« 橋本容子さんの裁判 「人としての尊厳を取り戻す闘い」に支援を | トップページ | 人間として生きるためになすべきこと »

当事者として見たカナダ

青梅精神障害者ピアサポートグループ「ぶ~け」 事務局長 松井道久

 2009年9月17日から、2週間、私は念願のカナダ研修旅行に行きました。
私自身にとって、50歳にして、初めての海外旅行が、オリジナル・パーソナルツアーということで、妻や主治医から反対もされましたが、カナダ人の当事者、レイモンド・チェンさんのご尽力により、周到な準備をしてくださり、無事、実現することができました。

 全文は、おりふれ通信285号(2010年1月号)でお読み下さい。
ご購読(年間3,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 橋本容子さんの裁判 「人としての尊厳を取り戻す闘い」に支援を | トップページ | 人間として生きるためになすべきこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/47961531

この記事へのトラックバック一覧です: 当事者として見たカナダ:

« 橋本容子さんの裁判 「人としての尊厳を取り戻す闘い」に支援を | トップページ | 人間として生きるためになすべきこと »