« 日精協誌2012年1月号巻頭言への抗議と質問 | トップページ | 障がい者ホームヘルプの実際 NPO法人ほっとハート管理者 遠藤紫乃さんの講演を聞いて »

仏祥院裁判民訴第3回期日の傍聴記

全国「精神病」者集団 桐原尚之

1.はじめに
茨城県かすみがうら市にある「特定非営利活動法人日本整膚心道学園(現:心道学園、通称:仏祥院)」で約3年間にわたり、自らの意思に反して隔離・収容されたとして、本多さん(東京都大田区在住、52歳、男性)が、2011年9月1日に当該仏祥院を相手取り、慰謝料などを求める民事訴訟を東京地裁に起こした。2012年3月9日、東京地方裁判所第526号法廷において、民事訴訟(慰謝料請求訴訟)の第三回期日が開かれた。

 仏祥院は、1984年に火災事故で19人が中毒で入院、10人が軽傷、1985年には集団暴行で一人が死亡、1987年には火災で3人が焼死するなどの事件を起こしている。そして、1984年の際には精神衛生法違反で聴取、1987年の際には、消防法違反及び建築基準法違反で実地指導が入り、院主が書類送検されるに至っている。
その後、各業界から仏祥院への非難の声が高まったが、事務所を静岡県富士市から今の茨城県かすみが浦市に移したことで非難を回避し、再び同じことを繰り返して・・・

 以下、全文は、おりふれ通信305号(2012年4月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 日精協誌2012年1月号巻頭言への抗議と質問 | トップページ | 障がい者ホームヘルプの実際 NPO法人ほっとハート管理者 遠藤紫乃さんの講演を聞いて »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/54860848

この記事へのトラックバック一覧です: 仏祥院裁判民訴第3回期日の傍聴記:

« 日精協誌2012年1月号巻頭言への抗議と質問 | トップページ | 障がい者ホームヘルプの実際 NPO法人ほっとハート管理者 遠藤紫乃さんの講演を聞いて »