« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

被災地支援活動日誌

柏木診療所 岩田柳一


はじめに
2011年5月25日から27日までの三日間、私は日本精神神経科診療所協会(以下、日精診と略す)の募集した災害支援チームに参加し、活動してきたので、その概要を報告する。「東日本大震災」により、東北地方太平洋岸には長大な帯のように伸びる被災地域が存在し、地形などの自然条件や原発問題に代表される人為的条件により被害の様相は多彩である。被災地には諸外国を含め多くの地域から医療チームが派遣されており、各チームは広域に展開し、活動している。精神保健医療領域では、厚労省を通じて各被災県に派遣される「こころのケアチーム」が中心となっており、4月末の段階で合計25チームが活動中であった。このほか日赤や大学病院なども独自のチームを派遣している。
私が加わった日精診チームは、医師1名コメディカル1~2名で編成されている。日精診会員診療所である、北仙台の原クリニックのスタッフが現地のコーディネーター役を担っており、その指示のもとでの活動だが、常に上記「こころのケアチーム」と連携している。派遣先は宮城県石巻市と仙台市若林区であった。・・・

 以下、全文は、おりふれ通信297号(2011年7月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

障がい者の就労に必要不可欠なもの

香澄 海

 6月20日にNHK教育で放送された「福祉ネットワーク『障害者の”働く”を変える!』」の中で、大阪・箕面市の社会的雇用の取り組みが紹介された。1997年から箕面市は条件を満たした障害者事業所で働く障害者に最低賃金を保障し始めた。事業所の運営費・スタッフの人件費に加え、障害者の人件費の四分の三を補助し、事業所はそれに売り上げを加えて働く障害者に最低賃金を支払うことが可能になったのだ。
 例えば、今まで福祉的労働施設でクッキーを作っていた重度の知的障害と身体障害を合わせ持つ女性は、20日間で1万3千円の給料しか支払われなかったのに対し、この社会的雇用ではクッキーのトッピングの仕事を一日6時間勤務、18日間働いて8万4132円を稼げることになった。これと障害年金を合わせれば経済的自立にぐっと近づくことができる。

 社会的雇用には他にも以下のような特徴がある。
・最初からできないと決めつけないで、その人の希望にあった働き方ができるよう、能力を引き出すサポートを継続的に続ける。
・運営にも当事者が参加する。
・労働契約を結ぶ。したがって社会保険・健康保険に加入できることになる。・・・

 以下、全文は、おりふれ通信297号(2011年7月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

東京精神医療人権センター総会報告

事務局 木村朋子

                               
 去る6月29日、弁護士会館会議室で、第25回東京精神医療人権センター総会を開いた。参加は9人。
まず代表の永野弁護士から、人権センターも活動開始以来25年を経て、メンバーも年をとり活力が下がってきているが、ともあれ相談活動は続けていると挨拶があった。ついで事務局長の小林さんから2010年度活動報告がされた。定期訪問を続けている松沢病院で、長期措置入院の人の措置解除・処遇改善を求める請求の代理人を3件引き受け、精神医療審査会に申し立てたが、いずれも却下された。長い入院で年もとり、身体症状が主になっていたり、向精神薬もほとんど服用しない状態になっているのに措置解除が認められず、強い行動制限が続いている。・・・

 以下、全文は、おりふれ通信297号(2011年7月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ


| | トラックバック (0)

追悼 生村 吾郎先生

東京地業研 飯田文子

今年4月生村先生の訃報を受け取った。先生が闘病生活をされていたことは、知っていたが昨年末の浜田晋先生に続き、また新たに時代の転換を痛切に感じた。先生は、1978年「生村神経科医院」を兵庫県明石市に開業され、私たち東京地業研は診療所運動の先輩として「浜田クリニック」と共にお手本としてきた。・・・

 以下、全文は、おりふれ通信297号(2011年7月号)でお読み下さい。
ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ


| | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »