« 同人誌・精神医療の別冊 追悼 藤澤敏雄の歩んだ道 ―心病む人びとへの地域医療を担って | トップページ | 地方の公立総合病院精神科から+映画紹介 »

滝山病院の死亡退院数と死亡退院率の高さについて

東京地業研 飯田文子

 滝山病院の死亡退院者、死亡退院率の高さについては、常々話題にしてきたが、今回の統計でも断トツに高い死亡退院率は、変わっていない。単科精神病院での年間死亡者は、865名、死亡退院率3.3%に対して滝山病院では、年間死亡者131名、死亡退院率66.5%となっている。
 滝山病院の死亡退院率の変遷をみると私たちが統計を見始めた1986年58%、1989年にはなんと78%と50%以上の死亡退院率が1996年まで続いていた。その数値が一挙に下がったのが1997年。この年15%となり3年間は10%台であったが、2000年には再び上昇し始め2002年からは60%以上の死亡退院率が続いている。
①死亡退院率の高い病院
 2008年の統計で単科精神病院の死亡退院率が10%以上と高い10病院を見てみると、滝山病院の66.5%は、次に高い東京青梅病院の32.1%の倍以上である。10病院に共通なのは、医師、看護師、コメディカル全てのスタッフが単科精神病院の平均の数よりも少ないことだ・・・

 全文は、おりふれ通信288号(2010年5月号)でお読み下さい。
ご購読(年間3,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 同人誌・精神医療の別冊 追悼 藤澤敏雄の歩んだ道 ―心病む人びとへの地域医療を担って | トップページ | 地方の公立総合病院精神科から+映画紹介 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/49000403

この記事へのトラックバック一覧です: 滝山病院の死亡退院数と死亡退院率の高さについて:

« 同人誌・精神医療の別冊 追悼 藤澤敏雄の歩んだ道 ―心病む人びとへの地域医療を担って | トップページ | 地方の公立総合病院精神科から+映画紹介 »