« 竹下さんからの手紙 | トップページ | Nothing about Us, without Us ~私たち抜きに私たちのことを決めないで~ »

南アフリカ見聞録

コミュニティサポート研究所 齋藤明子

10月8日から16日までDPI(障害者インターナショナル)世界会議に参加するため南アフリカ共和国に行ってきました。地球儀で日本の反対側にある国はブラジルと言われていますが、アフリカ大陸の最南端にある南アフリカ共和国も、ほぼ日本の反対側にあるといっても過言ではないでしょう。飛行機で香港まで3時間40分、ヨハネスブルグまで13時間10分(アナログの時計をしているので、短い針が盤面を一周してもまだ到着しないのだと思うと気が遠くなりました)、そこからさらに乗り換えてダーバンまで1時間10分。飛行機に乗っている時間だけでも18時間、それに乗換に要する時間が7時間。それは私にとって行く前は恐怖、帰ってからは「自分を褒めてあげたい」大旅行でした。

長旅でヘトヘトになって到着したダーバン空港には15台の車椅子を含む44人の日本代表団を迎えるべく6台以上のリフトバスが待機していました。東京で車椅子3台、乗車定員13人規模のリフトバスをこれだけの数揃えるのは容易なことではありません。さらにヒルトンホテルに向かう道は片側2車線の真っ白な舗装道路、市街地に入ると高層ビルもある近代的な街並みで、インド洋の波が打ちつける海岸には海水浴やサーファー向けの施設がずらりと並んでいます。ジープに乗って土ぼこりが舞う道をキリンと走るという経験は今回の旅行では味わえませんでした・・・

 以下、全文は、おりふれ通信300号(2011年10月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 竹下さんからの手紙 | トップページ | Nothing about Us, without Us ~私たち抜きに私たちのことを決めないで~ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/53456822

この記事へのトラックバック一覧です: 南アフリカ見聞録:

« 竹下さんからの手紙 | トップページ | Nothing about Us, without Us ~私たち抜きに私たちのことを決めないで~ »