« 当事者として見たカナダ | トップページ | DVと共依存(前編) »

人間として生きるためになすべきこと

本城一信

 はっきり言えることは、人間が、偏見、差別、暴力、この三大悪を克服できた時、この世界に劇的な変化が起こるだろうと言うことです。その時この社会は、誰もが理不尽な苦しみを被る恐れのない、本当の意味での安全な社会に、そして今よりもはるかに生きる喜びを感じられる人生を、人は生きられるようになるでしょう。


 全文は、おりふれ通信285号(2010年1月号)でお読み下さい。
ご購読(年間3,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 当事者として見たカナダ | トップページ | DVと共依存(前編) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/47961571

この記事へのトラックバック一覧です: 人間として生きるためになすべきこと:

« 当事者として見たカナダ | トップページ | DVと共依存(前編) »