« 障害者総合福祉法への総合福祉部会提言を読んで―障害程度区分にかわる支給決定のあり方 | トップページ | 追悼 広田伊蘇夫先生 »

メディアの伝え方~NHKスペシャルの場合

香澄 海

 9月16日に放送されたNHKスペシャル「生活保護3兆円の衝撃」はタイトルからも想像できるように生活保護を受けている人へのあからさまなプレッシャーに満ちていた。特に20代から50代の働く能力がある人が流入してきたために生活保護を受ける人数が203万人に増えたことを強調して、その人たちを閉め出すことを推進する自治体の取り組みを就労「支援」として紹介。ケースワーカーを増員して月に1回から2回の訪問と役所での1回の面接を行うなど、50分の放送のうち半分は「個人の責任」に焦点をあてる内容となっている・・・

 以下、全文は、おりふれ通信299号(2011年9月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 障害者総合福祉法への総合福祉部会提言を読んで―障害程度区分にかわる支給決定のあり方 | トップページ | 追悼 広田伊蘇夫先生 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/52941035

この記事へのトラックバック一覧です: メディアの伝え方~NHKスペシャルの場合:

« 障害者総合福祉法への総合福祉部会提言を読んで―障害程度区分にかわる支給決定のあり方 | トップページ | 追悼 広田伊蘇夫先生 »