« 仏祥院裁判民訴第3回期日の傍聴記 | トップページ | ピア精神保健福祉士の時代は訪れるか? »

障がい者ホームヘルプの実際 NPO法人ほっとハート管理者 遠藤紫乃さんの講演を聞いて

福冨一郎

 これは、千葉県市川市にある、ほっとハートケアサービスという精神障がい者介護事業者による、介護する側に立った講演会の報告と感想です。

 精神障がい者支援事業がかかえている問題点として大きく2つに分けると、介助者への負担の問題と利用者の特性による問題があります。前者には、介助者が金銭管理をしないといけないことが多い、介護保険では身体介護扱いになるサービスも家事援助扱いとなり単価が低い、移動支援でのヘルパーの食事代がかさむなどがあり、後者には、時間外や緊急の対応が迫られることがある、当日のキャンセルが多い、引きこもっているので実績表の回収がスムースにできない、意思疎通がスムースにいかない、利用者が不在のときが多いなどがあります・・・

 以下、全文は、おりふれ通信305号(2012年4月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 仏祥院裁判民訴第3回期日の傍聴記 | トップページ | ピア精神保健福祉士の時代は訪れるか? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/54860814

この記事へのトラックバック一覧です: 障がい者ホームヘルプの実際 NPO法人ほっとハート管理者 遠藤紫乃さんの講演を聞いて:

« 仏祥院裁判民訴第3回期日の傍聴記 | トップページ | ピア精神保健福祉士の時代は訪れるか? »