入れに関わる経験をした。最近では地域移行コーディネーター事業所(2012年度から個別給付化に伴い、東京都内では12か所から6か所に減り「体制整備事業」と呼ばれている)が関わったケースの入居にも関わっている。その中で感じるのは、一つは確かに病院だけの取り組みではなく退院促進事業が入ることの有効性であり、もう一つは、「退院促進事業が入れる病院はそれなりに退院に取り組む姿勢があるところだ」ということ。努力されている病院の姿勢に、それまでの私自身の病院に対する先入観を改めることもあり、他方「やっぱり病院は変わっていない」と感じることもある。

[3]さて、本題であるが、「個別給付化は社会的入院の解消に役立つのか」ということだが、理屈っぽいことを初めに言うと「個別給付は退院促進に馴染まない」というのが率直な感覚である。個別給付とは、個人つまり入院している本人の責任において申請し、場合によっては1割の自己負担を支払って利用する福祉サービスである。一方、いうまでもなく社会的入院とは個人の病状は一定程度改善しているが、様々な社会的要因によって退院できないでいることをいうわけであり、退院促進事業の先駆けとなった大阪府の「社会的入院解消事業」(ネーミングも分かりやすい)は、「社会的入院は人権侵害」として行政責任を認めたところから始まったはずだ。社会的責任が個人の責任にすり替えられた違和感は否めない・・・

 以下、全文は、おりふれ通信316号(2013年3/4月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

兵庫県小野市の生活保護受給者ギャンブル禁止条例に異議

編集部 木村朋子

 兵庫県小野市議会で「福祉給付制度適正化条例案」が審議中であるという。
 
 条例案を市のホームページで見ると、第1条(目的)として、生活保護法、児童扶養手当法、その他福祉制度に基づく公的な金銭の受給者が、金銭を遊技、遊興、賭博等に使ってしまい、生活の維持、安定向上に努める義務に違反する行為を防止するとある。第3条(受給者の義務)は、「給付された金銭を、パチンコ、競輪、競馬その他の遊技、遊興、賭博等に費消し、その後の生活の維持、安定向上を図ることができなくなるような事態を招いてはならない」とあり、さらに第5条(市民及び地域社会の構成員の責務)には、「市民及び地域社会の構成員は、受給者が付された金銭を、パチンコ、競輪、競馬その他の遊技、遊興、賭博等に費消し、その後の生活の維持、安定向上を図ることに支障が生じる状況を常習的に引き起こしていると認めるときは、速やかに市にその情報を提供するものとする」と書かれている。

 小野市は人口5万人、生活保護受給世帯は約130で、兵庫県で2番目に少ないという・・・

 以下、全文は、おりふれ通信316号(2013年3/4月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

医療機関のデイケア利用規約の問題~精神医療人権センターの相談から~

東京精神医療人権センター 飯田文子

 2011年11月、精神科クリニックのデイケアを利用している方から電話相談がありました。
 相談の内容は「ほづみクリニックのデイケアを利用しているが、その利用規約にメンバー同士は、デイケア以外での付き合いを禁止する。連絡先や薬や症状を教え合ったりすることも禁止されている。普通の社会人としてデイケア以外での個人の時間について、こんな制約をされるのはおかしい、人権侵害ではないのか。一時期このような規約は、メンバーの申し入れにより無くなっていたが、今年に入りまた規約の中に入った。職員に言うとデイケアから排除されそうで怖くて言えない。なんとか出来ないだろうか。」というものでした。

この相談を受けて、人権センターも間に入るから、メンバーと職員とで話し合ったらどうだろうか等の提案をしたり、ほづみクリニックにも相談の内容を文書で送り、電話で連絡を取りました・・・

 以下、全文は、おりふれ通信316号(2013年3/4月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ


| | トラックバック (0)

メンタルヘルスの集い報告

本城一信 

 3月2日に、有楽町で「格差社会とメンタルヘルス」のテーマで第27回日本精神保健会議が行われました。以下、大急ぎで紹介します。

 まずは湯浅誠氏の「貧困、民主主義、メンタルヘルス」と題された講演から。
 格差社会とは、一言で言うと「隣に人がいなくなる」という感覚。それはどういうことかというと、周りの人が自分よりできる人とできない人にわかれて、人が縦に並び、隣に人がいなくなる。そういう状態になると、それぞれの人にとって安心できる場所が見出しにくくなる。みんなに高ストレス状態が続くことになり、国民全体の健康状態が悪くなる。
―話はその後、待機児童から介護の問題、そして社会的排除に話が移り、その中で「誰かが特定の悪意をもっているわけではない」という発言があった―
 生活上のリスクというのは私たちの周りにも普通にあって、そのリスクに対して対応されない状態が拡がっていくと、コロコロと落ちていく人が増えていく・・・

 以下、全文は、おりふれ通信316号(2013年3/4月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »