« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

大阪取材旅行 ぼちぼちクラブ訪問記

香澄 海 

 初日、ぼちぼちクラブさんの新しい事務所に伺った。代表の山本深雪さんと事務局長代理の小田原孝さんが応対してくれた。
 精神病棟内でのミーティング、喫茶店や河原での集まりを経て、1993年12月に大阪精神障害者連絡会(愛称・ぼちぼちクラブ)が正式結成された。

 ぼちぼちクラブの活動は多岐にわたる。総会は2年に一度開催し、ここで会の活動報告・方針・会計報告・役員選出を行う。事務局会議は毎月一回開き、会員なら誰でも参加できて、会の運営や決定を行っている。体験者交流会……わかちあいの場は月1~2回、精神科の利用者なら誰でも参加できる(この会はアピオ大阪を会場としていたが、この度そこが子ども専用となったため、区民センターを利用することになったそうだ)。例会は講師を招いたり当事者の体験を通しての研修を行い、誰でも参加でき、偶数月に一回開いている。ニュースの発行は奇数月の下旬に行い、現在の発行部数は約260部。こころのアート展は年一回開催、小中学校でコンサートや絵画展、詩の朗読などを行っている。
 クラブハウスの活動は週2回のわかちあい電話などのピアサポート活動や、他のセルフヘルプグループとの交流を行う。わかちあい電話は3人体制で電話番を30分交代でするそうだ。午後2時~5時のあいだに、だいたい5、6件の電話がある。電話を受ける際に心がけていることは、言葉づかいと相手の話したいことを丁寧に聞き取ることだそうだ・・・

 以下、全文は、おりふれ通信308号(2012年7月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

学園内の様子 ―薬づけ―

心道学園裁判原告 本多透人


 平成18年10月1日から平成21年9月10日、私は兄との確執、母の介護、負の遺産相続問題などで争い、結果、大田区の自宅で拉致された上、茨城県かすみがうら市にある心道学園に監禁されていた。この内容はその際の体験談の一つである。だが、これはほんの一部であり、もっともっと酷い出来事が日常茶飯事に行われている。

 彼の名前は、白川祐一(仮名)君。現在、30歳、身長173cm位で中肉、お腹が”ぶく”と出ていて、顔は卵型、工業高校を卒業した頃から、心因性の精神不安が始まったそうだ。卒業して直ぐに、この施設に無理矢理連れて来られた。
 ・・・・・(中略) 彼は、施設では実質管理者である黒田(仮名・スタッフ)に毛嫌いされていた。園生の中には黒田を天皇と呼ぶ人もいるほど絶対的権力を掌握しているため、他の園生は天皇である黒田を恐れ、白川君を同様の目で見ていた。よって白川君の扱いは言葉で言えない程酷いものとなっていた・・・

 以下、全文は、おりふれ通信308号(2012年7月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

精神科医療ユーザーとして、精神保健福祉士として ~これまで、そして、これから~ (後編)

小川瑛子


 私は、私の人間性も考え方も、そして私の存在自体も否定されて生きてきたので、自分が否定されることも人を否定することも嫌いで、否定されるとわかっている人には相談できないし、深いところまで話すことはできない。だからこそ目の前にいる人の話を否定せずに聞かせてもらって一緒に考えさせてもらっている。今でも、病気の症状と過去の記憶に悩むことがあり、病気の部分は嫌だと思う。でも、経験したことがあるから頑張れる時があって、思いを貫けることがある。現状は良くないが、経験を活かせていることに関しては良かったと思う。私の住む地域の現場は本来の基本的なことが整っていないので、随分違うところで労力を使う。この地域の精神科医療は本当に遅れている。東京の数十年前の状況と言っても良いくらいだ。同じ職種でも温度差を感じることがある。当たり前のことをしているのに、特別なことをしているように捉えられることもある。もちろん今までの精神科医療全てを批判するつもりはないが、私が精神科医療ユーザーとして困ってきたことがあるのは事実で、精神保健福祉士として働く今も疑問を感じることがあるのも事実なので、変えられることは変えていくべきだと思う。実際に仕事をしていて、困ることばかりではない。嬉しいことや楽しいこともある・・・

 以下、全文は、おりふれ通信308号(2012年7月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

生活保護受給者座談会(3)

編集部から: 生活保護受給バッシングはようやく下火になったが、自民党や小宮山大臣は「扶養義務の強化」など、生活保護を申請しにくい状況を作ろうとしている。前回に引き続き「おりふれ通信」編集委員で、精神科ユーザー・生活保護受給者である本城氏、石井氏に座談会形式で語っていただく。


●福祉事務所に警察官OBを配置することについて。
――2010年度で全国74自治体がもうすでに導入済みということなんですが。
石井:もう導入済みなのね。具体的に何人入って何やってるのかしら。
――導入済みのある市で生活保護を受けている人の話では、個別の相談室にビデオカメラが設置してあり、テーブルの上にボタンがあったそうで、何だろうってボタンを押したら職員がなだれ込んできたそうです。ここからは憶測ですが、ビデオの映像を別室で警察OBが見ていて暴力団員と思われる人に対応する準備をしているのかなと。
 福祉とは真逆な立場の警察OBの配置にはケースワーカーさんたちも反対しています。
本城:警察は人を取り締まるのが仕事なわけですからね。要するに生活保護受給者を取り締まりの対象にするのと同じですよね。なんか生活保護受給者が悪いことしてるみたいな、ますますもってイメージが悪くなっちゃう。
 暴力団って、私なんかからすると個人的には好き嫌いがあるけど、同じ人間なんだから、同じ人間が同じ人間を排除するってのは、これは問題だと思うんですよね・・・

 以下、全文は、おりふれ通信308号(2012年7月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

make a wish 壱 私たちに〈普通〉をください

ピアスタッフ:西村奈央子 


私や私のパートナー、そして多くの仲間は障碍者と呼ばれる人です。

私たちを支える制度の殆どが、私たち抜きで勧められて決定されることに違和感を覚えます。一流のレストランで食事するのが当たり前の人に、今日お肉を買えない人の気持ちが、どうしてわかるの?

なぜ生活保護を「現物支給」にしろと権力を持った人が言うのでしょうか。
なぜ私たちは、自分の好きなものをみつけて、手に入れてはいけないのでしょうか。

なぜ私たちは、自分で自分を傷つけてまで、何を我慢しなければならないのだろう。何を諦めて、何を得て、何を捨てて来たのだろう。
そして、これから何を見つめていけばいいのだろうか。

私は15年以上自傷行為を支えに生きてきました・・・

 以下、全文は、おりふれ通信308号(2012年7月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »