« 滝山病院の死亡退院数と死亡退院率の高さについて | トップページ | アウトリーチは精神医療改革の決め手となり得るか »

地方の公立総合病院精神科から+映画紹介

石塚かおる(看護師)

みなさん こんにちは

 私は、静岡県にある小さな市の公立総合病院精神科で働く看護師です。病院は小高いところに建ち、窓からは茶畑や田んぼが見えるのどかないなかです。今の季節、茶畑の緑があざやかで、田んぼの水面は日ざしを受けてキラキラと光り、稲の苗が風にそよぎます。
 この病院は、入院病床数が250床ほどで、5病棟のうちひとつが、精神科病棟です。若い頃に勤めていたことのある、大きな公立単科の精神科病院とは違い、入院も短期で、患者さんもある時はうつ病の方が多かったり、ある時は10代から20代の方が多かったり、またある時は認知症のお年寄りで車イスが10台近く並ぶなんてことがあります。合併症のベッドもあるため、手術の方や、内科治療の方や、重症で呼吸器が準備されることもあります。また看取りの高齢者の方もいたりします。と同時に保護室で休んでいる方もいます・・・

 以下、全文は、おりふれ通信289号(2010年6月号)でお読み下さい。
ご購読(年間3,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 滝山病院の死亡退院数と死亡退院率の高さについて | トップページ | アウトリーチは精神医療改革の決め手となり得るか »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/49000733

この記事へのトラックバック一覧です: 地方の公立総合病院精神科から+映画紹介:

« 滝山病院の死亡退院数と死亡退院率の高さについて | トップページ | アウトリーチは精神医療改革の決め手となり得るか »