« 大熊一夫氏の講演を聴いて | トップページ | 労働現場と精神障害 »

病地学会に参加して思ったこと

金沢文庫エールクリニック 天野夏沖

 11月5,6日に飯田橋で行われた病地学会に参加してきました。席に座って聞いてみると興味深いものが多く大変参考になりました。どの分科会のことについて書けばいいのか大変迷いましたが、「復職・就労」での自分なりの感想を少し。

 普段の仕事で就労支援はやっていますが、復職支援に関してはほとんどやっておらず、あまり知識もないので、この機会に少し学んでおこうと思い出席してみました。発表のあった三つはどれも医療機関で復職支援専門のグループやデイケアを持っていて、各々が決められたプログラムに沿って勧めているということで、効果のあった内容や手法について報告していました。簡単に言うとそれぞれ、①10名くらいの中集団でSST、エンカウンターグループ、脳トレ、認知療法を行う ②「オフィスワーク」で、パソコンのスキルを身につけるなど会社の雰囲気をイメージさせる ③セルフモニタリングやストレスコーピングのやり方を身につける、とのことだったと思います・・・

 以下全文は、おりふれ通信293号(2010年12月号)でお読み下さい。
ご購読(年間3,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 大熊一夫氏の講演を聴いて | トップページ | 労働現場と精神障害 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/51011073

この記事へのトラックバック一覧です: 病地学会に参加して思ったこと:

« 大熊一夫氏の講演を聴いて | トップページ | 労働現場と精神障害 »