« 登録していなくても、ふらりと立ち寄れる「フリースペース」の紹介 | トップページ | わかちあいの世界  ・・・NABAの呼びかけで200人の人々が集まりました »

今更ながら精神障害者共同作業所の事業継続について考えてみる

すぎなみ151 丹菊 敏貴

 今回の寄稿にあたって頂戴したテーマは、「すぎなみ151」が「自立支援法に行かないぞと頑張っていることについて」ということなのですが、実は「すぎなみ151」は「自立支援法に行かないぞ」と頑張っているつもりは決してありませんので、誤解の無いようにお願いしたいと思います。

 「すぎなみ151」は、押し寄せて来る障害者自立支援法という事業制度の大波に華麗に乗った事業所ではない事は確かです。かといって、荒波に立ち向かっている勇者の姿では全くありません。どちらかと言えば、杉並区の施策という貝殻の中で、波が凪いでゆくのを海底で様子を見守っているという図のような気がします。ヤドカリみたいなイメージでしょうか・・・

 以下全文は、おりふれ通信291号(2010年8/9月号)でお読み下さい。
ご購読(年間3,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 登録していなくても、ふらりと立ち寄れる「フリースペース」の紹介 | トップページ | わかちあいの世界  ・・・NABAの呼びかけで200人の人々が集まりました »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/49767903

この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながら精神障害者共同作業所の事業継続について考えてみる:

« 登録していなくても、ふらりと立ち寄れる「フリースペース」の紹介 | トップページ | わかちあいの世界  ・・・NABAの呼びかけで200人の人々が集まりました »