« 退院請求代理人の経験は、国連人権条約の批准の必要性を痛感させる | トップページ | 精神医療審査会は、改革の余地もない、精神病院の擁護機関である »

東京精神医療人権センター 第24回総会報告

事務局 尾藤昌子

 去る6月23日、表記総会が日本弁護士会館会議室で開かれた。飯田代表が司会を務め、自己紹介で始まった会は、こぢんまりとした集まりではあったが、初参加の方が何人かおられたことに力づけられた。永野弁護士の代表あいさつ、小林事務局長の活動報告と進んだ。
 2009年度の電話相談は、98日行い、176件の相談を受けた。病院への訪問・面会は、東京武蔵野病院と八王子恵愛病院各1回、松沢病院D44棟定期訪問13回延べ29人。国立精神・神経センター医療観察法第8病棟訪問18回延べ39人・・・

  以下全文は、おりふれ通信290号(2010年7月号)でお読み下さい。
ご購読(年間3,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 退院請求代理人の経験は、国連人権条約の批准の必要性を痛感させる | トップページ | 精神医療審査会は、改革の余地もない、精神病院の擁護機関である »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/49767713

この記事へのトラックバック一覧です: 東京精神医療人権センター 第24回総会報告:

« 退院請求代理人の経験は、国連人権条約の批准の必要性を痛感させる | トップページ | 精神医療審査会は、改革の余地もない、精神病院の擁護機関である »