« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

グループホームの病院施設内設置を認める神戸市条例へ向けた動き

精神保健福祉士 鏡味秀彦

 今年9月11日から神戸市では、「神戸市民の意見提出手続に関する条例」に基づき、「障害福祉サービス事業等の運営基準等を定める条例(案)」に対する意見募集が行われました。神戸市が厚生労働省令に加えて条例に盛り込もうと検討している基準は、次のとおりです。
①人権の擁護、虐待の防止に係る研修の実施等 
②生活介護、自立訓練、就労移行支援、就労継続支援B型の定員要件の緩和等
③障害者支援施設に係るもの(トイレのブザー等の設置) 
④共同生活介護(ケアホーム)、共同生活援助(グループホーム)に係るもの 
 ・入所施設等と同一敷地内の設置禁止規定の緩和
 *「入所施設又は病院の敷地内に存するこれらの施設以外の建物(以下「敷地内建物」という。)が、入所施設又は病院から独立した建物であり、かつ、住宅地と同程度に利用者の家族や地域住民との交流の機会が確保される場合にあっては、敷地内建物を共同生活住居とすることができる。」
 
 ④については、事実上精神科病院の敷地内におけるグループホーム等の設置を神戸市が認めることであり、これは国が進めている精神障害者の地域移行、地域定着支援の流れに逆行しています・・・


 以下、全文は、おりふれ通信313号(2012年12月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ
  

| | トラックバック (0)

投稿 アウトリーチ弾劾声明にご賛同を

全国「精神病」者集団  山本眞理

 今年度の予算を見た時にアウトリーチ試行事業というのが目に止まった。なんだかあやしげだと考えたが、一体どういう事業なのか、中身を読めば読むほど?? という内容である。困ったときに支援者が家に飛んできてくれる? そんな素敵な事業が始まるの、と一瞬思ったが、そうはいかない。これはあくまで本人の同意がないので、往診や訪問看護といった医療保険は使えない場合であり、したがって自己負担0であり、100%税金で賄われる試行事業である。

 この事業の対象者については以下厚生労働省が述べている。
「アウトリーチ推進事業に係る事業運営について」(一部引用)
【対象者】
当分の間、主診断名が統合失調症、統合失調型障害および妄想性障害(F2)、気分(感情)障害(F3)の者、認知症による周辺症状(BPSD)がある者(いずれも疑含)を対象とする。
(1)精神医療の受療中断者
1か月以上の受診中断、又は服薬中断等により、日常生活上の危機が生じている者。
(2)精神疾患が疑われる未受診者
家族・近隣との間でトラブルが生じるなどの日常生活上の「危機」が発生しており、精神疾患が疑われ、入院以外の手法による医療導入が望ましいと判断される者。
(3)ひきこもり状態の者・・・  (中略)

関連資料については以下サイトに掲載中

http://www.jngmdp.org/announcement/1089
〒164-0011東京都中野区中央2-39-3 絆社


 全文は、おりふれ通信313号(2012年12月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

府中の居場所「みんなの村」

府中緊急派遣村スタッフ 高見俊司

「府中緊急派遣村」とは
‘08年秋、リーマンショックの経済不況により、「倒産」「リストラ」「解雇」の嵐が吹き荒れた。特にあの小泉改革の規制緩和により、増大した「派遣」労働者は、労働契約の身分が不安定であるが故、雇用調整弁の役割として真っ先にその暴風に身をさらすことになった。「雇い止め」→「収入が途絶える」→「住む場所を失う」という図式が成り立ち、多くの人たちが路上をさまようこととなった。年末、日比谷公園で行われた「年越し派遣村」ができ、居所を失った労働者が食事と一時の暖を求めて集まった。国民の多くは資本が簡単に労働者の首を切ることを非常に腹立たしいことと受け止めた。

 東京都府中市は、東芝、NECという大企業がある街であり、ここでも派遣を中心とした非正規労働者解雇の波が押し寄せた。この府中の地で、労働問題、人権問題、教育問題、差別問題等の闘いを行ってきた団体や個人が集まり、翌2009年2月に「府中緊急派遣村」を立ち上げ、今日に至っている。

 2012年11月現在、「生活保護」に関する相談者は246名。私たちが相談を受けている方のほとんどが、多摩川の河川敷でのテント生活、公園、駅、公共施設等での野宿者、ネットカフェ、マンガ喫茶、24時間マックにいる方達、いわゆる「ホームレス」の方達である・・・

連絡先:府中緊急派遣村「みんなの村」
Tel 042(365)3733 月~金の昼間


 全文は、おりふれ通信313号(2012年12月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ 
 

| | トラックバック (0)

書評 『病院の世紀の理論』 (猪飼周平、2010、有斐閣)

七瀬 タロウ(精神障害当事者)

 本著は、20世紀を「病院の世紀」と捉え、その成立過程をイギリス、アメリカ、日本の医療政策史、医療史、社会政策史を対比しつつ、近代日本の医療システムの成立プロセスを理論的、実証的に入念に論じた労作である。また後半の章で、第6章「病院の世紀の終焉―健康戦略の転換の時代」で「包括ケアシステム(疾病構造の生活習慣病中心化、人口の高齢化や障害パラダイムの発展による)への移行」や「医師―患者関係の変容」、また、第7章「治療のための病床」では「社会的入院(高齢者の社会的入院の分析が中心であるが精神障害者も若干述べられている)」の問題が、病床の「所有原理」という日本独自の体制の下で、治療上の「ニーズ(必要)」ではなく、社会的な「ディマンド(需要)」により、いかに増大していったのか等が詳しく論じられている。

 いきなり結論部分から議論を紹介するのは著者には大変恐縮なのであるが、本著P.268に「重要なことは、日本において『社会的入院』一般を解消するとは、「所有原理型医療システム」を解消するということであり、それは病院の世紀を終わらせることを意味している」とある。私には、ここが本著を読み解く大きな一つのポイントのように思われる・・・


 以下、全文は、おりふれ通信313号(2012年12月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ
  


| | トラックバック (0)

貧困は、いやだー!

福冨一郎

 2012年11月6日シンポジウム 99%を貧困にする政治【講演その1】「生活保護制度改革をめぐる動きと生活保護基準引き下げが市民生活に及ぼす影響」において、木下秀雄氏 (大阪市立大学法学研究科教授) が語られたことを自分なりにまとめてみました。

 タイトルが長ーい!だけど講演は聴きやすかった。関西人のメリハリのあるしゃべり方で、内容もテンポよく入ってくる感じでした。まず始めに、生活保護バッシングとは何かということについてですが。生活保護は保護ではなく生活保障であるということを踏まえて、本来のバッシングは生活保障や雇用といった政策に向かうべきものです。しかし、反撃しない弱者をたたくことによって社会保障全体の引き下げを行なうための、権利へのバッシングに他ならないということです・・・


 以下、全文は、おりふれ通信313号(2012年12月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ
  


| | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »